茶道に必要な着物の値段って相場はいくらぐらい? 不要になったら売れる?

スポンサードリンク






茶道には、春・秋・冬の3シーズン用と夏用と、着物が最低でも2枚必要になります。

そのため、自分用の着物を一式揃えなくてはなりません。

でも、着物は決して安い買い物ではありませんよね。

そこで、茶道の着物を少しでもリーズナブルに揃えるにはどうしたら良いかをまとめました。

そして、茶道をやめてしまった後の着物の処分方法についてもお話します。

茶道の着物ってレンタルでもOK? 高い着物は買えない場合の対処法

茶道で使う着物は、自分のものでなくてもOKです。

つまり、レンタルの着物で十分ということですね。

いいえ、着物を持っていない場合は、むしろレンタルの方がオススメです。

着物を着るには、着物だけ買えばいいというわけではありません。

帯や草履・足袋も必要ですし、着付けに必要な小物類も必要です。

これをゼロから全部買い揃えるとなると、かなり膨大な金額になってしまいます!

今はネット通販などで安く買えるようにはなりましたが、

それでも決して侮れない金額です。

なので、着物を持っていない場合は、思い切ってレンタルしてしまいましょう!

茶道用の着物をレンタルする場合は、大体2~3万円くらいが相場になります。

「え、2~3万円もするの?」と思うかもしれませんが、実はかなりリーズナブルです。

というのも、着付け・帯や小物・履物類の

レンタル代・クリーニング代などが全て含まれている金額だからです。

必要なものを全て買い揃えるのは、経済的にかなり負担です。

更に、着物を汚してしまったら、

場合によっては数万円単位のクリーニング代がかかります。

それを考えると、かなりリーズナブルな金額ですよね。

なので、着物を1つも持っていない場合は、最初はレンタル着物にしてしまいましょう。

そして、慣れた頃に、お金を貯めて自分の着物を買うようにすることをオススメします。

ちなみに、どうしても着物を買いたいという場合は、洗える着物がオススメです。

洗える着物であれば、クリーニングに出さず、自宅の洗濯機で洗うことができます。

今は、洗える着物でも、品質の良いものが揃っているので、見た目ではわかりませんよ!

ちなみに、値段相場は、茶道でよく使う色無地の場合、5~6万円前後くらいです。

更に、背中に紋を入れる場合は、5~6千円くらいかかります。

でも、背中に紋を入れると、お茶会にふさわしい格に上がります。

茶道の着物って売ることもできる? 茶道をやめた時のきものの処分方法

せっかく着物を買っても、茶道をやめてしまったら不要になってしまいますね。

では、不要になった着物はどのように処分したら良いのでしょうか。

最近は、中古着物店に売るという人も増えてきました。

しかし、確かに売ることはできるのですが、なかなか納得の価格が付かないようです。

今は中古着物店も、キレイで保存状態の良い着物を販売するようになっています。

そのため、買取の査定もかなり厳しくなっているようです。

買い取ってもらえた場合、運が良ければ1枚2~3千円くらいが相場であるようです。

又、場合によっては、1,000円以下という値段になることもあります。

では、着物はなぜこんなに安く買い取られてしまうのでしょうか。

その理由は、どんなに品質の良い着物であっても、

何度着た以上は「古着」の扱いだからです。

そして更に、シミがあったり、少しでも色が劣化していたりすれば、

その分価値も下がります。

そのような事情から、お店に着物を売ると、安く買い取られてしまうことが多いのです。

着物を処分する1番良い方法は、

着物を欲しがっている人に、個人交渉で売ることです。

そうすれば、自分で納得する金額を提示することができますね。

オークションも悪くはありませんが、せっかく高いお金を出して買った着物です。

できれば1度会って話し合える関係の人に、個人的に交渉した方がいいでしょう。

まとめ

茶道の着物を持っていない場合は、基本的にはレンタルがオススメです。

着物だけでなく、帯や履物・小物類も一式ついてきますし、着付けもしてもらえます。

そして、汚してしまっても、自腹を切ってクリーニングに出す必要もありません。

なので、レンタル着物はとても便利で良心的ですよ!

又、着物を買った後に茶道をやめた場合、

着物は、それを欲しがっている知り合いに売ることがオススメです。

早まって中古店に売ってしまうと、安く買い取られてしまうので気をつけてくださいね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク