チタンの婚約指輪ってどうよ?値段の相場やプラチナと比較してみた

スポンサードリンク






婚約指輪

女性にとって、一生に一度は、もらいたい宝物ではないでしょうか。
婚約指輪は、高価なものですし、大切なものですので、慎重に選びたいものですよね。

婚約指輪というと、プラチナやゴールドを思い浮かべるかと思いますが、最近ではチタンの婚約指輪を購入する方も多いそうです。
ということは、指輪をチタンにするメリットがあるということですよね。

チタンの婚約指輪っていいのかな?と疑問に思ったので、今回はチタンの婚約指輪について調べてみました。

チタンの婚約指輪のメリット・デメリットについて迫ってみようと思います!

チタンの婚約指輪の値段の相場はいくらぐらい?

婚約指輪というと、お給料の3か月分とよく聞きます。
実際には、皆さんはどのくらいの値段を買っているのでしょうか?

調べてみたところ、人それぞれになりますが、平均購入価格は、30万~40万円となっているそうです。

やはり高価な品物ですので、いつまでもつけていられるものにしたいですよね。
チタンの婚約指輪の相場は、ピンからキリまでありますが、やはりプラチナより安く購入することができます。

チタンの婚約指輪をプラチナの婚約指輪と比較してみた。どっちがおすすめ?

ではチタンの婚約指輪のメリットはどんなところなのでしょう?

メリットについて

チタンの指輪は軽い

金やプラチナに比べて軽いのがメリットですね。

4分の1の軽さになります。

つけている感覚を忘れてしまうほどの軽さになりますね。

チタンの指輪は価格が安い

先ほども述べましたが、プラチナに比べて安く購入することができます。

チタンの指輪は金属アレルギーにも安心して身に着けることができる

チタンでの一番のメリットといえば、やはり金属アレルギーの方にも身に着けることができることではないでしょうか。

せっかくの婚約指輪を付けたいけど、金属アレルギーで身に着けることができないという方にもまず一安心なのが、チタンの婚約指輪です。

チタンの指輪は変色しにくい

チタンの指輪は、さびにくくて変色しにくいです。

ずっとみにつけていても変色しないので、温泉や家事などの水仕事をしていても気にならずに付けておくができます。

チタンの指輪はカラーバリエーションが豊富

意外と知られていないかもしれませんが、チタンはカラーリングが可能な素材ですので、好きな色にすることができるのです。

ブルーやグリーンといった指輪にすることができるので、個性的な指輪にすることができます。
グラデーションや、ストライプ柄など個性的でファッション性も高いので、おすすめです。

デメリットについて

チタンの指輪のメリットをご紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

チタンの指輪はサイズ直しが不可能

チタンの素材はとても硬いため、サイズ変更ができないのです。

もし指輪が抜けなくなったとしても、チタンの指輪だと切って安全に外すことが専用の器具が必要になってくるため、時間もかかります。

チタンの指輪は価値が低い

チタンは貴金属としての価値が低いので、高く購入したとしても価値があまりありません。

婚約指輪ですので、売ることはないでしょうから、あまり気にしなくてもいいデメリットかもしれませんが・・・

チタンの指輪は取り扱い店舗が少ない

プラチナに比べて、やはり取り扱い店舗が少ないのがデメリットと言えそうです。
そのため、デザインも少ないので、よほど気に入ったデザインのチタン製があればいいのですが・・・

このように、チタンのメリットとデメリットをご紹介しました。

プラチナの婚約指輪の特徴としては、変色しにくく傷がつくことも少ないので長持ちします。
また、プラチナの指輪は、サイズ直しができるので、安心して身に着けることができます。

ただ、プラチナの指輪は価格が高くなってしまいます。

このようにどちらにもメリットデメリットがあり、値段だけを考えればチタンでもよさそうです。
金属アレルギーの方は、チタンを選んだ方がよさそうですね。

まとめ


いかがでしたか?

婚約指輪は一生ものですので、選ぶのにもこだわって選びたいものですよね。

変形や変色しにくく、金属アレルギーを起こしにくい、比較的安く手に入るチタンの婚約指輪も魅力的です。

しかし、サイズ変更ができないので、体型の変化などで、指輪のサイズを変えたいのに変更できないというデメリットも考えなくてはいけません。

女性にとっては宝物ですので、メリットとデメリットをよく理解して、購入を決めてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク