結婚式の新郎の挨拶やばい!まじで用意しておかないと大変なことになるぞ!

スポンサードリンク






生の晴れ舞台、結婚式の披露宴。

集まってくれたたくさんの人の前で

新郎が挨拶をするシーンは感動的です。

新郎の挨拶ですが、きちんと用意してありますか?

式の大事なポイントなので

しっかりと準備をしておきたいものです。

当日になってその時の気分で。

なんて言ってられません。

新郎の挨拶次第でその日一日の印象が決まります。

家族やゲストの心に残り、

感謝の気持ちを伝えられる素敵な挨拶をしたいですよね。

挨拶の基本、コツなどを紹介します。

是非参考にしてみてください。

結婚式の新郎の挨拶って最初がいいの?最後がいいの?どうする、俺?

そもそも結婚式での新郎の挨拶は

どのタイミングで行うものなのでしょうか。

最初にするもの?それとも最後の締めくくり?

新郎の挨拶は最近の主流では、

最初に行うウェルカムスピーチ

最後の締めとして行う挨拶と2種類あります。

最後の挨拶いは「謝辞」とも呼ばれます。

どちらか自分達で好きなほうを選びましょう。

ウェルカムスピーチを行うカップルが最近は主流のようです。

以前は、

ウェルカムスピーチは仲人が行っていたようです。

しかし

現在では新郎本人が挨拶をする事が多くなっています。

謝辞は新郎の父親がする事も多いようです。

こちらも現在は新郎本人が行う式もあります。

基本的に挨拶は、

式場や披露宴会場の出入り口付近で行います。

ゲストの方へ参加してくれたお礼として

挨拶をします。

感謝の気持ちをこめて行いましょう。

結婚式の新郎の挨拶でかませ!ウェルカムスピーチを上手くやるコツとは

いざ、

本番でウェルカムスピーチをするとなったら

どんな風に言えばいいのでしょう。

新郎だけでなく、

新婦も一緒に2人で行うカップルも多いです。

集まってくれたゲストに感謝の気持ちと、

今日をどのように過ごして欲しいか

簡潔にまとめて分かりやすく伝えましょう。

時間は1分前後を目安にします。

あまり長いとゲストも飽きてしまうので注意しましょう。

具体的な言葉の前に、

まずは文章の構成を考えましょう。

基本的には以下の3つを入れるようにします。

・式へ出席してくれたゲストへのお礼の言葉

・結婚式・披露宴を無事に迎えられた報告

・どのように式・披露宴を過ごしてもらいたいか

そこから、

自分達なりの言葉で文章を組み立てていきましょう。

無理矢理難しい言葉を使う必要はありません。

ゲストへ気持ちが伝わるように考えましょう。

新郎の挨拶で素敵な結婚式をスタートさせよう

ウェルカムスピーチは

これから始まる結婚式の大事なスタートになります。

緊張すると思いますが、

感謝の気持ちを伝えようという思いはゲストにも分かるはず。

オリジナルの言葉で素敵な式の始まりを伝えましょう!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク