ルーフテントで車中泊する時に絶対に注意すべきこととは

スポンサードリンク






アウトドアは今でも幅広い年代で人気ですが、

そのアウトドアアイテムとしてじわじわ人気が出ている

『ルーフテント』をご存知でしょうか。

ルーフテントとは、自動車の屋根の上に取り付ける

折り畳み式のテントのことです。

これさえあれば、普通の自動車でも

キャンピングカーのように変身させることができます。

見た感じ、秘密基地のようでカッコいい!という意見もあれば、

本当にそんなんで大丈夫なの?

という意見も……

そこで今回は、アウトドアで使えるアイテム、

ルーフテントについてご紹介したいと思います。

ルーフテントは取り付けたままで折り畳んで移動し、

泊まるところに到着したら

組み立てて屋根の上にスペースを作ります。

種類にもよりますが、基本的に普通のテントのような

素材の布でできているので風通しはいいです。

ただし、車内と違って外気の影響をそのまま受けますので、

寝るときの体温調節には気を付けてください。

暑ければ薄着を、寒い場所では防寒着などの対策が必要です。

あと強風の日はとても危険です。

少々の雨風は問題ありませんが、

荒天の時は充分に注意してください。

あと気になるとすれば、でしょうか。

車内とちがって遮音効果は薄いですから、

騒音のある場所だと音が気になって眠れない……

なんて方もいるようです。

充分に気を付けていれば

ご自宅の愛車をキャンピングカーにして、

アウトドアが楽しめますよ!

ルーフテントで車中泊するならテントの取り付けには気を付けろ

キャンピングカーよりお手軽に

車中泊ができるようになる、ルーフテント。

実際に取り付けるとなったら、

色々注意するポイントがあります。

まずは屋根にテントを取り付けるために必要な、ルーフキャリア

アウトドア好きな方は、

すでに車に付いているよ!という方もいるかもしれません。

ただ、やはりこれは重量制限があります。

ルーフテントは重量がありますので、

ルーフキャリアが耐えられる重量かどうかの確認が必要です。

あと、ルーフテントのメーカーによっては

工具が色々必要な場合もありますので、

事前の確認をおすすめします。

しっかり取り付けないと、

屋根の上で高さもありますから心配ですよね。

もし自分で取り付けるのは苦手だな~という方には、

メーカーさんで別途料金はかかっても

取り付けてくれるというところもありますので、

そういうところを利用されるのをおすすめします。

ルーフテントは中古で安く買えるらしい

アウトドア好きの方にはおすすめのルーフテントですが、

やっぱり気になるのは価格ですよね。

色々なメーカーを調べてみましたが、

やはり約20万~40万円くらいの価格のものが多いようです。

キャンピングカーを購入するよりは安くても、

普通のテントよりはよっぽど高い……手が出ない……

なんて思う方もいると思います。

そこでオススメなのが、中古販売

新品を買うのと比べれば、

破格の値段でルーフテントが手に入ります!

ネットオークションやフリマアプリなどを見てみると、

安いものだと半額以下になっていたり、

中には10万円を切るものも。

雨風にさらされることもあるアウトドア用品なので

新品同様とはいきませんが、

毎日使用するアイテムではないので

普通に使う分には問題なさそうなものがほとんど。

特に中古が気にならないのでしたら、

購入の際はネットオークションやフリマアプリなどを

チェックしてみるのもおすすめです!

ただし、お手頃な価格のものはすぐに売れてしまうので、

こまめなチェックが必要です

まとめ

ルーフテントにつて、ご紹介させていただきました。

ご自分の愛車に秘密基地のようなテントが付けられる、

ルーフテント。

ご家族連れでも友達同士でも、

アウトドアを楽しむアイテムとしておすすめです。

普通のテントや、ただの車中泊に飽きてきた方は、

ルーフテントの購入を考えてみてはいかかがでしょうか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク