冬を彩るイルミネーション!2017!

スポンサードリンク






すっかり冬の風物詩となった「イルミネーション」

特に近年はLED照明技術の進歩と普及によって、

色のバリエーションが飛躍的に増えました。

『フルカラー』と言われるパフォーマンスは

『1670万色』にも及びます。

一瞬で、現実を忘れさせてくれる夢の世界が、

東京でもたくさん見られます。

大切な家族やカップルで楽しめる

おすすめのイルミネーションスポットと

その楽しみ方をお伝えして行きます。

イルミネーションに行きたい!東京でのおすすめは?

『よみうりランド ジュエルイルミネーション』

遊園地全体が、

約550万個のイルミネーションの

幻想的な光に包まれます。

世界的な照明デザイナーで

ラットアップデザインの草分け的存在である

「石井幹子」事務所の全面プロデュース。

世界初の宝石をテーマとしたLEDを使って

10か所ですべて違ったテーマに沿った

圧巻のパフォーマンスが見られます。

ジュエリーの種類は、

ダイヤモンド、

ルビー、

アンバー(琥珀)、

トパーズ、

エメラルド、

サファイア、

アメジスト

そして、ファンシーダイヤモンドカラーとしては、

ホワイトダイヤモンド、

ピンクダイヤモンド、

レッドダイヤモンド、

ブルーダイヤモンド。(豪華!!)

どれも、本物のジュエリーを買おうと思えば大変ですが、

そのジュエリーを想起させる光のパフォーマンスは

いくら見ても大丈夫。

そして、そのため息が出るような美しい輝きは、

奥さんやお嬢さん、彼女の目蓋にも

しっかり焼き付くことでしょう。

綺麗に彩られた大観覧車からは、

東京の夜景が一望できて

さらに感動を増すこと間違いありません。

是非、みんなで一緒に楽しんで下さいね。

2017年10月12(木)から2018年2月18日(日)まで

(東京都稲城市矢野口4015-1)

京王よみうりランド駅、小田急読売ランド駅から

それぞれバスが出ています。

『恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション』

毎年恒例ですが、

10ⅿの巨大クリスマスツリーと

高さ8.4ⅿ、横幅4.6ⅿの

バカラの豪華な特大シャンデリアの電飾は

必見です。

シャンデリアでは文句なしで世界一のブランド。

しかもここのシャンデリアは

形、大きさ、絢爛な装飾、

どれをとっても超一流と言えます。

ここは家族連れというより、

ほぼカップルに向けたイベントです。

あまりの煌びやかな光の数々にそのまま

『結婚してもいいかも』

なんて思ってしまうかもしれません(笑)

是非、彼女をお姫様気分にして上げて下さい。

無料というのも嬉しいです。

まだ、正式な日程は発表されていませんが、

11月の第2週辺りから始まり、1月10日前後

まで行われると思います。

(東京と渋谷区恵比寿4丁目20番)

JR恵比寿駅より徒歩5分。

綺麗なイルミネーション!東京駅でもやってる?

東京駅周辺も年末が近づくと

一気に多くの光に包まれて街全体が華やぎます。

それは、

「丸の内イルミネーション」

「東京ミチテラス2017」

「丸の内イルミネーション」では、

丸の内仲通りの約200本の街路樹が

上品な『シャンパンゴールド』に輝きます。

そして、その光は

大手町仲通りや有楽町にまで広がっています。

照明の数は約93万個。

『都市景観大賞』を受賞するなど

未来型都市として最先端を行く

丸の内エリアですが、

決してビジネスだけでなく、

近年はファッションにグルメにと

魅力あふれるスポットが

続々と増えています。

観て、食べて、買って・・・

年の瀬の思い出作りに是非お出かけください。

2017年11月9日(木)~2月18日(日)まで

17時30分から点灯開始します。

そして、もうひとつが

「東京ミチテラス2017」。

これも同じ丸の内エリアですが、

まったく主催者は違いますが、

こちらは光だけでなく花も多く使って

寒空の大都会を優しくもオシャレに

演出します。

期間が12月24日(日)~28日(木)

たった5日ですし、

ガッツりクリスマスにかぶっていますから

相当混雑はしますが、

「丸の内イルミネーション」

とともに是非楽しんできて下さい。

まとめ

LEDの誕生で、照明のバリエーションは飛躍的に増えました。

しかも、とてもナチュラルなグラデーションで

つぎつぎ色を変化させていけるのも

LEDならではの魅力です。

年々進化するイルミネーション、

今年はどんなパフォーマンスが見られるのか。

大切な人達と思う存分ホッコリして

温かい冬を楽しんで下さいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク