モラハラ夫が治った!モラハラ・パワハラがひどい旦那の対処法とは

スポンサードリンク






最近よく聞く”モラハラ“ですが、

正式名称は”モラスハラスメント”です。

道徳や倫理を振りかざした嫌がらせで、

精神的な暴力や虐待を意味します。

モラハラ夫の場合は、家庭内で起こるため、

モラハラと認識しなければ普通に過ごしているかもしれないですが、

もし少しでもモラハラを受けているなと感じたら、

モラハラ夫への対処法を実践してみてください。

これでモラハラ夫が治った!私のモラハラ夫の対処法とは

 

モラハラ夫とはどんな特徴があるのかをまずご紹介します。

① 言葉の暴力

妻に対してひどい言葉を浴びせます。

バカや死ねなどは当たり前に使われ、

育ち方や母親失格などのような精神的に傷つく言葉を言うのです。

ねちねちと毎日毎日責め立てるので、

精神的に追い詰められるでしょう。

また家庭内で起こったトラブルはすべて妻の責任だと責めるなど、

自分には非がないようにするのです。

② 束縛をする

恋愛時代の束縛は、愛されているのかなと考えてしまう方もいるかもしれませんが、

結婚してからの束縛は、やはりキツイですよね。

妻に対しての嫉妬ですが、男性と口を聞いてはいけない、

着ている洋服を露出度が高くないかチェックされる、

スマホのメールやSNSをチェックされるなど、

行動などを制限されてしまっては、精神的につらくなってしまいます。

③ 思いやりがない

体調を崩していたとしても、気に掛けるわけもなく、

家事をいつも通り強要します。

体が不調の時は手伝ってほしいものですが、

そんな気もなく、休憩すらできない状態にさせるので、

とても体力的にも精神的にも疲れ切ってしまいます。

このような自分勝手な行動や

妻を精神的苦痛に追い詰めるパワハラ夫を、治したいですよね。

どのような対策を打てばいいのかを次に紹介します。

① 暴言は無視をする

モラハラ夫は、妻より自分を優位に立たせたいために、

妻を見下す言葉を言うので、すべて真に受けず、受け流すことが大事です。

夫の言葉を気にせずに自分を責めないようにしょう。

「また始まった」と気楽に考え、聞き入れないようにしていきましょう。

② モラハラに気づかせる

モラハラ夫は、自分のしている行動が妻に苦痛を与えていると感じていないので、

どれだけの苦痛があるのかを伝えるようにしましょう。

改善できる夫なら、妻の言葉を受け入れてくれるはずです。

モラハラと自覚できていない夫なら、

モラハラを自覚させるようにしましょう。

③ 第三者にそうだんをする。

モラハラは家庭内で解決したい問題ですが、

なかなか難しいことかもしれません。

友人に打ち明ける勇気がない場合は、

相談に乗ってくれる専門機関がありますので、

自分一人で抱え込まずに相談に乗ってもらいましょう。

④ 夫を立てる

モラハラ夫も会社では立場が低く、

ストレスを抱えているのかもしれません。

同情していけませんが、

家庭では自分が一番だと思いたいのでしょう。

家庭では、夫を立てるようにこころがけて

、家庭では夫が一番上だという意識させると、夫も満足でき、

攻撃してくることも減るでしょう。

モラハラ夫は自信のなさや、会社でのストレスなどで、

家庭内では自分が一番だと認識したいのでしょう。

暴言は無視し、夫を立てるようにして、

うまく付き合うことができるのなら、夫も改善していくかもしれません。

モラハラ夫の対処法の最終的な手段は離婚です

 

軽度のモラハラや、モラハラを自覚させて改善できたり、

うまく夫をたてて付き合っていけるような状態ならいいのですが、

ひどいモラハラを受けていたり、子供に影響するレベルのモラハラであるのなら、

最終的には離婚を考える必要があります。

モラハラを証明できるように、

モラハラの証拠を残しておきましょう。

日記に記憶させておく、ICレコーダーにモラハラの状態を記録させておくなど、

証拠となるものは保存しておきましょう。

離婚は避けたいと考えますが、

子供のことや自分の精神的苦痛を考えたら、離婚した方が良いと判断した場合は、

離婚を視野に入れた生活の準備をしておくといいでしょう。

そのためにも、まずは第三者の相談を行ってから準備していきましょう。

いかがでしたか。

リラックスできるはずの家庭が、精神的な苦痛で毎日がつらいのなら、

モラハラ夫への対処を考えて実行していくか、第三者に相談をして、

離婚も一つの選択に入れておくなどしていかなければいけないですね。

モラハラで自分を責めずに、モラハラ対策をしていきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク