妊娠検査薬のフライングとは?はやく妊娠を知りたい気持ちは分かるけど

スポンサードリンク






妊娠を希望する人にとって妊娠検査薬は、

妊娠しているかどうか判断するための必須のアイテムです。

生理が少しでも遅れていたら、

妊娠しているかもしれないと期待してしまうものです。

なかには、早く結果が知りたいからと

妊娠検査薬を決められている時期より早く使う人も多くいます。

そのように早く使うことをフライング検査と言います。

妊娠検査薬は正しい使い方をする事で、正確な判断ができます。

妊娠検査薬は、女性が妊娠をしたときに

出される特別なホルモンに反応します。

hCGと呼ばれるそのホルモンが尿の中に

あるのかを検出して、妊娠しているかを確認するのです。

このホルモンは、受精卵が着床して

妊娠した後にだんだんと増えて

生理予定日を過ぎた頃に増加します。

生理予定日の前や、生理予定日の後すぐには

妊娠していたとしてもホルモンの量が

少ないので反応しにくくなっています。

早く妊娠しているか知りたい気持ちはよく分かりますが、

妊娠検査薬のしくみをよく理解して正しく使いましょう。

せっかく買った妊娠検査薬を

ムダに使うのはもったいないですよね。

妊娠検査薬のフライングに注意!いつから検査ってできるもの?

一般的に市販されている妊娠検査薬は、

生理予定日1週間後から使うように説明書に書いてあります。

妊娠している場合、生理予定日を

過ぎると急激にhCGが増加します。

正しい時期に使えば、その正確性は99パーセント以上

言われていますのでかなり高くなっています。

生理予定日は、あくまで予定なので

多少前後することもありますが、妊娠していれば

生理予定日には十分なホルモンが出ているはずなので

1週間後に検査すればほぼ確実だと思われます。

生理予定日1週間後よりも

早く検査をすればフライングになります。

早すぎて正確な検査結果が分からない

場合もあるので注意が必要です。

フライング検査の場合、最初はうっすらと

陽性反応が出たのに後日もう一度検査をしたら

陰性になり、生理が来たという人もいます。

これは、化学流産の可能性が考えられます。

化学流産は、受精卵に何らかの異常があり

着床しても育たずに妊娠しないケースです。

化学流産した後には通常よりも

遅く生理がくることが多いので、

たいていの人は気づかないままです。

しかし、フライング検査によって受精卵が

着床したタイミングで妊娠反応が出てしまうので

正しい時期に検査した時には気付かない

化学流産にも気づいてしまうのです。

化学流産はあまり珍しいことではありません。

受精卵の遺伝子に問題がある場合などに起こります。

フライング検査をしたばっかりに、

通常では気が付かない化学流産に気付いてしまい

落ち込む人もいるので、早く検査したいと思う人は

理解した上で行いましょう。

妊娠検査薬のフライングにおすすめな検査薬とは

販売されている妊娠検査薬の中には、

少量のホルモンでも反応する

早期妊娠検査薬と呼ばれるものがあります。

これは、通常の検査薬より早く

生理予定日に検査が出来るものになります。

早期妊娠検査薬の中には、生理予定日

6日前から使えるものもあります。

生理がいつも順調で予定日通りに来ている人にはおすすめです。

また、風邪でもないのにだるかったり

熱っぽかったり妊娠初期の症状が出ていると感じられたら

検査してみるのもいいかもしれません。

チェックワンファストという検査薬は

日本製で唯一の早期妊娠検査薬です。

生理予定日から検査ができますし、

ドラッグストアなどでも購入可能です。

早期妊娠検査薬は海外製のものが多いのですが

日本製の方が安心という方におすすめです。

薬剤師がいる薬局でしか買えませんので確認が必要です

正しいタイミングで正確な検査を

早く妊娠しているかどうか知りたい

という気持ちはよく分かります。

赤ちゃんを待っている女性にとってはとても大切な問題です。

しかし、タイミングが早すぎて

正確な結果が分からなかったら、

時間もお金もむだになってしまいます

待っている時間は長く感じてしまうかもしれませんが、

正しいタイミングで正確な

検査結果が分かるようにしたいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク