メガスタープラネタリウムはこんなに凄い!全国の一押しのイベントを紹介

スポンサードリンク






メガスタープラネタリウムって知っていますか?

ただのプラネタリウムとは全然違います。

メガスタープラネタリウムとは、1998年に

プラネタリウムクリエーターの

大平貴之氏によってプロデュースされた、

次世代のプラネタリウムのことです。

従来のプラネタリウムは6~7等級までの恒星で

せいぜい再現できるのは6000~30000個程度でした。

しかし、メガスタープラネタリウムはなんと

100倍以上の11等級まで、150万個以上の恒星を再現できるんです。

今では新機種の登場で、2200万個もの恒星を

投影できるといわれています。

そして、世界初、天の川を一つ一つの星の集合として

再現することにも成功しました。

「プラネタリウムなんて学生の時以来、行ってないなあ」なんて

大人世代の方はぜひ行ってみることをおすすめします。

「えっプラネタリウムってこんなに凄かったの?」

と驚嘆の声を上げる、いや、

あまりの美しさに涙を流すかもしれません。

 

 

メガスタープラネタリウムを使ったイベントは東京である?

イベントはときどき開催されています。

例えば、六本木ヒルズ展望台の星空の

イルミネーションは、クリスマスから

年末年始にかけて開催され好評でした。

現在は、渋谷モディ1階ソニースクエア

渋谷プロジェクト内でメガスタープラネタリウムが

体験できるコーナーがあります。

10月末までの期間限定ですのでお早めに。

イベント会場が遠い、イベント開催まで待てない、

早く行きたい方はメガスタープラネタリウムが

常設されているところがおすすめです。

日本科学未来館東大和市立郷土博物館で体験できます。

メガスタープラネタリウムのイベントは広島方面である?

今のところ、イベントは無いようです。

メガスタープラネタリウムが

常設されているところもありません。

残念。

西日本では、兵庫県の伊丹市立こども文化科学館

常設されていますので、こちらがおすすめです。

イベントは全国で開催されていますので、

今後の開催に期待したいところです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

「宇宙ってどれくらい広いのだろう?」

「星はいくつあるのだろう?」

「宇宙旅行に行ってみたい」

子供の頃に感じた宇宙への疑問や憧れが

ふとよみがえってきました。

本物の星空に包まれる感動。

宇宙の壮大な広がりと奥行きを

体験できるひとときは、まさに至福の喜びと

言っていいかもしれません。

次の週末は決まりましたね。

「そうだ、メガスタープラネタリウム、行こう!」




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク