ポポーという果物とは?なにそれ美味しいの?

スポンサードリンク






皆さんは、「ポポー」という果物を知っていますか?

とっても可愛らしい名前ですよね。

実は、今このポポーという果物が

注目され始めているらしいのです。

一体どんな果物なのでしょうか。

原産国は北米で、ポーポーとも言われます。

市場にはあまり出回らないので、

「幻のフルーツ」と言われていますが、

実は日本に入って来たのは何と明治時代。

意外と昔からあるフルーツだったんですね。

一時は庭木として育てられていたぐらい

ポピュラーなものだったのですが、

いつしか姿を消していきました。

見た目はアケビのような感じで、

ちょっと地味な見た目なのですが、

切ってみると、マンゴーの様に黄色い果物

一気にトロピカルな雰囲気に。

味はどんな感じなのでしょうか。

甘いのかな、酸っぱいのかな?

ポポーの味が気になる!どんな味なのか調べてみたよ。

切ってみると分かるのですが、

何ともトロピカルな甘い香り

濃厚な甘い香りがまた魅力的です。

香りから想像すると、甘ったるいのかなと思ってみたのですが、

甘すぎず、意外にさっぱりとした味わいでした。

果物に例えると、バナナのような、マンゴーのような感じです。

甘いフルーツが苦手な方でも食べられそうな甘さですよ。

その食感はというと、見た目や味から

マンゴーのような食感をイメージしていたのですが、

マンゴーよりもねっとりとしていて、

どちらかというと、アボカドという感じ

それでいて、シャリっとした感じもある

とっても不思議な食感!

これは、食べてみないと分からない初めての食感でした。

別名「森のカスタード」とも言われているので、

その濃厚さ、口触りなどを想像できると思います。

ちなみに、原産国のアメリカでは、

カスタードアップルとの別名があるそうです。

こちらの別名の方が味や食感の想像がしやすいかも。

注目はその栄養価。

お肌に大切なビタミンCがとっても豊富

ビタミンCは老化防止、シミ予防など

お肌の効果ばかりに目が行きがちですが、

実は、風邪予防、がん予防など病気への効果も期待されている

大事な栄養なのです。

これを聞くと、食べなくては!って思いますよね。

また、ミネラルも多く含まれているので、

バランスの良い栄養素がたくさん含まれている

果物だということが分かりますね。

絶対食べたれ!ポポーの食べ方とは?

ポポーはそのまま食べる時は、

半分に切ってスプーンですくって食べます。

もちろん、そのままでも美味しいですが、

せっかくの濃厚な香り、

これをデザートに活かさない手はありません!

・スムージー

甘さが十分なので、砂糖などを加えなくても

とっても美味しい、スムージーが出来上がります。

プレーンヨーグルトを加えると爽やかさが増して美味しいですよ。

・シャーベット

食感を活かしてシャーベットにしてみるのもおすすめです。

お風呂上がりのシャーベット。

至福のひと時になりそうです。

・プリン

森のカスタードの別名を活かして

プリンを作ってみるのもいいですね。

潰して冷やすだけで簡単にできちゃいます。

・ホットケーキ

潰したポポーの実を入れて

ホットケーキなんていかがでしょうか。

濃厚な甘い香りで、

シンプルなホットケーキがオシャレなデザートに早変わり。

・ジャム

あまり保存がきかないポポーの実ですが、

ジャムにしておけば長期保存が可能になります。

ジャムはオールマイティになんでもいけますよね。

パンはもちろん、

普通のホットケーキの上にのせて食べても美味しいし、

お湯で薄めてホットティーとしてもいけます。

バニラアイスの上にのせてオシャレなデザートを演出したり、

プレーンヨーグルトに添えてもOK。

使い勝手は一番いいかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたか?

甘くておいしく、香りも抜群。

しかも栄養価が高いと聞くと食べてみたくなりますよね。

美容と健康の見方。これは女子の見方かも!

注目の果物「ポポー」。

美肌のため、健康のため、友だちよりも早く試してみては?




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク