オーバードーズの致死量とは。本当に怖い薬の話

スポンサードリンク






オーバードーズという言葉を知っていますか?

決められた容量以上の薬を服用することです。

薬は、本来病気を治すものですが、

指示された容量以上に飲んでしまうと、

身体に害を与えるものとなります。

オーバードーズは、最悪の場合死に至ることもあるのです。

「死にたい」「楽になりたい」という精神的不安定になり、

冷静になれない時に衝動で行ってしまうのです。

現実逃避したくなり、冷静な判断ができない時に

行ってしまうケースが多いようです。

しかし、オーバードーズは絶対にしてはいけない行動です。

ほとんどの薬の場合、ものすごい量を摂取しないと死に至ることはない

とされていても油断してはいけません。

他の薬を一緒に摂取していたりすると、

副作用がかなり効いてきて、意識が遠のいたりするので、

事故やケガをする可能性もあります。

薬は、きちんと容量を守って服用しないといけません。

超危険!オーバードーズは市販の薬でもできちゃう

オーバードーズは市販薬でも危険性があります。

それは、後遺症の問題です。

市販薬や医師から処方される薬を

大量に摂取したからといって、死に至ることは稀です。

でも、身体的な後遺症、頭痛や、手足の震え、吐き気が残ってしまいます。

また、一番怖いのが、心理的後遺症です。

オーバードーズをしても苦しいだけですので、絶対しないでください。

オーバードーズは死の危険性もありますが、

後遺症として、障害だけが残る方もいます。

その障害だけが残り、後々大変苦しい思いをしている方もいるので、

つらい後遺症があるということを知っていただきたいです。

オーバードーズに使われる薬の種類とは

オーバードーズに使われる薬は様々ですが、

処方薬、市販薬、違法薬物などがあります。

とくに処方薬としては、

安定剤や睡眠薬などが使われることが多いようです。

現実逃避などで、無意識に繰り返す人も多々います。

恐ろしいのが、やり始めると止まらなく繰り返すことです。

ショックやストレスなどにより、

オーバードーズを繰り返してしまうのです。

罪悪感を持ちながら、繰り返すという悪循環を引き起こすのです。

薬の禁断症状で手の震えや幻覚症状、不眠、頭痛などもでて、

自分ではどうしようもなくなり、依存するケースもあります。

身体依存もあり、身体から薬がなくなると禁断症状が出て、

その症状を和らげるために、

薬物乱用、オーバードーズを引き起こしてしまうのです。

一時の衝動が、後々、依存性を生むということを忘れないでください。

オーバードーズの治療は病院のカウンセリングを受け、

しっかりと直していくことが必要になります。

オーバードーズは、一瞬の衝動となるので、

この衝動を防ぐ必要性があります。

では、どのようにすればいいのでしょうか?

まずは薬の管理をしっかりとすることです。

家族に薬を管理してもらうのが最適でしょう。

自分の手の届く範囲に薬を所有しないことが鉄則です。

また、錠剤はのみやすく簡単に口にしてしまいます。

処方されるのをなるべくなら、粉薬にするのが良いでしょう。

市販薬の買い置きもしないほうがよさそうです。

ストレスやショックがきっかけで、

オーバードーズしてしまうケースが多いので、

ストレス解消を普段から心がけるのがいいですね。

普段から、ストレスをためずに規則正しい生活で、

睡眠不足にならないように心がけるといいでしょう。

一人で悩みを抱えず、周りのみんなから助けてもらうことを意識して、

必要となれば病院のカウンセリングを受けるなど、

誰かに助けを求めるのが有効となります。

家族の助けなども借りて、心理的な安らぎを得ましょう。

まとめ

オーバードーズの恐ろしさを知っていただけたのではないでしょうか?

依存性もあり、一度の衝動が後悔を生む結果になるのです。

家族や友達に助けを求めたり、

病院のカウンセリングを受けて症状を軽減したりして、

オーバードーズをしないようにしてください。

オーバードーズでは、現実逃避はできません。

オーバードーズによる後遺症として、苦しい後悔だけが残るだけです。

薬は決められた容量を守って服用してくださいね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク