絶対行きたい!ウユニ塩湖にツアーで行くなら知っておくべきこと

スポンサードリンク






今や年間120万人以上が観光で訪れるというボリビア。

その多くの目的は「ウユニ塩湖」です。

世界一の絶景との呼び声が高い奇跡の湖に、

一度は直接出向いて、

生でその光景を目にしたいものです!!

ボリビアってどこ?

遠そうだし、やっぱり高くつくのか?

気になるツアーの相場っていくらぐらい?

現地でツアーに申し込めば激安になるらしい?!

夢のウユニ塩湖旅行を現実にするために・・・

色々と詳しく調べてみました。

ウユニ塩湖って?

簡単にウユニ塩湖についてお伝えしましょう。

ボリビアは、南アメリカの国です。

分かりやすく言えば、ブラジルの西に隣接し、

ペルーの東にある国です。

それでも国土は日本の3倍弱の大きな国。

人口は約1000万人と日本の10分の1以下です。

ここの標高3700ⅿ(富士山と同じくらい)のところに

「ウユニ塩湖」があります。

大きさは、南北に100㎞、東西に250㎞、

長野県と新潟県を合わせたくらいの

とてつもなく広大な湖です。

そして塩湖と名の付く通り、

塩のかたまりのような湖なのですが、

これはアンデス山脈が隆起した時に

海水がそのまま持ち上って、

山の上に残されたという奇跡の産物です。

一面が塩で覆われているため、

鏡のように反射して息を呑むような絶景が見られるのです。

12月から3月の雨季の頃が一番美しいと言われます。

同じ行くならば、刻一刻と変化する

朝、昼、夕方、夜の四つの表情を

是非ご覧いただきたく思います。

やっぱり高い?ウユニ塩湖ツアーの料金の相場とは?

さて、いよいよツアーの値段についてですが、

まず最初に。

ボリビアには、

今のところ日本からの直行便がありません。

大体、アメリカを経由してから

ボリビアのラパスまで行きます。

ですから、往復で約3日間はかかります。

そして、そこから陸路なら10~14時間

空路なら1時間でウユニに到着します。

これだけ遠いので、

ウユニ塩湖だけ観光するというツアーは限られています。

近くにあの天空の世界遺産、

『マチュピチュ』もありますから、

こことセットのツアーも多いです。

普通は、南米まで行く機会はあまりないので、

どうせ行くならついでにこっちも行っておきたい!

というのは分かる気がします!

そして、ネットでいくつか出来るだけ

ウユニ湖を単独で楽しめそうな(つまり安い!)

ツアーを探ってみました。

(すべて成田発です)

「8日間ウユニ塩湖、大満喫ツアー」

649,000~747,000円

「8日間ウユニ塩湖の旅」

559,000~579,800円

「ウユニ⁽2日間」とボリビアツアー7日間」

444,800~464,800円

ざっくりですが、

1週間コースで、50万円~60万円が相場と言えます。

飛行機はビジネス、

ラパスからウユニまではさすがに空路です(笑)

そして、食事も必ずしも全てはついていませんので、

これにお土産代とかもろもろプラスアルファはかかってきます

また、富士山の山頂と同じくらいの標高ですから、

それなりの防寒対策は

くれぐれも怠らないようにしなければなりません。

ウユニ塩湖ツアーを現地で申し込めば激安になる?

今度は、

少しでも安く行って帰って来れないか、

というお話です。

具体的には、

現地までの航空券や宿泊費、食費などは

全て自分で調達。

現地でツアーを申し込むというパターンです。

昨今は、

日本人観光客も急増しているため、

日本人対応してくれる

地元のツアー会社も増えつつあります。

そして、相場は何とひとり一日2,000円という

激安、格安、ビックリ安です!

アメリカ経由、ラパスまでが

最安値で往復20万円

ラパスからウユニまでのバスなら往復で4,000円

空路ならアマゾナス航空を使い、往復で30,000円

朝、夜、夕方、夜と満喫するために3日はかかりますから、

ツアーガイドに、2,000円×3日で6,000円

後は、ホテル代(帰路でアメリカ、マイアミ辺りで1泊は必要)や

食事代、その他もろもろの諸経費で10万円を見込むと、

合計で、33万6千円(ラパスからウユニまでは空路)となります。

当然、ピッタリこの額にはならないと思いますが、

成田からツアーで行くよりは、

20万から30万円は違ってきます

まとめ

海外への旅行になれているという人は、

現地でツアーを申し込むのもまた楽しいでしょうが、

旅行経験が少なくて、言葉も自信がないという人は

場所が場所だけに(高山病の危険もあり)

日本を出発してから帰りまで

安心ツアーコースがいいかもしれません。

現地でのケアも含めて、体調を万全に整えて、

奇跡の絶景ツアーを楽しんできて下さいね!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク