ブラックフライデーって何?2017年はどんなことが行われるの?

スポンサードリンク






ブラックフライデーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

もともとアメリカの風習で感謝祭翌日の金曜日のことを指します。

具体的に言えば11月の第四金曜日ですね。

2017年は11月24になります。

一言でいえば大安売りの日。

アメリカでは多くの小売店でセールが行われます。

日本ではまだあまり浸透していない行事です。

しかし、全く関係ないわけではありません。

いったいどんなことが行われて、

日本ではどのように関係しているのか見ていきたいと思います。

ブラックフライデーの本場、ハワイではこんなことが行われています

ブラックフライデーの由来の一つとして、

感謝祭の売れ残りのセール、

クリスマス商戦のセールとセールが多い。

そのため黒字が見込めることから

ブラックフライデーと言われるようになったという説があります。

まず、ブラックフライデーの本場の

アメリカのハワイに関してみていきましょう。

もともとアメリカではショッピングモールやデパートが

一番にぎわう日とも言われています。

アラモナアナセンターやロイヤルハワイアンセンターなど、

ハワイの主要なショッピングモールではセールで目玉商品がずらり。

普段よりもお得に買い物を楽しめます。

場合によっては

人気ブランドの「Coach」・「kate spade」・「フェラガモ」など

商品が50%から90%オフで販売されることも。

ちなみにハワイをはじめとしたアメリカの州において

ブラックフライデーの日の開店時間は独特。

夜中や深夜に開店するところが多いんです。

非日常さに気分が高揚してお買い物がはかどりそうですね。

こういった様子からハワイをふくめたアメリカ全土では

ブラックフライデーは重要な日として見られています。

ブラックフライデー、日本ではイオンやgapに注目

ブラックフライデーがどういう日なのかはわかってもらえたと思います。

では、日本ではどのような様子なのでしょうか。

日本でもブラックフライデーを行っているところがあります。

例として挙げれば次の店舗です。

・イオン

2016年からの参戦。半額券の配布や、ゲーム・家電の値引きを行っています。

・トイザらス

トイザらスは2014年からいち早く参入。

商品を80%offで売ったり、25円で売ったりしています。

・gap

gapは2015年からの参入。

先着100名にセーターやジーンズを100円で売ったりしています。

トイザらス、イオン、gapともに

ブラックフライデーから日曜日までの三日間において行われます。

まとめ

このほかにも大手企業を中心にブラックフライデーに参加しており、

これからも参加企業が増えていくことが期待されます。

ちょうどプレミアムフライデーも行われていますし、

そういった点でも効果が期待できそうですね。

良くも悪くもイベント好きの日本。

2017年の動向に注目です。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク