千葉県立現代産業科学館が今大ブーム!その理由とは?

スポンサードリンク






次の週末、どこへ行こうか?

家族そろっての行楽に食傷気味、

マンネリ化してきたなら

千葉県立現代産業科学館はどうでしょうか?

子どもから大人まで楽しく科学を

体験できるところです。

科学館と聞くと

「なんだか堅そう。」

「つまらないでしょ。」

「えっ勉強するところなの?」

という感じで大半の人はネガティブな

イメージを思い浮かべます。

理数系アレルギーのある方はすぐ「嫌だ」と

拒否反応を示すかもしれません。

しかし行ってみれば、それは先入観で

あったことを実感します。

いい意味で「期待を裏切られた」

となることは間違いありません。

人気の理由はイベントです。

週末、祝日に開催しています。

例えば「光るスライムの作り方」とか。

昨年、テレビで放映され大人気の企画だったそうです。

面白そうで大人もハマってしまいそうですね。

もちろん親子そろって参加できますよ。

もうひとつの人気の理由は体験型の実験です。

マイナス196度の液体窒素を使った冷凍実験、放電実験などです。

特に人気なのは100万ボルトの放電実験

なんと落雷の大音響をリアルに

体験できるそうで迫力満点です

大人もびっくり、小さいお子さんなら

泣いてしまうかもしれません。

千葉県立現代産業科学館にプラネタリウムがある

なんと館内のサイエンスドームでは

プラネタリウムも楽しめます。

が、8月夏休み限定の企画のため、すでに終了しています。

もう開催予定はないのか一応聞いてみましたが、

今年は終了とのことでした。残念。

参考までに今年のプラネタリウムを紹介しておきます。

世界初、皆既日食を再現、

プラネタリウムクリエーター大平貴之氏のプロデュースによる

臨場感あふれる星空の世界を体験できる

非常に魅力的な内容でした。

来年度の開催は今のところ未定ですが、

大いに期待したいところです。

千葉県立現代産業科学館の混雑具合はどう?

 

休日でもそれほど混んでいません。

家族で楽しめる隠れた穴場スポットです。

ただし、人気のイベントは定員が締切なんてことがありますので

ホームページでイベント予定をチェックしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

千葉県立現代産業科学館は大人は入場料300円

中学生以下及び65歳以上はなんと無料です。

イベントの参加も無料もしくは激安とお財布にも優しい。

これで行楽のレパートリーが一つ増えましたね。

たまにはアカデミックに千葉県立現代産業科学館に

行ってみてはいかがでしょうか?




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク