日々あんてなのライター募集中!

日々あんてなに記事を投稿してライターとして働きませんか?

日々あんてなは皆さんで記事を投稿して運営しているメディアサイトです。

下記のような記事を作成&投稿して頂けるライター様を募集しております。

ここでは弊社のWEBライター様に寄稿して頂きたいサンプル記事を提示します!

サンプル記事はこちら↓

将棋ウォーズは戦法がマジで大事!これだけ知っておけば負けない戦法とは。

将棋ウォーズにはまっている高校生にとっては、

課金制限の問題を考える必要があります。

16歳以上20歳未満:1ヶ月につき20,000円(税抜)まで購入可能

16歳未満:1ヶ月につき5,000円(税抜)まで購入可能。

つまり高校が課金できる金額は

ひと月に5,000円から20,000円までに制限されているのです。

棋神アイテムを購入して勝つことを目指すより、

まず基本的な戦法をマスターすることが、

負けない将棋を指す上で大切です。

将棋ウォーズで覚えておくべき戦法一覧。とりあえずこれだけは知っておけ!

 

将棋ウォーズでは、まず序盤の戦い方で

勝敗が決まると言っても過言ではありません。

序盤における全部の戦法を知ったから勝てる

というものでもないのです。

最低限の戦法でも上手く使いこなせれば勝てるものです。

逆にたくさん知っていても実戦で使えなければ負けてしまいます。

覚えておくべき戦法は、まず『ゴキゲン中飛車』です。

これは基本的に後手番の戦法ですが、

最近では先手で用いて勝つケースも多くなっています。

いわゆる振り飛車戦法のうち中飛車に分類されます。

次は『石田流』です。

江戸時代からある戦法で、

飛車や角という大駒のダイナミックな動きに、

細かい動きをミックスした戦法です。

以上二つの戦法をマスターしたら、

次に『先手中飛車』を知っておくと良いです。

なぜなら先手中飛車は

最も自分が望む得意な形勢に誘導しやすい戦法だからです。

そして、序盤の戦法の決め手が『角交換四間飛車』です。

角という駒は自分の正面に対する利きがありません。

桂馬も同じです。

これは弱点でもありますが、

そこを狙われることも無いのです。

先手、後手どちらでも用いることができるのが特長です。

将棋ウォーズの戦法の条件とは。これを知っているかが勝敗をわける・・・・!

将棋の戦法を二つに分けると、

居飛車(飛車を右側にキープ)か

振り飛車系(飛車を左側にキープ)に分類されますが、

振り飛車系の5つの戦法を知っているか否かが

勝敗の分かれ道になるケースが多いです。

対局相手も居飛車だった場合、

相居飛車となりますが、その際の戦法も知っておきましょう。

五大戦法として

『矢倉』『角換わり』『一手損角換わり』

『相掛かり』『横歩取り』は必修戦法です。

『矢倉』は上からの攻めに強く、

横からの攻めには弱いという性質があります。

『角換わり』はお互いが角を持ち続ける戦法なので、

布陣を低く構える必要があります。

『一手損角換わり』は、一手損をしておいて、

桂馬を跳ね上がらせる余地をつくる戦法です。

『相掛かり』は相居飛車戦法のうちの1つで、

序盤で歩を交換して指す戦法です。

将棋の格言に「飛車先の歩交換3つの得あり」というものがありますが、

この格言通り非常にアクティブな戦法です。

『横歩取り』は相手とのマッチングが無しには成立しない戦法です。

横歩取りで攻めようとしても、相手次第では

他の戦法を使うことを余儀なくされるという短所があります。

まとめ

将棋ウォーズは無料で使える将棋アプリです。

課金することで、有利に勝負を進めることも可能です。

しかし、課金には限度額もあります。

まずは、基本的な戦法だけを覚えて、

それを活用する方法を考えましょう。

戦法を覚えるのにはお金はかかりません。

ある程度のレベルになったら、

課金をして棋神解析などのアイテムを使用し、

自分の将棋の分析にAIを活用すれば、

さらに強くなれること必至です。

ライター募集中!

 

ライター募集!在宅で好きな時間に仕事ができるので主婦やフリーター歓迎

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

日々あんてなでは、ライターを随時募集中です。

当ブログまたは弊社運営サイトに記事を書いていただけるライターの方を常に募集しております。

弊社オフィスに出勤する必要はなく、完全在宅にてお好きな時間にお仕事をしていただくことが可能です!

日々あんてなでは、遠方のフリーランサー、子育て世代のスタッフが活躍中!

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

ライター未経験でもOK!

職歴や経験を活かしてWebライターとして高収入を稼ぐことも可能です。

スキルに応じて、1記事約300円から5,000円以上も。

当ブログ(日々あんてな)に投稿するための記事作成の他、弊社の別運営サイト用の記事の作成のお仕事です。

すべて自社案件のため、余分な業務も発生せず、記事作成に専念して頂けます。

専門性の高い記事を作成できるのであれば、専門ライターとしても独立も可能です!

日々あんてなのWebライターが長く続く4つのメリット

ライター未経験から、在籍1年で月10万以上稼ぐ方も。

簡単な記事から専門知識が必要な記事まで、多種多様なジャンルの案件がございます。そのため、ライター未経験から徐々に経験を積むことが可能。
在宅のみで月に10万円以上稼ぐ専業主婦の方もたくさんいらっしゃいます。

自社案件だから案件の確定から納品までが簡単!記事作成のみに専念できます。

クラウドソーシングサービスでお仕事を行う場合、案件検索や修正ルールの把握など、記事作成以外の業務が多くて案件数がこなせないのが難点。
SYNCの記事作成は自社案件のため、メールで直接来る内容に答えるだけの簡単受注。
修正ルールも一律で、修正率は1%以下だから、記事作成に集中でき収入UPを実現できます。

25日締め当月末払いで最低支払金額なし!

20日までに納品完了した案件は、当月末締めでお支払い。しかも、最低支払金額が無いので、仕事を始めればすぐに収入になります!

業界の資格や経験が活かせるライター方なら、専門性の高い高単価案件で独立も可能。

Webマーケティングにおいて、コンテンツ記事はますます重要視されてきています。 様々な業種において、専門性の高い記事が求められているため、資格や業務経験がある方であれば、高単価のお仕事を継続的にすることが可能です。

 

在籍Webライターの報酬の例

報酬などの条件は個別にご相談いただく必要がありますが、弊社でライターとして働いてい頂いている方の平均的な実績は下表となっております。

平均作業時間 1日1-2時間程度、週に2,3回程度
平均月収 数万円~
平均時給 個人の作業効率によります

 

依頼から納品までの流れ

1.案件依頼メールに対して返信

登録完了後、随時、案件メールが届きますので、納期日と数量等を返信ください。

2.正式発注

案件調整後、ご依頼数量と納期日の確定をさせていただきます。

3.納品・検品

メールにて納品後、こちらでコピーや盗作チェック等を行い、必要があれば修正依頼をいたします。(修正依頼は1%以下)

4.20日締め当月末払い

最低支払金額等はございません。20日までに検品を確認した案件は当月末にご指定の口座にお振込みします。

ご依頼案件の例

  • 地元のイベントや観光名所に関するWebメディアの記事|1記事x5セット | 1記事 300円(1,500文字x0.2円)
  • 薬剤師の求人に関するWebメディア記事(要資格)| 1記事×5セット | 1記事 3000円(2000文字×2円)
  • 通販に関するブログ記事| 5記事×10セット 1記事 300円(700文字×0.43円)
  • 脱毛サロンに関するWebメディア記事| 1記事×5セット 1記事 6000円(4000文字×1.5円)
  • サプリメントに関するブログ記事| 3記事×50セット 1記事 1000円(2000文字×0.5円)

 

日々あんてなライター募集

弊社のライターとして働くことに興味があるという方は、下記フォームよりお問い合わせください。

弊社で確認後、ご連絡を差し上げます。

下記登録フォームから応募して頂いた方は、弊社のWebライターとして、日々あんてなの他、弊社運営サイトに記事を作成していただきます。

弊社ではWebライター様の記事によって、メディアサイトを運営し収益化しております。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする