vapeリキッドって何?禁煙したい、でも吸いたいを叶える最強の電子タバコ

スポンサードリンク






タバコの健康被害については、嫌という程、

毎日のようにテレビなどのマスメディアで伝えられています。

健康被害の原因となっているのは、ニコチンとタールです。

これらの有害物質が含まれないタバコがVape、つまり水蒸気タバコです。

ニコチンもタールも含まれないですし、

煙で部屋の壁が汚れたり匂いがついたりすることもありません。

吸い込んでいるのは煙ではなく、

リキッドと呼ばれる香りのもとになる液体を熱で気化させた水蒸気です。

補充用のリキッドには種類がたくさんあります。

柑橘系の香りをメインにミントやメンソールなど

何百種類もVapeショップで販売されており、

リキッドを交換すれば、Vapeタバコ本体はそのまま使えます。

必要なのは定期的なリキッドを浸透させるフィルターの交換と、充電だけです。

父親がヘビースモーカーで、禁煙して欲しいと考えている家族の人は、

父親にVapeタバコを勧めてみようかと考えていることもあるようです。

Vapeは本当に安全なのでしょうか?

Vapeは健康に害をもたらさないのか

 

ニコチンとタールが含まれていないのが、Vapeの特長ですが、

従来のタバコに含まれている有害物質が含まれないからといって、

健康被害をもたらさないと断言することはできないことに注意する必要があります。

Vape本体のリキッドを染み込ませる部分に使われている綿や、

それに巻かれている電熱線は有害物質の発生原因とはならないのか?

また、リキッドと呼ばれる香料自体には有害物質は含まれないのか?

これらの成分分析はまだ十分に行われていないのが現状です。

Vapeタバコ自体が発売されてから日が浅いため、

健康被害は報告されていないのですが、今後の動向に注視する必要はあると言えるでしょう。

Vapeは安全だとは言い切れないので、吸い過ぎにはやはり注意すべきです。

また Vapeはその香りや風味を水蒸気を通して楽しむものなので、

肺に吸い込まないようにすべきです。

吸い込むのはあくまで口の中までにとどめるべきです。

煙をたくさん出して楽しむ!初心者でもvapeで爆煙を出す方法

Vapeタバコ本体には電圧を調整する機能が付いていることが多いです。

この電圧をうまく調整して、自分好みの水蒸気、

つまり煙を作り出すには経験が必要です。

あまり温度が高すぎても焦げ臭い風味になってしまいますし、

温度が低過ぎても風味が感じられなかったりします。

またエアダクトの調節によってどのくらいの空気を外部から取り込むのかも

Vapeの煙の立ち上りかたに影響があります。

各種調節機能がついているものは、本体価格も高額になりますが、

より深くVapeを楽しむには、上級者向けの機種を選び、

電圧や風量の調整の組み合わせかたを経験の重ねから覚えていくしかありません。

まとめ

 

Vapeタバコ専門店を街角に多く見かけるようになりましたが、

あくまでもタバコという位置づけですので、Vapeは指定喫煙所内で楽しみましょう

タールやニコチンが含まれないからタバコではないと言っても、

やはり非喫煙者から見ればタバコと同じなのです。

またVapeを吸ったから従来のタバコがやめられるとは限らないことに注意すべきです。

Vapeを吸っている時間の分だけ、従来のタバコの喫煙量が減ったが、

完全な禁煙には至らなかった例がとても多いのです。

あくまでVapeはVapeという独自のカテゴリーの嗜好品であり、

従来のタバコの代用品ではないのです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク