シュートレンの食べ方を知らないと恥!クリスマスに向けて要チェック

スポンサードリンク







あなたはシュートレンという食べ物を知っていますか?

名前だけは聞いたことがあるけど、どういった食べ物かは知らないという方が、多いのではないでしょうか?
実はこのシュートレンは、クリスマスに欠かすことのできない食べ物なのです。

しかし、日本ではクリスマスに必ず登場するという方は少ないかもしれません。
その為に、出先などでシュートレンが出されたとき、食べ方がわからなくて恥をかいてしまうかもしれません。

そんなことにならないために、今からシュートレンの食べ方などを、紹介していきますので、参考にしてみてください。

シュートレンとは。クリスマスの定番?


シュートレンとは何かについてお話していきます。

シュートレンとは、ドイツのお菓子です。
ドイツではクリスマスに欠かすことのできない食べ物で、ケーキのようでパンのような固い食べ物です。

中には、ブランデーに付け込まれたドライフルーツが練り込まれています。
外側には、真っ白な粉砂糖を振りかけあり、見た目はすごく、クリスマスらしくなっています。

このシュートレンはなんと数か月も日持ちするそうです。
数か月と言われると、なんか食べるのをためらってしまいそうですが、ドイツでは毎年のようにクリスマスに食べられています。

味はと言いますと、しっとりしたパウンドケーキを固くした食感で、味はとても美味しいです。

私は、どちらかと言えばパンでもフランスパンのような、噛み応えがあるものが、好きなので、このシュートレンは個人的に好きです。

これにシチューを合わせて食べると美味しいですよ。

シュートレンの正しい食べ方とは


シュートレンの見た目は、ミートローフのような形です。

あなたはミートローフを切る時、端から切っていきませんか?
私は端から切ります。
その為にシュートレンも端から切っていくものだと、思われがちなのですが、それは違うんです。

シュートレンは、真ん中から端に向かって切り分けていくのです。

なぜかというと、真ん中から切ることにより、保存するときに断面をピッタリ合わせて保存できるからなのです。
この事により、乾燥を防ぎ長期保存ができるのです。

食べ方は、切り分けたシュートレンをそのままパンのように手で持って食べます。
他にもアレンジ次第で変わった味わいで楽しめます。

シュトーレンのアレンジとは

そのアレンジ法はと言いますと、パンのように少しトースターで焼きます。

焼いたシュートレンに、はちみつ、チーズ、生クリーム、バター、ジャム、これらをお好みで乗せて食べてみてください。
また違った感覚で美味しいですよ。

他にも、シュートレンを冷やして、上にバニラアイスを乗せて食べるのも、美味しいですよ。

ドイツでは、クリスマスの4週間前から、少しずつ薄く切って食べていくそうなのですが、4週間後には、フルーツが熟成されて、これもまた違った味わいで楽しめるそうです。

この熟成された味が好きで、わざわざ4週間置いてから食べる方もおられるそうです。

我が家は人数が多いので、すぐになくなってしまいます。
その為に熟成された味を知りません。
今年は食べる前に熟成させてから食べてみようかと思っています。

シュートレンにはたくさんの食べ方がありますので、1度試してみてくださいね。

まとめ


シュートレンは少しお値段が高いので、クリスマスの時くらいしか、食べることがありませんが、クリスマス時期に、レストランでお食事をするとシュートレンが出されることがあります。

いざ目の前に出されて恥をかかないためにも、このシュートレンのお話を、しっかりと覚えておいてくださいね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク