腱鞘炎の手術は後遺症が怖い?腱鞘炎の手術の前に必ず読んで。

スポンサードリンク






腱鞘炎といえば、職業病の一つだといわれていましたが、

最近ではそうでもなくなってきているようです。

手首や指の使い過ぎによっておこるものです。

中高年の女性がなりやすく、

最近ではパソコンやスマートフォンの使い過ぎで腱鞘炎になることもあるのです。

最初は筋肉の違和感からはじまり、

手足を使ったときに筋肉が痛みはじめ、

日常生活にも支障が出てくる痛みにまでなっていきます。

まずは手を安静に休養が第一になります。

鎮痛剤や湿布による治療もありますが、

腱鞘炎を直す手術もあるのですが、ご存知でしたか?

入院もしなくていいし、手術の時間は15分から20分と短時間で終わります。

腱鞘炎の治療費は、保険が適応されますので、1万円前後でできます。

パソコンで仕事をしている人にとって、

長期間の休養は難しいでしょうが、

そのまま手や手首を使い過ぎていると、

どんどん症状が悪化してしまいます。

手術で腱鞘炎の痛みを一気に治療したいと思う方がいるでしょう。

しかし、腱鞘炎の手術には後遺症があるらしいので、

もし腱鞘炎の手術をされる方は、そのこと理解してくださいね。

 

腱鞘炎の手術後の痛みは結構やばい?

 

腱鞘炎の手術の後遺症としてどんなものがあるのかというと、

まずは握力が低下する可能性があり、

ほかには、神経痛のような痛みが残る人もいます。

腱鞘炎の手術は、難易度の高い手術で、

抜糸の前には何度か病院通いもあります。

手術後は痛みや違和感などが残ります。

しかし、腱鞘炎の手術によって、

手首の痛みが抑えることもできますし、

手首や指が自由に動かせることもできるでしょう。

腱鞘炎の再発があるのかどうかですが、

手首をまた同じように駆使していると再発の可能性がありますので、

気を付けてくださいね。

手術後はなるべく重たいものを持たないように気を付けたり、

手首に負担をかけないように姿勢を良くしたりすることが大切です。

日ごろから、手や手首のストレッチやマッサージをしたり、

血流の循環を良くするなど、再発の予防に気を付けていかないといけませんね。

パソコンに向かう姿勢は、

パソコンのキーボードと肘の角度が90度になる状態の姿勢がいいでしょう。

パソコンする姿勢の悪さが腱鞘炎の再発につながる可能性があるからです。

できるだけパソコンのマウスは小ぶりの方がいいでしょう。

マウスが大きいと腕や肩の負担になるからです。

長時間のパソコンの使用は腱鞘炎の再発につながりますので、

できるだけ手や腕を休めてストレッチやマッサージをするといいですね。

腱鞘炎の手術は一時的に痛みをとるのではなく、

長期的に見ると痛みの根本をとるので効果がある反面、

痛みや後遺症が残ったりする可能性があり、

手術によってはさらに痛みが悪化することもあるということを

認識しておかなければなりません。

また、手術が成功したとしても、

手術前のように手や手首を使い過ぎていたら、

また腱鞘炎の再発があるということも忘れないでくださいね。

腱鞘炎の手術を安心して任せられる名医とは

何度も腱鞘炎を繰り返していたり、

長年腱鞘炎の痛みを抱えていたり、

日常生活に支障をきたしていたりする場合は、

やはり手術を考えますよね。

腱鞘炎の手術は難易度が高く、

後遺症や手術後の痛みを考えたら、

やはり、手術を安易に考えにくくなります。

やはり、腱鞘炎のスペシャリスト、

腱鞘炎の手術の名医を探す必要がありますね。

腱鞘炎の手術の名医と評判のあり、

高度な技術を持つ医師に任せて後遺症などのリスクを抑えるのが賢明ですね。

手術自体は20分から30分という短時間で、

入院をせずに簡単に済ませられると安易に考えずに、

ちゃんと実績のある名医にかかることで、

後遺症の不安を抑えることが可能になってきます。

インターネットなどで探すこともできるので、

名医にまかせることで、安心して腱鞘炎の手術を受けることができます。

また、手術後はリハビリとして、整体院や接骨院などで、

施術を受け、再発防止をしていきましょう。

いかがでしたか?

いまや、パソコンに向かっての仕事が当たり前になり、

腱鞘炎も身近に起こるものになってきました。

パソコンなどで手首や手を使い過ぎている方は、

手首や手の痛みに長年悩まされているのではないでしょうか。

一刻も早くこの痛みに解放されたいと安易に手術を考える前に、

後遺症などのリスクを考え、手術をするかどうかを判断していただきたいです。

また、手術後のリハビリや、

腱鞘炎の再発防止には気を付けてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク