北海道のスキー場の12月の積雪情報!スキーに行く前に知らないと損

スポンサードリンク







今年も寒い冬がやってきます。今年もスキーに行こうと計画をかけている方が、多いかと思います。

北海道の冬はいつでも雪!なんて勝手に思い込んでいたら、北海道に到着して、「あれ?積もってない!」なんてことになるかもしれません。

せっかくスキーへ行くのであれば、ちゃんと積雪情報は確認してから行きましょう。

ここでは、北海道の積雪についての情報を載せていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

北海道のスキー場の12月の積雪情報


北海道では、毎年11月上旬に雪が降りだします
そして、12月頃、本格的に降りだし、積もり始めます。
日中の気温も氷点下の真冬日になります。

12月に氷点下になると言っても、北海道は本当に広いです。
北の方は十分に雪があっても、本州に近い南の方は、まだ雪がなかったりします。

その中、北海道のスキー場は早い地域で11月23日オープンとなります。
遅い所で12月1日あたりからなので、12月は十分に雪がありますね。

北海道のスキー場で知らないと損なこと

同じ北海道でも雪質が違います。

北海道でスキーをするんだったら、やっぱりいいスキー場で、楽しくスキーを楽しみたいですよね。
雪質の違いを知ってスキーをするのにベストなスキー場を知っておくことで、快適なスキーを楽しめるますよ。

というわけで、人気のスキー場の上位3位を紹介しますね。

1位 ニセコグランヒラフ

日本を代表するスキー場です。
雪質、ゲレンデの質、アフター全てが高評価です。

ニセコの雪はパウダー状なので、本当にきれいです。
都心で見る雪は雪じゃなかったと思うくらいに美しい雪景色に感動するはずです。

スキーのシーズンになると、外国まで来てしまったのではないかと、思うくらいに観光客で賑わいます。

温泉やレストラン、コンドミニアムなどがたくさんあり、長期で行く予定の方は、ニセコが本当におススメです。

楽しめること間違いなしです!

2位 ルスツリゾート

高い雪質で、コースのバリエーションが豊富です。

スキー初心者から、上級者までとても楽しめるスキー場となっています。

3位 富良野

北海道の中で最高品質の雪質と言われています。
そして、適度な斜度のロングコースなどゲレンデの質も高評価です。

この3つのスキー場は、また行きたいとリピーターが多く、とても楽しめます。

北海道のスキー場はレンタルが豊富!

他にも、北海道でスキーをするときに知っておきたいことの1つにレンタルを利用すると便利ということがあげられます。

スキーと言えばスキー用品と旅行セットで大荷物になりますが、北海道のスキー場はレンタルの種類が豊富なので、手ぶらでゲレンデに行けるんです。

初めてのスキーだと、道具を揃えないといけないということで、行ってみたいけど次行かなかったらどうしようと思う方もいるかと思います。
そんな時にも、手ぶらで行けるのは、本当にいいと思います。

私自身、スキーは過去に1度きりで行きたいのですが、子連れでは、なかなか行きにくいと思っていました。
しかし、子供用のレンタルもありますし、小物も十分に揃うため、どんな方でも十分に楽しむことができます。
今年はスキー旅行に行ってみようかと思っています。

スキーを楽しんだら温泉も楽しめる!

スキーを楽しんだら、温かい温泉で冷えた体を温めたいですね。

温泉は、保湿効果の高いお湯で神経痛、筋肉痛に効果がありますので、スキーの後には最高ですね。

北海道のスキー場には、本当に楽しいスポットがたくさんです。

北海道は食べ物の美味しいですし、ここで伝えたオススメな場所で、損のないスキーを楽しんでください。

まとめ


スキーと言えば長野などその辺りとばかり考えていましたが、やっぱり雪の本場は北海道ですね。

雪質もとても良いですし、楽しめるスポットもたくさんあります。
子供連れの方も気軽に楽しめるのが、北海道のスキー場かと思います。

もうすぐスキーのシーズン到来です。
今のうちに計画を立ててみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク