日々あんてなのライター募集中!

日々あんてなに記事を投稿してライターとして働きませんか?

日々あんてなは皆さんで記事を投稿して運営しているメディアサイトです。

下記のような記事を作成&投稿して頂けるライター様を募集しております。

ここでは弊社のWEBライター様に寄稿して頂きたいサンプル記事を提示します!

サンプル記事はこちら↓

状況が厳しいといわれるポスドク。結婚に関してはどうなっているの?

人知れず学問を積み、研究を重ね、博士号を取得。

でもなかなかこれといったポストが見つからず時が過ぎてしまう、という大きな悩みを抱えている人が少なくないポスドク・・・

しかも人生の一、二を争う大きなターンニングポイントの結婚は、どのタイミングですればいいのでしょうか?

先の見えない2人に当然親たちは反対することでしょう。

どの様にすれば周囲の賛同が得られるのか?

結婚のジャストタイミングと周りにも祝福されて話を進めて行ける方法について分かり易くお伝えして行きます。

ポスドクに伝えたい、結婚するならばこのタイミングが最適

いきなり結論ですが最適な結婚のタイミングは、

博士号が取得できて、

任期に縛られないポストが約束されて、

自他ともに納得できる収入が保証されていること

です!

これが、一番の理想形で、後はこれにどれだけ現実を近づけられるか、そして大切な周囲の人達が納得してくれるのかによります。

いくら結婚したい!と自分たちが言っても、

非常勤講師とアルバイトを掛け持ち、とか

保険など福利厚生はナシ、

いつ収入が上がるかもわからない・・・では周りも不安で仕方ありませんよね。

そこに子供は欲しいのか?将来親の面倒を見る立場なのか?そして、現在が20代なのかはたまた40代なのか?・・・といった要素は出てきます。

年収300万円で大丈夫!!という家もあれば、

年収500万円でも少ない!!と言われてしまう家もあるでしょう。

せめて、専任講師になって欲しい・・・とか。

とにかく、「博士号が取得できて、

     任期に縛られないポストが約束されて

     自他ともに納得できる収入が保証されていること

この3要素がそろった時が結婚の目安です。

(もちろん、貯金がいくらあるか?今の家を引っ越す必要があるのか?といった点も二次的、三次的に考えなければいけない要素になります。これらによっては半年先、とか1年先・・・という風に時期を延期することにはなるでしょう

ポスドクの人との結婚、親に反対されたらどう切り抜けるべき?

反対する親を説得するのも、上に書きました3要素を柱にてあとはその家に合った条件を二人で提示できるかにかかってきます。

つまり、少子化でいつ潰れるかわからない名の通っていないマイナーな大学で成れるかも分からない教授を目指すより、

民間企業に就職して欲しい!と言われるかもしれませんし、

先の見通しが立たないなら3年以内に家業を継いでくれ!

と言われるかもしれません。

または、早く孫の顔が見たい!とか

私(彼女の父)が退職する2年後までに結婚してくれ!

との言い分も考えられます。

これらの波状攻撃に、「○○までに、〇〇のポストにつき、○○○万円の収入を得られますので、○○年までには結婚させて下さい!!」と断言できるかがポイント。

もし無理なら、彼女が、

私が働きます!とか

子供は作りません、とか

彼一人の条件で勝負するのではなく、

彼女の持ち合わせている強みや条件と抱き合わせにして納得を得るかです。

そして、もうひとつは「強い味方を作る」ことです。

お世話のなっている立場のある大学教授とか

小さい時からお世話になってきた身内でもそこそこ力があるご意見番的なオバ様とかオジ様。

こういった人達に泣きついて一緒に説得してもらうのです!!

あとは、回数を重ねて何度でも「好きなんです!幸せにします!結婚させて下さい!」と頭を下げ続けることです。

親だって人の子ですから、最後は・・・と折れてくれるかもしれません。

ココは、各自の努力と情熱と作戦にかかっています。

ライター募集中!

 

ライター募集!在宅で好きな時間に仕事ができるので主婦やフリーター歓迎

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

日々あんてなでは、ライターを随時募集中です。

当ブログまたは弊社運営サイトに記事を書いていただけるライターの方を常に募集しております。

弊社オフィスに出勤する必要はなく、完全在宅にてお好きな時間にお仕事をしていただくことが可能です!

日々あんてなでは、遠方のフリーランサー、子育て世代のスタッフが活躍中!

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

ライター未経験でもOK!

職歴や経験を活かしてWebライターとして高収入を稼ぐことも可能です。

スキルに応じて、1記事約300円から5,000円以上も。

当ブログ(日々あんてな)に投稿するための記事作成の他、弊社の別運営サイト用の記事の作成のお仕事です。

すべて自社案件のため、余分な業務も発生せず、記事作成に専念して頂けます。

専門性の高い記事を作成できるのであれば、専門ライターとしても独立も可能です!

日々あんてなのWebライターが長く続く4つのメリット

ライター未経験から、在籍1年で月10万以上稼ぐ方も。

簡単な記事から専門知識が必要な記事まで、多種多様なジャンルの案件がございます。そのため、ライター未経験から徐々に経験を積むことが可能。
在宅のみで月に10万円以上稼ぐ専業主婦の方もたくさんいらっしゃいます。

自社案件だから案件の確定から納品までが簡単!記事作成のみに専念できます。

クラウドソーシングサービスでお仕事を行う場合、案件検索や修正ルールの把握など、記事作成以外の業務が多くて案件数がこなせないのが難点。
SYNCの記事作成は自社案件のため、メールで直接来る内容に答えるだけの簡単受注。
修正ルールも一律で、修正率は1%以下だから、記事作成に集中でき収入UPを実現できます。

25日締め当月末払いで最低支払金額なし!

20日までに納品完了した案件は、当月末締めでお支払い。しかも、最低支払金額が無いので、仕事を始めればすぐに収入になります!

業界の資格や経験が活かせるライター方なら、専門性の高い高単価案件で独立も可能。

Webマーケティングにおいて、コンテンツ記事はますます重要視されてきています。 様々な業種において、専門性の高い記事が求められているため、資格や業務経験がある方であれば、高単価のお仕事を継続的にすることが可能です。

 

在籍Webライターの報酬の例

報酬などの条件は個別にご相談いただく必要がありますが、弊社でライターとして働いてい頂いている方の平均的な実績は下表となっております。

平均作業時間 1日1-2時間程度、週に2,3回程度
平均月収 数万円~
平均時給 個人の作業効率によります

 

依頼から納品までの流れ

1.案件依頼メールに対して返信

登録完了後、随時、案件メールが届きますので、納期日と数量等を返信ください。

2.正式発注

案件調整後、ご依頼数量と納期日の確定をさせていただきます。

3.納品・検品

メールにて納品後、こちらでコピーや盗作チェック等を行い、必要があれば修正依頼をいたします。(修正依頼は1%以下)

4.20日締め当月末払い

最低支払金額等はございません。20日までに検品を確認した案件は当月末にご指定の口座にお振込みします。

ご依頼案件の例

  • 地元のイベントや観光名所に関するWebメディアの記事|1記事x5セット | 1記事 300円(1,500文字x0.2円)
  • 薬剤師の求人に関するWebメディア記事(要資格)| 1記事×5セット | 1記事 3000円(2000文字×2円)
  • 通販に関するブログ記事| 5記事×10セット 1記事 300円(700文字×0.43円)
  • 脱毛サロンに関するWebメディア記事| 1記事×5セット 1記事 6000円(4000文字×1.5円)
  • サプリメントに関するブログ記事| 3記事×50セット 1記事 1000円(2000文字×0.5円)

 

日々あんてなライター募集

弊社のライターとして働くことに興味があるという方は、下記フォームよりお問い合わせください。

弊社で確認後、ご連絡を差し上げます。

下記登録フォームから応募して頂いた方は、弊社のWebライターとして、日々あんてなの他、弊社運営サイトに記事を作成していただきます。

弊社ではWebライター様の記事によって、メディアサイトを運営し収益化しております。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする