うなぎパイファクトリーで子供と一緒に楽しく工場見学!

スポンサードリンク






浜松名物としてあまりにも有名な『夜のお菓子 うなぎパイ』。

その製造の秘密が知れたり、製造工程も見れてしまう

『うなぎパイ』ファンとしては夢のような施設があります。

その名も『うなぎパイファクトリー』

ここでしか食べられないスイーツや

ここでしか買えないお土産もあります。

また、タダでもらえるお土産まであるとか・・・

「うなぎパイファクトリー」について詳しく調べてみました。

うなぎパイファクトリーの工場見学は予約が必要?見学の所要時間は?

「うなぎパイファクトリー」の場所は、

静岡県浜松市西区大久保町748-51(052-482-1765)にあります。

(『うなぎパイ』は有限会社春華堂という

70年近い歴史のある会社の商品です)

予約は必要ありません。もちろん、無料です。

9時30分~17時30分まで開いています。

(7,8月は18時まで)

ただし、ガイドさんが施設を案内してくれる

『ファクトリーツアー』と

『スマイルツアー』事前予約が必要となります。

所要時間は、

自由見学と言う形でいつでも好きなだけ見学できるのですが、

サラッとまわれば10分くらいで済んでしまいます。

でも、館内は

「製造・包装」、

「シアター」、

「歴史」、

「カフェ」、

「お土産」

の5つに分かれて

楽しめるようになっていますし、

じっくりと『ツアー』で回る方が

家族連れなら楽しめると思います。

『ファクトリーツアー』約40分かけて

コンシェルジュが仕込みから箱詰めまでを

丁寧にわかりやすく説明してくれますので

子供と一緒なら勉強にもなって良いと思います。(定員50名)

『スマイルツアー』約40分かけて

愉快なコンシェルジュが探偵に扮して、

うなぎパイファクトリーの謎を解き明かしながら、

うなぎパイができるまでを説明してくれます。

幼稚園から小学校低学年くらいまではこちらがおススメです!

(定員30名)

うなぎパイファクトリーではお土産ってもらえるの?

入館して見学の手続きをとると、

全員にもれなく『うなぎパイ ミニ』がプレゼントされます。

これは、嬉しいですね!

『うなぎパイ ミニ』は

ナッツとはちみつが入った

かわいらしいミニサイズのうなぎパイです。

そして併設してあるお土産コーナーでは、

うなぎパイファクトリー限定の

「うなくんグッズ」があります。

キーホルダーやトートバッグなど

ここでしか手に入らないレアものです。

まとめ

誰もが思う素朴な疑問。

「うなぎパイにうなぎは入っているの?」

食べたことがある人はお分かりだと思いますが、

うなぎパイを食べてもとりたててうなぎの味はしませんよね。

でも、『うなぎエキス』が入っているそうです。

おそらく・・・浜名湖のうなぎのエキス・・・と

信じましょう。

どうぞ、お子さんたちと一緒に

うなぎパイ三昧の一日を楽しんできて下さい!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク