プロポーズの指輪の絶対失敗しない渡し方はこれだ!

スポンサードリンク






大切な彼女にプロポーズをしようと決めたとき、

指輪をどうしようか、一度は悩むと思います。

サイズを知っていればいいけど、

サイズがわからない。

サイズは知っているけど、好みがわからない。

なにかサプライズの演出は必要なのか?

どんなタイミングで渡せばいいのか。

いろいろなことが気になってしまうと思います。

なんたって人生での中でも、

最大級のイベントです。

今後の人生を一緒に歩んでいく人に

その思いを告げるなんて、

これほど重大な場面はありませんね。

よくドラマではサプライズの演出で、

男性から突然のプロポーズなんて

シチュエーションを見ますよね。

やっぱり女性側もサプライズに

憧れている方は多いようですが、

けれどただそれだけで

納得できないのがいまどきの女性。

プロポーズは嬉しいけど、

喜べなかったところもある……

なんていう体験談も。

プロポーズは一生に一度です。

そんな大事な場面で失敗なんてしたくない!

そう意気込んでいる方の参考になるように、

今回は指輪の渡し方やポイント、

演出などをいろんな方の体験談や、

受け取る側の女性の意見などを

ご紹介します。

プロポーズの指輪の渡し方は箱が一番重要なわけ

ドラマの演出でもよくあるのが、

あのいかにもなベルベッドの箱を

目の前でぱかっと開けてみせて、

プロポーズの言葉を告げる

あのシチュエーションです。

通称「箱パカ」ですが、実はこれに

憧れている女性は多いようです。

指輪本体のほうばかり気にしていて、

箱を気にしていなかった……

なんていうのはもったいない。

照れくさいかもしれませんが、

せっかくなので勇気を出して

「箱パカ」をしてみるのもおすすめです。

ただ、せっかくのドラマのような演出も

渡す前にばれてしまっては女性も

がっかりしてしまいますよね。

体験談の中には「箱が見えていた」

「宝石店の紙袋を持っていたのですぐわかった」

なんて女性のお話もありました。

できれば指輪の箱はぎりぎりまで

隠しておくほうがいいでしょう。

冬場ならコートのポケットでもいいですし、

普段からカバンを持ち歩いている男性なら

カバンに入れていたら不自然ではありません。

意外と憧れている女性の多い「箱パカ」。

渡し方の演出の候補として

考えてみられてはいかがでしょうか。

これでイケる!プロポーズの指輪の渡し方の失敗しない演出とは

渡し方の演出としては、

大きく分けて2パターンです。

非日常のシチュエーションか、

日常の中でさりげなく渡すか。

これは相手の女性の好みがあるかも

しれませんので、事前のリサーチも

大事ですね。

非日常のシチュエーションとしては

夜景の見える素敵な高級レストランや、

二人の思い出の場所

あとは旅行先だったり、特別な場所を

貸し切っての豪華な演出など様々。

レストランだとコース料理しておいて、

料理のことなどは店員さん任せ。

自分は渡すことに集中するというのが

一番多いようです。

思い出の場所は、初デートの場所だったり

出会った場所だったり。

“告白をした場所で、今度はプロポーズを”

なんていう方もいらっしゃいます。

ただ照れ屋の彼女だと、人目のある所での

プロポーズを嫌がる方もいます。

相手の方の性格を考慮してあげるのも

大切ですね。

日常でというのは、自分の家

彼女の家というのが一番多いようです。

家でご飯を食べているとき、家事の合間、

寝ている彼女の枕元に置いたパターンや

寝ている彼女の指にこっそり指輪をはめた、

なんて体験談もありました。

パターンはいろいろあるのですが、

やっぱり一番重要なのが

彼女の好みを把握すること。

人前では照れてしまうのか、

ロマンチックな演出は好きかどうか。

これからずっと一緒に過ごして

いこうという人のことですから、

焦らずリサーチして好みを知っておくのは

大事なポイントなのです。

シチュエーションの派手さや

流行りなどに惑わされず、

相手のことを考えるのが一番の

演出ではないでしょうか。

まとめ

いろいろなプロポーズのパターンを

ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

何よりも大事なのは、

相手の好みをリサーチすること。

指輪のデザインやサイズも、

彼女に合っていなかったら

興ざめされてしまうことも。

意外と一緒に選びたかった、

なんて女性も多いようです。

指輪を一緒に選んでから

自分だけで受け取りに行って、

渡すときには彼女の好む演出を

用意しておく……というのも

喜ばれるパターンのようです。

そうすればサイズも好みも

はずしませんしね。

長い時間を一緒に過ごす相手のためですから、

相手のことをよく考えて、

彼女の好みに合った素敵なプロポーズ

できるといいですね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク