じわじわ人気沸騰中のスパルタンレース!大会情報やおすすめグッズを調べてみた

スポンサードリンク






世界一過酷なレースとも呼ばれるスパルタンレース

近年注目度も上がり、日本人の参加者数もぐんぐん増えてきています。

スパルタンの由来は「スパルタ」、つまり厳しい軍事教育を意味しています。

つまり、恐ろしく険しいコースをくぐりぬけていく競技なんです。

スパルタンレースは大がかりな障害物競走だと考えるといいでしょう。

今回はそんなスパルタンレースに参加しようと思っているあなたに、

開催情報やおすすめグッズをご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

スパルタンレースが今年もハワイで開かれる!開催情報をまとめてみた

スパルタンレースは主に

アメリカオーストラリアで開催されることが多いのですが、

日本人におなじみのハワイでも開催されています。

ハワイのスパルタンレースの開催場所は、二か所あります。

<アロハ・スタジアム>

5万人収容できるという、巨大スタジアムです。

レース自体は、スタンドと外周の約5㎞となっています。

スパルタンレース初心者の方でも、比較的楽しめるコースだと思いますよ。

大音響システムと、

フットボールやコンサート会場に変身できる可動式スタンドが魅力。

毎週水、土、日曜に駐車場で行われる大規模なスワップミートは、

お土産を安くゲットできる人気の場所です。

ワイキキ中心部からハイウェイ(H1)に乗り、車で約30分進みます。

13Bの出口で降りたら、道なりのサインに沿ってスタジアムを回ってください。

すぐに入口があるので、分かりやすいと思います。

<クロア・ランチ>

東京ドーム約450個分の広さ、渓谷やビーチもある大自然!

有名な映画、『ジュラシック・パーク』『GODZILLA』『パール・ハーバー』『LOST』

など、他にも数多くの撮影地として知られています。

大迫力の自然の中、サバイバルゲーム感覚で楽しむことができます。

コース自体はかなりハードなので、覚悟して挑戦するほうがいいですね。

レースにはレベルがあり、一番下が5㎞で15個の障害物をクリアするもの、

一番きついのが、20㎞で25の障害物をクリアするものがあります。

また、どのような障害物が設置されているかは、当日のお楽しみだとか。

これも、参加者のドキドキ感をあおってきますよね。

レースには本気レベルの人からお祭り感覚の人まで、

幅広いスタイルの人が参加します。

どろどろになるなどかなり汚れますが、

簡易シャワーなども設置されているので思い切り楽しんでください。

クアロア・ランチはオアフ島北東部です。

カアアワ(Kaaawa)というエリアで、

ワイキキからは車で約50分、

アラモアナ・センターからザ・バスを利用した場合は約90分かかります。

スパルタンレースをするならコレ!おすすめの靴を紹介!

どんな競技をするにも、足元はとても重要です。

しっかりと体を支え、安全に競技を成し遂げるための靴選びは重要です。

スパルタンレースは障害物競争になりますので、

走りやすさだけでは不十分なんです。

急な坂道に対応できるグリップ、泥水に対応できる防・撥水機能

を兼ね備えているシューズを選ぶ必要があります。

そこでおすすめしたいのはReebokのシューズです。

シューズだけではなく、

スパルタンレースに特化したウェアや装備などを多く手掛けています。

とくにReebokのシューズは軽量で通気性もあり、

耐久性に優れたアッパーと弾力性と強靭さを合わせ持っています。

スパルタンレースに欠かせない要素がギュッと詰まったシューズですので、

ぜひ参加する際には検討してみてください。

Reebok自身が開催するスパルタンレースもあるぐらいですので、

それだけ企業がこの競技に力を入れているかが分かりますよね。

まとめ

今回はスパルタンレースに関するお話でしたが、

参考になりましたか?

参加するなら、しっかりと事前準備をするようにしましょう。

危険が伴う競技でもありますので、

服装や靴、装備を充実させ、安全には十分気を付けて参加しましょう。

厳しいレースほど、達成感を得た時の喜びは大きいと思います。

思い切り楽しんでくださいね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク