孫ターンにはこんなメリットがある!あなたも検討してみたら?

スポンサードリンク






毎日毎日満員電車に揺られる日々。

「通勤が苦痛だ。もう嫌だ!」

「ああ、いつか田舎で暮らしたい」

そう一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

実は今、働く世代に地方移住を検討する人が増えています。

地方移住のパターンはいくつかあります。

故郷に戻るのが「Uターン」、故郷以外の地へ移るのが「Iターン」

故郷にほど近い地方都市への移住が「Jターン」といわれています。

今、最も熱いのが新しい地方移住の形、「孫ターン」です。

孫ターンとは若い世代が祖父母の住む地方に移住することです。

特に30~40代の子育て世代に人気です。

縁もゆかりもない見知らぬ土地に移住となれば、住むところ、

働くところなど不安だらけです。移住への第一歩が

なかなか踏み出せず、ハードルは高く感じます。

しかし、孫ターンであれば祖父母の築いた人脈を活かし、

住居や仕事がみつけやすい、地域に溶け込みやすい

などのメリットがあります。

都会の喧騒を離れ、田舎暮らしを

満喫するライフスタイルには誰もが一度は

あこがれますから、人気が出るのはうなずけますね。

孫ターン現象とはなぜ生まれたのか?

そもそも地方移住はシニア世代が主流でした。

少子高齢化が進む日本では、このままいくと

地方自治体が消滅するという危機感があり、

政府主導で地方移住を促進していた経緯があります。

しかし東日本大震災後、都会での生活不安、不満から

子育て世代が「自然の中でのびのびと子育てをしたい」と考え、

徐々に増えていったようです。

孫ターンする人に自治体の補助はあるの?

孫ターン人気にあやかって、移住者を増やそうと

各自治体はこぞって孫ターンの補助を提供しています。

一例をあげますとある自治体は奨励金10万円、

また、ある自治体は助成金等です。

今後もまだまだ増え続ける見込みです。

補助の利用はいろいろ条件がありますので、

孫ターンする人は自治体のホームページを

チェックしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

地方移住といえば何かと不便が多いと思ってしまいます。

しかし、買い物に関していえば不便はありません。

今ではネットでポチッとすれば何でも買えますから。

物価は安く、空気はうまい、水もうまい、魚、野菜は新鮮でうまい

となれば、孫ターンなどの地方移住は、

都会以上に豊かな暮らしを満喫できるといえます。

東京などの大都市では、田舎暮らしや地方移住のセミナーなど

頻繁に行っていますから、まずは足を運んでみることを

おすすめします。

地方移住の新しい形、孫ターン。

一度じっくり検討してみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク