京都の満月ってどんな和菓子屋?阿闍梨餅以外にも美味しい和菓子があるの?

スポンサードリンク






京都の和菓子屋・満月は、

阿闍梨餅で有名な老舗和菓子店です。

1番の人気商品は阿闍梨餅ですが、

満月には、他にも美味しい和菓子が色々あります。

でも、「阿闍梨餅しか知らない」

という人も多いかもしれませんね。

そこで、京都・満月の、

阿闍梨餅以外の和菓子について紹介していきます。

 

 

京都の満月は阿闍梨餅だけではない! おすすめの和菓子とは

 

京都・満月では、すっかり阿闍梨餅が

1人勝ち状態の人気商品になってしまいました。

でも、他にも看板商品はかなりあって、

和菓子好きな人から長く愛されています。

そこで、阿闍梨餅以外の和菓子で、

おすすめのものを紹介します。

まずは、お店の名前にもなっているおまんじゅう「満月」です。

実はこのお店のかつての看板商品は、

この「満月」だったそうですよ!

店の名前になっているということから、

もしかしたらお気づきかもしれません。

白い生地の中に、

優しい味わいの白あんが入ったおまんじゅうです。

中に入っている白あんは、

最高級のあんが厳選されて使われています。

生地は西洋菓子風の味わいなので、

ちょっとモダンな和菓子ですね。

あっさりしていて、

上品で飽きのこない味が大きな魅力です。

ところがこの満月は、本店のみでしか売られておらず、

しかも土日祝日限定になります。

職人さんの手で1つ1つ丁寧に作られているので、

どうしても数が限られてしまうのですね。

京都・満月で、

もう1つおすすめしたい和菓子は、最中です。

「え、ただの最中?」と思うかもしれませんが、

満月の最中は一味違いますよ!

満月の最中は、中に入っているあんの下ごしらえに、

かなり手が込んでいます。

大粒の小豆を厳選し、それを蜜に漬け、

その後は粒を崩さないように丁寧に煮ていくそうです。

なので、満月の最中に入っているあんは、

大粒で粒揃いの粒あんということが特徴です。

粒あんの食感が好きという人にはたまらないかもしれませんね。

でも、小豆を優しく扱った丁寧な製法なので、

どうしても大量生産が難しいようです。

そのため、最中も本店でしか販売されていません。

又、賞味期限が短いので、

夏は販売を中止しているそうです。

 


 

京都満月で人気和菓子ランキングとは

では次に、京都・満月の人気和菓子を、

ランキング形式で紹介していきます。

3位・京納言(羊羹)

「京納言」と呼ばれる羊羹も、

京都・満月の名物の1つです。

羊羹と言うと、コシがあって

ねっとりした食感を連想するのではないでしょうか。

この京納言は、どちらかと言うと

ツルリとした食感が特徴です。

そのため、「水羊羹」の食感に近く、

サッパリした味わいが魅力です。

でも、蜜にどっぷり漬けた大納言小豆を使用しているので、

味はしっかり濃厚ですよ!

砂糖も、高級砂糖である和三盆を使っているので、上品な甘さです。

2位・最中

実は、京都・満月の最中は、

隠れファンがとても多いのです!

「王道の阿闍梨餅を外して、あえて最中を買う」

という人までいるくらいだそうです。

特に、粒あんの食感が大好きという人は、

満月の最中を1度食べるとやめられなくなるようですよ!

大きさが小ぶりなので、女性にはちょうど良いサイズです。

「本店でしか買えない」「販売時期が限定されている」という

特別感も人気の秘密です。

熱い緑茶にとても合うので、

和のティータイムにはピッタリのお菓子です。

1位・阿闍梨餅

京都・満月で1番の人気和菓子は、

やはり何と言っても阿闍梨餅です。

1度食べたらクセになる独自のモチモチ感は、

多くの人の心を掴んでいます。

そして、モチモチ感はもちろん、

優しく飽きのこない甘さも人気の理由です。

京都土産でそのとりこになり、

通販やデパートを探し回る人も続出します。

人気商品ではありますが、

老舗のクオリティが決して落ちることのない銘菓です。

 

 

まとめ

阿闍梨餅で有名な京都・満月には、

知る人ぞ知る美味しい和菓子が他にもあります。

そのどれもが上品な味わいを持つため、

飽きのこないものばかりです。

「阿闍梨餅しか知らない」という人も、

ぜひ他のお菓子を食べてみてください。

きっと、京都・満月の別の魅力に気づくのではないでしょうか。

中には京都本店でしか買えない、

レアな商品もあるので、京都土産にオススメです!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク