ドコモのdアカウントとは。メールアドレスをIDにした場合の注意点

スポンサードリンク







最近、街なかでよく見かけるようになったdポイント。

マクドナルドやローソンなどの店舗で買い物をしたときに貯まる、幅広いお店で使うことができるお得なポイントです。

そのdポイントを利用するためにはドコモのdアカウントが必要です。

さまざまなサービスを利用することができる無料の共通IDでドコモなのでドコモのスマホを使っている人でなければ使うことができないかとおもいがちですが、そんなことはないようです。

今回は、そんなdアカウントについて詳しく解説したいと思います。

ドコモのdアカウントとは?何ができるの?


dアカウントはドコモ以外の人でも利用することができるIDです。
ドコモのスマホの回線を持っていなくてもサービスを利用することができるのはお得だと思います。

dアカウントを作成するといろいろなサービスが利用できます

まずdアカウントを作成した後はdポイントカードを手に入れましょう。

そのあとにdポイントカードの登録を行い、dポイントカードをお店で提示してください。

ネットショッピングや普段買い物をしている街のショップでdポイントが使えるようになります。

dポイントが利用できるお店はどこ?


現在ではdポイントが利用できるお店や、インターネットショップも多数存在します。
例えば街のお店でdポイントを使うとします。

誰もが知っているお店を挙げるとすれば、ファーストフード店のマクドナルドやスーツを売っているAOKIやドラッグストアのマツモトキヨシなどです。

他にもやまやローソンなどコンビニから日用品まで幅広くのジャンルのお店で利用することができます。

近年、若者の利用が増えているネットサービスではよくコマーシャルでも放送されている大手フリマアプリのメルカリ、お得な情報が満載のサンプル百貨店、日用品が販売されている無印用品ネットストアなどです。

街のお店でも、ネットショップでも利用することができるのでさまざまなシチュエーションに合わせてりようすることができとても便利です。

また、dマーケットでも利用できます。

dマーケットにはdショッピング、dゲーム、dミュージック、dアニメストアなどさまざまなツールがあります。

また、貯まったdポイントをポンタ、JCB,ORICOなどのポイントに交換することができます。

dアカウントのIDをメールアドレスにした場合の注意点


多種多様な使い方ができるdアカウント、dポイントですが注意点はあるのでしょうか。

これについてはIDがドコモのメールアドレスかドコモのメールアドレス以外のものとで注意する点が変わってきます。

ドコモのメールアドレス(@dokomo.ne.jp)の場合はメールアドレスを変更するとIDも変更後のメールアドレスに変更されるそうです。

また、メールアドレスを削除した場合は、それに順じてIDも削除されるそうなので注意が必要です。

IDにドコモ以外のメールアドレスを使用している場合は、メールアドレスを変更したり、削除したら通知が届かなくなったり、手続きができなくなってしまうのでドコモのメールアドレス(@dokomo.ne.jp)を使用していない場合でも注意が必要になってきます。

対策として、メールアドレスを変更する前、削除する前に前もってIDの手続きをすればトラブルを避けることができます

また、パソコンでdアカウントのサービスを利用することもできますがサービスによってはスマートフォンでしか利用できないサービスもあるので事前に自分が使いたいサービスがスマホで利用できるのか、パソコンで利用できるのか確かめてみることも大切です。

dアカウントの発行は誰でも無料で行うことができます。

無料でdアカウントの発行をすることができる上にさまざまなサービスを利用できるとなるとぜひとも使ってみたくなりますよね。

dアカウントを新規に作成する場合は、『dアカウント新規作成ガイド』に従って作成することができるようです。
dアカウントを作成する際には忘れないようにIDとパスワードをメモしておいてもいいかと思います。

注意点に気を付けてdアカウントを取得し普段のお買い物や生活に生かしてみてください♪




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク