おひとりさまの老後は大丈夫? 貯金などの資産や賃貸について考えてみた

スポンサードリンク






今、おひとりさまで老後を迎える女性が増えています。

その時、1番気がかりなのが、老後の資金や住まいについてです。

女性が1人で老後を生きていくためには、

いくらぐらいの資金が必要なのでしょうか。

又、老後の住まいは、賃貸でも大丈夫なのでしょうか。

ここでは、老後に欠かせない、

資金や住まいのことについてお話していきます。

おひとりさまの老後資金はいくらぐらい必要?

まず、おひとりさまの老後資金は、

いくらぐらい必要なのかを考えてみましょう。

老後を迎えた女性が生活していくためには、

月に約15万円必要だと言われています。

そして、生活費の他に欠かせないのが、医療費です。

人は年齢が上がるにつれて、病気やケガのリスクが上がります。

このことを考えると、「月に15万円+α」が必要だと言えるでしょう。

これを踏まえて、平均寿命の80代半ばまで生きた場合を計算してみます。

60歳で定年を迎えたとすると、

それ以降の人生においては、4000万円は必要です!

場合によっては、それ以上お金がかかることもあります。

自分の老後が気になり始めるのは、

40~50代くらいからでしょうか。

この世代の人たちが年金をもらえるのは、

今の年金制度で考えると、65歳からです。

では、60歳で退職した場合、

どのような資金計画を立てたら良いか考えてみましょう。

正規雇用で働いていた人は、月に14万円程度受け取れると言われています。

非正規雇用の場合は、受け取れる金額は、

厚生年金だと月に10万円程度です。

一方、国民年金だと、月に6万5千円程度だと言われています。

この点から、年金以外に、自分で用意しなければならない資金を計算してみましょう。

正規雇用だった人の場合、最低1200万円分は、

自力で確保しなければなりません。

一方、非正規雇用だった人の場合は、

その倍以上の金額になります。

なので、元気に働けるうちに、

老後のための資産運用をしておく必要がありますね。

ちなみに、年金制度が変わった場合は、

年金を受け取れる年齢や金額も変わります。

なので、年金を当てにし過ぎると、後でつらい思いをすることもあります。

やはり、ある程度は自分で資産を確保しておかなければなりません。

おひとりさまの老後は賃貸でも大丈夫? マンションなど持ち家が必要?

おひとりさまで老後を迎える場合、住まいに関する不安も大きくなります。

賃貸でも良いのか、持ち家を買った方が良いのか、かなり迷いますよね。

結論から言うと、40代までに持ち家がないのであれば、賃貸の方が良いでしょう。

「老後の資産になるから」と、

40代でローンを組んでマンションを買う人もいます。

でも、老後のことを考えると、それはかなり危険なことです。

40代からローンを組んでしまうと、定年退職後もローンの返済が課せられます。

定年退職後は、仕事をして収入を得ることがほとんどできなくなりますよね。

なので、老後の生活をかなり圧迫する可能性があります。

但し、40代までに持ち家を買ったという場合は、

そのままそこに住んだ方が良いでしょう。

わざわざ賃貸に引っ越しして、無駄なお金やエネルギーを使う必要はありません。

さて、「高齢者になると、賃貸を貸し渋られることが多い」という問題もあります。

確かに、おひとりさまの高齢者は、急病や孤独死のリスクがあります。

それを見越して、高齢者に賃貸を貸そうとしない大家さんも多いようです。

しかし最近は、高齢者専用賃貸というものも増えてきました。

月額10~30万円なので、通常の賃貸よりは少し高額です。

更に、場所によっては、数百万円の初期費用も必要になる場合もあります。

しかしその分、各種福祉サービスもついています。

又、バリアフリーになっているので、安全面も考慮されているようです。

もちろん、高額な買い物なので、

契約前にしっかり生活設計をしておく必要はあります。

でも、おひとりさまの老後には、とてもオススメですよ!

まとめ

女性がおひとりさまで老後を迎える場合、

資金と住まいに関する計画が最も大切です。

正規雇用だった人でも、1200万円は前もって自力で用意しなければなりません。

非正規雇用だった人は、それ以上の金額の資産を用意する必要があります。

そのため、現役のうちに、貯蓄などの資産運用をきちんとしておきましょう。

又、40代になっても持ち家がない場合、

新たにローンを組んでマンションを買うのは危険です。

この場合は、賃貸で生活することを考えた方が良いでしょう。

最近は、福祉付きの高齢者専用賃貸もあり、

おひとりさまの老後に配慮が生まれ始めています。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク