名古屋めしまずい・・・。ケンミンショーで話題の天むすはうまい?

スポンサードリンク







名古屋めしとして、名古屋名物の食べ物がたくさんありますよね。

味噌煮込みうどん、ひつまぶし、味噌カツ、手羽先、あんかけスパゲッティ、小倉トーストなど美味しいものがたくさんあります。

“天むす”名古屋めしで有名なもので、どのようなものかというと、小さなエビのてんぷらが入ったおにぎりのことです。

普通のおにぎりよりもサイズが小さいので、たくさん食べられるのと、小腹が空いたときにもちょうどいいサイズなのです。

今回は、名古屋めしはどんなメニューがあるのか、ケンミンショーで話題になった天むすの美味しいお店はどこか調べてみました。

名古屋めしってまずい?


たくさんの有名な名古屋めしがありますが、“まずい”との意見もあるようです。

その根底には、どの名古屋めしも味が濃いことからいわれるのかもしれません。

たれが濃厚でこってりだったり、甘辛で濃いのが多いですからね。

味噌味が多いのも特徴的で、名古屋めしの多くが赤みそを使っている料理が多いです。

この赤みその代表格の八丁味噌は、長期熟成したものですので、旨味成分が多いのです。

ですので、八丁味噌を使ったものは濃厚になったり、味が濃くなるようです。

まずいというより、慣れていないから味が濃く感じるのでしょう。

しかし、旨味成分が多いので、一度食べるとクセになるようで、繰り返し食べていくうちに、また食べたくなるのでしょう。

一度名古屋で食べたものが、また名古屋に来ると食べたくなるのは、そのせいかもしれません。

名古屋めしの定番料理の有名店をご紹介します。

味噌煮込みうどん

山本屋本店」「山本屋総本家」のお店が味噌煮込みうどんが有名です。

味噌の濃厚なスープとコシが強い麺とがアツアツの土鍋の中でグツグツと煮込まれているのがたまりません。

ひつまぶし

ひつまぶしは、「あつた蓬莱軒」が有名です。

ウナギ丼とは、また違っていて、ウナギを細かく刻んでいて、食べ方もあるので有名ですよね。

一杯目はそのまま頂きます。二杯目はのり、薬味などをのせて食べます。

三杯目は薬味をのせて御出汁をかけてお茶漬けにしていただきます。

味噌カツ

味噌カツは「矢場トン」が有名です。

とんかつに甘く濃厚な味噌ダレをかけたボリューム満点の味噌カツです。

小倉トースト

小倉トーストは昭和24年創業の老舗のカフェ「ボンボン」が有名です。

厚めの食パンを焼いて、その上にバターを塗って自家製のあんをのせたボンボンの小倉トースト。

一緒に出てくるコーヒーとの相性も抜群です。

ケンミンショーで話題の天むすとは


さて今回は、名古屋めしの中でもケンミンショーで注目を浴びた天むすをご紹介します。

天むすはおにぎりにエビのてんぷらが刺さっているものです。

いかにもインパクトが強く、名古屋名物と思いますよね。

しかし、発祥は名古屋ではなかったって知ってましたか?

名古屋名物として有名な天むすが、名古屋名物ではなかったって意外ですよね。

実は、天むすは三重県の津市にある「千寿」が発祥なのです。

てんぷら定食のお店でもある「千寿」が、忙しくて昼食を作る時間がなく、エビのてんぷらをおむすびに入れたまかない料理から、お店のメニューとなったということらしいのです。

「千寿」からのれん分けした「めいふつ天むす千寿」という中区にあるお店が天むす専門店として、名古屋名物として有名になったようです。

デパートでも手に入りますが、おみせによって、天むすのタイプが違うようで、ぜひ名古屋に行った際には、いろいろ食べ比べてみてくださいね。

天むすの有名店をご紹介します!

天むす千寿

小さいおにぎりの中に、エビのてんぷらが入っているタイプのものです。

地雷也

おにぎりからえびのてんぷらがはみ出しているボリューム感ある天むすです。

天むす弁当もありますので、そちらもお土産にいいですね。

多香野

こちらの天むすは、野菜のかき揚げが入ったものです。

店内では、天茶漬け定食というものがあり、天むすをいくつかたべて、残りはお茶漬けで食べられるというもの。

他のお店とは違った食べ方で、ぜひ食べてみたいものです。

天むすもいろいろなタイプがあるので、たくさん違ったものを食べるのも楽しみの一つですね。

まとめ


いかがでしたか?

名古屋には、いろいろ有名な食べ物があり、どれも味が濃く、濃厚なので、まずいとのうわさもありますが、この濃さは旨味成分のためでもあり、一度食べると病みつきなること間違いなしなのです。

天むすにも、いろいろなタイプがあるので、食べ比べしても楽しいですね。

名古屋に旅行した際には、ぜひ、たくさんの名古屋めしを堪能してみてください。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク