ケンミンショーで話題のウス茶糖とは。静岡だけ?東京で買えるところは?

スポンサードリンク






ケンミンショーの中で「連続転勤ドラマ辞令は突然に・・・」で取り上げられ一躍有名になった「ウス茶糖」

ウス茶糖とはどんなものか知っていますか?

抹茶に砂糖を加えた甘い緑茶の事で、昭和8年に静岡市の「竹茗堂」が販売した商品です。

冷たい水でさっと溶かして飲むのもおいしいですが、冷たい牛乳でとかすと抹茶オーレになりとてもおいしいものです。

今回は、ケンミンショーでも話題になったウス茶糖をご紹介します。

ウス茶糖とは。ケンミンショーで話題の静岡定番ドリンクとは

ケンミンショーで話題になっているウス茶糖とは、いったいどのようなものかご存知ですか?

「竹茗堂」が昭和8年の販売開始以来のロングセラーとなっている夏の冷たい飲み物の定番ともいえる「ウス茶糖」です。

グラニュー糖の甘さと抹茶の風味を活かし、隠し味にシナモンを使用しているようで、抹茶の香り、味の特徴を生かした夏の冷たい飲み物が「ウス茶糖」なのです。

先ほどもご紹介しましたが、冷たい水で飲むのが定番ですが、冷たい牛乳で抹茶オーレとしてでも飲むことができます。

また、溶かした「ウス茶糖」を製氷皿に入れて冷凍庫で凍らせると抹茶アイスキュービックとしてでも楽しめたり、濃く溶かした「ウス茶糖」をかき氷のシロップとして使うこともできて、抹茶のかき氷としてでも楽しむことができます。

暑い夏にはぴったりの冷たいドリンク、おやつになることができるんですね。

大人の方にも楽しむことができますよ。

水割りに溶かすと抹茶カクテルを作ることもできるんです。

抹茶の冷たいドリンクやかき氷は、熱い夏にはぴったりですからね。

さっぱりとしたのど越しで、暑さも吹き飛ぶドリンクですね。


静岡といえば、「お茶」

静岡の定番ドリンクというと、「ウス茶糖」が有名だそうです。

さすが静岡といえば、抹茶の生産量が全国第3位とあって、定番ドリンクとなると抹茶ドリンクになるわけですね。

暑い夏には、ごくごく飲めるさわやかな味わいでのど越しぴったりとなると、昔からのロングセラーになるのもよくわかります。

また、ドリンクだけでなく、おやつに使えるという所も魅力的ですよね。

抹茶と甘さがありますので、お菓子作りに最適といえ、プリン、ゼリー、シフォンケーキなどにも使えるというのがいいですね。

他にも、アイスやヨーグルトにかけて抹茶風味も楽しめますし、炭酸で割って抹茶サイダーとしてでも楽しめるのがこの「ウス茶糖」の魅力です。

女性や子供たちには大人気になるのもわかりますね。

ウス茶糖は静岡だけ?東京で買えるところは?

静岡の人気お土産に必ず上位に入る「ウス茶糖」ですが、東京でも買えるのでしょうか?

やはり本店、支店は静岡にありますが、売店で買うことができることがわかりました。

①羽田空港店

第一ターミナル2F 東京食賓館2、第二ターミナル食賓館B

②池袋西武店

東京都豊島区南池袋1-28-1

西武池袋本店B1 ギフトデリカ内

TEL: 03-5949-2159

以上東京の2店舗で「ウス茶糖」が買えることがわかりました。


他の方法としてはネット通販でも取り寄せ可能ですので、ぜひ活用してみてください。

300g袋入りで540円~送料別

スティックタイプ 17本箱入り 1080円~送料別

と通販でも取り寄せ可能になっています。

静岡に旅行された際は、人気のお土産のなかに入っていますので、ぜひ買ってみてください。

静岡といえば、うなぎパイですので、合わせて買うのも喜ばれそうですね。

東京でも買えることがわかりましたので、空港に立ち寄った際、西武池袋に行く際にはぜひ「ウス茶糖」をチェックしてみてくださいね。

いかがでしたか?

静岡の定番の夏のドリンクといえば、「ウス茶糖」で、さすがお茶の有名な静岡ならではという感じです。

さっぱりとしていて、甘味もあり子供から大人まで人気のある「ウス茶糖」

そのまま飲んでもよし、アレンジしてもよし、お菓子作りに加えてもよし、とさまざまな場面で活躍してくれるのがうれしいですよね。

ケンミンショーで取り上げられたので、一躍有名になりました。

一度ためしに買ってみてはいかがでしょうか?




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク