これが正解!お歳暮を贈る時期の正しいマナー

スポンサードリンク






皆さんは、
お世話になった人に感謝の意味を込めて、
お中元やお歳暮を贈りますよね。

ただ単に、
品物を選んで贈るだけではいけません。
贈る品物1つにしても、
受け取る側の好みや立場を気遣って選ばなければなりません。

お歳暮でしたら、
年越しに役立つ品物なんか喜ばれるのではないでしょうか。

その他、
ビールやジュースなどの飲料、
ご当地グルメが人気ですよね。

お歳暮は、
お中元よりも少し高い相場になります。
友人や家族・親戚に贈るのでしたら、
3,000~4,000円位が相場ですね。
目上の人やクライアントに贈るのでしたら、
4,000~6,000円位の物が良いでしょう。

またクライアントに贈る品物は、
小分けになっている焼き菓子などが喜ばれるでしょう。
贈る品物以外にも、
贈る時期についても注意したいものです。
なぜ注意しなければいけないのと思われる方もいらっしゃいますよね。

実は、関西と関東ではお歳暮を贈る時期が違うんです!
贈る時期が違うって、
ご存知でしたか?

お歳暮の正しい時期 関西編

関西では、
12月13日~12月20日頃までにお世話になった方に、
挨拶も兼ねて届けるようにするといいでしょう。

もし難しいようであれば、
この期間に届くように配送すると失礼にならないでしょう。
お歳暮の準備をするのは、
遅くとも11月下旬までにしておいた方がいいです。

お歳暮の正しい時期 関東編

関東では、
12月1日~12月20日頃までにお世話になった方に、
挨拶もかねて届けるようにするといいでしょう。

もし難しいようであれば、
この期間に届くように配送すると失礼にならないでしょう。
お歳暮の準備をするのは、
遅くとも11月中旬までにしておいた方がいいです。

まとめ

結婚や転勤で、
今まで住まわれていた場所が変ってしまう方もいるかと思います。
場所が変われば、
今まで常識だと思っていたことが違うこともありますよね。
その中でも、
お歳暮はお世話になった方に感謝を込めて贈るものですから、
失礼のないようにしたいものですよね。
また配送で済ましてしまうのではなく、
できる限り挨拶も兼ねて持参する方が快く思われます。
関東や他の地域では、
12月初旬から中旬にかけて贈られることが多いです。

関西は、
他の地域に比べ比較的遅めの傾向があります。

贈る時期はおおよそ決まっているのですが、
ここ最近では贈る時期が少し早めになってきている傾向が見受けられます。
お店で購入する際に、
一度相談してみるのもいいかもしれません。
住む地域が違えば、
贈る時期も違うということを把握して、
お世話になった方に日頃の感謝を伝えましましょう!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク