いちご狩り関東2018おすすめ穴場スポット。電車で気軽に行けるいちご狩りスポットは?

スポンサードリンク






春は、家族みんなでいちご狩りを楽しんでみませんか?

今、関東近郊にも、気軽に行ける

いちご狩りスポットが増えてきています。

そこで、電車で行くことができる、

関東のいちご狩り穴場スポットを紹介します。

そして、いちご狩りにベストだと

言われる時期についても触れていきたいと思います。

2018年関東でいちご狩りに行くのにベストな時期は?

いちご狩りは、ベストな時期に行かないと、

おいしいいちごを食べることができません。

時期を外すと、いちごが十分に熟していないからです。

これではせっかくいちご狩りに行っても、

無駄足になってしまいますよね。

では、関東の場合、いつ頃がいちご狩りの

ベストシーズンなのでしょうか。

関東の場合、いちご狩りは2~3月上旬

くらいまでがベストだと言われています。

いちごの旬の時期は、4~5月くらい

というイメージがありますよね。

でもこれは、「旬のいちごが店頭に並ぶ時期」なのです。

いちごが1番甘くおいしい時期というのは、

実は冬の終わりから春の初めです。

特に、いちごは、冬の寒さが厳しい時期に、

ぐっと甘みを増すと言われています。

なので、2月の真冬の時期などは、

正においしいいちごの時期だと言えますね。

又、3月も後半に入ると、春休みシーズンに突入します。

そうなると、いちご農園も、一気に混み始めてきますよね。

それらのこと考えると、2月~3月初め

いちご狩りに行くのがベストだと言えます。

この時期なら、混雑を気にせず、

甘くておいしいいちごをたくさん食べられますよ!

但しこの時期は、いちご狩りの料金が

高くなってしまうケースがほとんどです。

2~3月初めはまだ旬の時期になっていないので、

いちごの実が少ないのです。

しかも、数少ないいちごの実が甘くて

おいしいので、1粒当たりの質が高いですよね。

そのような事情から、4~5月の旬の時期よりも、

料金が高くなってしまうのです。

それでも2~3月初めがオススメなのは、

確実においしいいちごを食べられるからです。

そして、混雑のストレスを感じずに、

いちご狩りを楽しめるからです。

いちご狩り関東の穴場スポットはここ!

次に、電車で気軽に行ける、関東の

いちご狩り穴場スポットを紹介します。

最初にオススメするのは、埼玉県越谷市の

「いちご工房木村屋」です。

(http://ichigo-kobo.com/kimuraya/)

いちご工房木村屋は、とにかくアクセスが

便利だということが魅力のいちご農園です。

東京スカイツリーライン・大袋駅から、

徒歩10分で到着してしまいます。

通常は最寄駅からバスに乗らなくてはならない

ケースが多いので、これは嬉しいですね。

いちご狩りの料金は、小学生以上1,800円

小学生未満1,200円になります。

次にオススメするのは、東京都多摩市の「新倉農園」です。

(http://www.niikuranoen.com/)

京王線・多摩センター駅、聖蹟桜ヶ丘駅から

バスで10分の場所にあります。

いちご狩りの料金は、入園料無料で、

いちご100gで300円の量り売り制です。

味にこだわった質の高いいちご

提供しているという点が、新倉農園の特徴です。

そのため、あえて食べ放題という形を

取らないようにしているのだそうです。

最後にオススメするのは、埼玉県富士見市の

「ふじみストロベリー」です。

(http://www.geocities.jp/fujimi_strawberry/index.html)

ふじみストロベリーは、東武東上線・ふじみ野駅から

徒歩15分の場所にあります。

池袋から行くと、電車で30分弱なので、

思った以上に近いですよね。

ビニールハウスの中はバリアフリーになので、

ベビーカーも入ることができます。

なので、赤ちゃんを連れていくこともできるのが嬉しいですよね!

いちご狩りの料金は、小学生以上2,200円小学生未満が1,600円です。

少し料金が高めですが、ハウス内が広く、いちごも取りやすい高さで栽培されています

まとめ

関東でいちご狩りをする場合は、

2~3月の前半がベストだと言われています。

旬である4~5月も良いですが、

2~3月前半のいちごの方が甘くておいしいですよ

又、2~3月前半は、混雑しないので、

ストレスなくいちご狩りを楽しめます。

いちご狩りと言うと、遠出のイメージですが、

関東にもいちご農園がたくさんあります。

東京から1時間前後で行ける場所も多いので、

ぜひ家族で行ってみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク