社内恋愛ってよくある話?きっかけはどんなことが多いの?

スポンサードリンク






新入社員、特に女性の社内恋愛に関心を持っている人には、

必読の情報を公開しましょう。

いったん企業に就職してしまうと、

出会いのチャンスはとても限定された状況になっていきます。

合コンなどに積極的に参加しようとしても、

忙しくて、出会った男性とのデートもままならない。

結局社内で相手を見つけるのが1番手っ取り早いと考えるのですが、

社内恋愛には、リスクも伴います。

安全、かつ確実な社内恋愛はどうすれば実現できるのでしょう?

社内恋愛を確実に成功させるアプローチの方法

 

社内恋愛にしろ、社外恋愛にしても、きっかけが大事 です。

きっかけとは何かと言えばそれは、アプローチです。

アプローチ、つまり接近することが、第1段階です。

接近することは、お互いの距離を縮めることですが、

ふたつの距離があることを理解しておく事がまず必要です。

物理的距離と心理的距離です。

このふたつの距離が縮まらない限りどんな練習も上手くいきません。

逆に言うと、ふたつの距離が縮まったなら、恋愛は上手くいくのです。

社内恋愛は女性からアプローチを男性にかけた方がうまくいく

 

気になる男性がいたとしても、

男性からのアプローチを待っている女性が多くを占めています。

女性からアプローチするケースは、

男性から女性にアプローチするケースに比べて圧倒的に少数でしょう。

これは女性から男性にアプローチした場合の、

男性に対して与えることのできるインパクトの強さにもつながっているのです。

特別な方法は必要とされません。

ただ女性から男性にアプローチをかける。

それだけですが、こういったケースが少ないため

その分、インパクトは絶大なのです。

「今夜食事に行きましょう」など簡単な台詞ですが、

簡単な台詞が大きなインパクトを持つために、効果も絶大なのです。

迷っている暇はありません。

女性から積極的にこれぞと思う男性社員にアプローチしてください。

競争率が高い男性は、すぐに他の女性社員と仲良くなってしまいます。

入社したその日から、すでに社内恋愛はスタートしているのです。

恋愛は少し仕事に慣れてからなどと考えるべきではありません。

そんなことを考えていたら、たちまち手遅れになります。

恋愛は直感勝負です。

入社式当日でも早すぎるということはないのです。

直感的にこの人はステキと思ったら、迷わすアプローチ、

その方法をあれこれ考える必要はありません。

タイミングの速さが何よりも必要です。

まとめ

 

恋愛、特に社内恋愛には抵抗を持っている女性社員がいるようですが、

その心理的抵抗を取り除きリラックスすることで、

直感的に男性にアプローチできる体制が整います。

入社式当日までには、その心の準備を整えておきましょう。

仕事については、段取りが大半を占めていると言われます。

つまり段取りが上手く行っていれば仕事は上手くいったと同然ということです。

恋愛も仕事も同じです。段取り次第なのです。

恋愛と仕事は段取り次第だと心に刻んで初出社に臨みましょう。

仕事も恋愛もどちらも上手くいってハッピーになれること請け合いです。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク