日々あんてなのライター募集中!

日々あんてなに記事を投稿してライターとして働きませんか?

日々あんてなは皆さんで記事を投稿して運営しているメディアサイトです。

下記のような記事を作成&投稿して頂けるライター様を募集しております。

ここでは弊社のWEBライター様に寄稿して頂きたいサンプル記事を提示します!

サンプル記事はこちら↓

子どもに給食袋を作ってあげたい!でもどうすれば…誰にでもできる作り方とは??

お子さんが春に入学するというご家庭では、

入学の準備も色々大変かと思います。

新しい生活が始まるドキドキもあり

親子ともに落ち着かずにソワソワしてしまう時でもあるかもしれませんね。

入学する学校によっては給食袋を用意するところもあります。

給食を食べる時に使うお箸やスプーンなどを入れて学校に持っていくときに使います。

場所によっては、給食を食べた後に歯磨きをするところもあるようです。

その場合には、歯ブラシやコップなども入れる袋が必要になることもあります。

せっかくなら、手作りでお子さんの好きな柄でかわいい袋

手作りしてあげたいですよね。

お母さんの手作りの袋なら世界でたったひとつのオリジナル。

自分だけのお気に入りがあれば新しい生活も楽しくなります。

でも、私不器用でお裁縫なんてとてもじゃないけどできません!

そんなお母さんも実は多いですよね。

私も不器用なのでよく分かります!

そんな私達でも出来るように簡単な給食袋の作り方を調べてみました!

お子さんの為にもちょっとだけ頑張ってみましょう。

ミシンが使えなくても、手縫いで作る方法があります。

生地を縦長の長方形の形に切り、外側を織り込んで生地がほつれないように縫います。

そして、紐を通す穴を縫って半分に折りたたみ両脇を縫い付けていきます。

手縫いなら失敗も少なく簡単に出来ます!

意外と重要?!給食袋のサイズ

簡単に誰にでも作れる!

一番重要なポイントです。

まずは、作る袋のサイズを確認しましょう。

学校からサイズを指定される場合もあります。

そういった時は指定どおりに作れば問題ありません。

サイズの指定が特に無い場合は注意です。

お箸やスプーンなど持って行くものがちゃんと入る大きさにしましょう。

お箸ケースの大きさを確認しておきます。

また、コップなどを入れる必要がある場合は大きめに作りましょう。

ランチョンマットなどを持っていく学校もあるようなので、

作る前に何を入れるのか、全部入るのかをしっかり確認しましょう!

一般的に、お箸セットなどを入れるだけだと

縦・横ともに20センチ前後が多いようです。

どうせ作るなら可愛い給食袋を…でも男の子はどんなのが良いの!?

作ると決めたら生地を選びましょう!

今は手芸店に行けば色々な種類の生地が売っています。

親子でどれが良いか選ぶのも楽しいですね。

女の子に人気なのは、

キャラクターのものや花柄、レースがついたものが人気なようです。

リボンの飾りがついたものなども可愛いですね。

男の子の生地選びは意外に難しいかもしれません。

可愛すぎても幼い印象になってしまうし、

キャラクターも好みが分かってしまうかもしれません。

お子さんの好きなもので作ってあげるのが一番ですが、

こだわりが無いようだったらシンプルなチェックの柄やストライプ、星柄などが

定番で長く使えます。

2種類の生地を使って切り替えデザインにするのも可愛いですね。

デニム生地などもちょっと大人っぽくてかっこいいです。

キャラクターや乗り物柄などが好きならお子さんのリクエストを聞いてあげましょう。

やっぱり本人が気に入った物が一番です。

好みが変わったらまた作ってあげましょう!

手作りの給食袋でワクワク新生活!

不器用だけど、子供のために手作りをしたいお母さん、

やってみようとやる気になってくれたでしょうか?

ちょっとくらい曲がっても愛情たっぷりで作れば

お子さんにも気持ちが伝わるはずです。

お気に入りの給食袋で新生活を楽しんでほしいですね。

ライター募集中!

 

ライター募集!在宅で好きな時間に仕事ができるので主婦やフリーター歓迎

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

日々あんてなでは、ライターを随時募集中です。

当ブログまたは弊社運営サイトに記事を書いていただけるライターの方を常に募集しております。

弊社オフィスに出勤する必要はなく、完全在宅にてお好きな時間にお仕事をしていただくことが可能です!

日々あんてなでは、遠方のフリーランサー、子育て世代のスタッフが活躍中!

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

ライター未経験でもOK!

職歴や経験を活かしてWebライターとして高収入を稼ぐことも可能です。

スキルに応じて、1記事約300円から5,000円以上も。

当ブログ(日々あんてな)に投稿するための記事作成の他、弊社の別運営サイト用の記事の作成のお仕事です。

すべて自社案件のため、余分な業務も発生せず、記事作成に専念して頂けます。

専門性の高い記事を作成できるのであれば、専門ライターとしても独立も可能です!

日々あんてなのWebライターが長く続く4つのメリット

ライター未経験から、在籍1年で月10万以上稼ぐ方も。

簡単な記事から専門知識が必要な記事まで、多種多様なジャンルの案件がございます。そのため、ライター未経験から徐々に経験を積むことが可能。
在宅のみで月に10万円以上稼ぐ専業主婦の方もたくさんいらっしゃいます。

自社案件だから案件の確定から納品までが簡単!記事作成のみに専念できます。

クラウドソーシングサービスでお仕事を行う場合、案件検索や修正ルールの把握など、記事作成以外の業務が多くて案件数がこなせないのが難点。
SYNCの記事作成は自社案件のため、メールで直接来る内容に答えるだけの簡単受注。
修正ルールも一律で、修正率は1%以下だから、記事作成に集中でき収入UPを実現できます。

25日締め当月末払いで最低支払金額なし!

20日までに納品完了した案件は、当月末締めでお支払い。しかも、最低支払金額が無いので、仕事を始めればすぐに収入になります!

業界の資格や経験が活かせるライター方なら、専門性の高い高単価案件で独立も可能。

Webマーケティングにおいて、コンテンツ記事はますます重要視されてきています。 様々な業種において、専門性の高い記事が求められているため、資格や業務経験がある方であれば、高単価のお仕事を継続的にすることが可能です。

 

在籍Webライターの報酬の例

報酬などの条件は個別にご相談いただく必要がありますが、弊社でライターとして働いてい頂いている方の平均的な実績は下表となっております。

平均作業時間 1日1-2時間程度、週に2,3回程度
平均月収 数万円~
平均時給 個人の作業効率によります

 

依頼から納品までの流れ

1.案件依頼メールに対して返信

登録完了後、随時、案件メールが届きますので、納期日と数量等を返信ください。

2.正式発注

案件調整後、ご依頼数量と納期日の確定をさせていただきます。

3.納品・検品

メールにて納品後、こちらでコピーや盗作チェック等を行い、必要があれば修正依頼をいたします。(修正依頼は1%以下)

4.20日締め当月末払い

最低支払金額等はございません。20日までに検品を確認した案件は当月末にご指定の口座にお振込みします。

ご依頼案件の例

  • 地元のイベントや観光名所に関するWebメディアの記事|1記事x5セット | 1記事 300円(1,500文字x0.2円)
  • 薬剤師の求人に関するWebメディア記事(要資格)| 1記事×5セット | 1記事 3000円(2000文字×2円)
  • 通販に関するブログ記事| 5記事×10セット 1記事 300円(700文字×0.43円)
  • 脱毛サロンに関するWebメディア記事| 1記事×5セット 1記事 6000円(4000文字×1.5円)
  • サプリメントに関するブログ記事| 3記事×50セット 1記事 1000円(2000文字×0.5円)

 

日々あんてなライター募集

弊社のライターとして働くことに興味があるという方は、下記フォームよりお問い合わせください。

弊社で確認後、ご連絡を差し上げます。

下記登録フォームから応募して頂いた方は、弊社のWebライターとして、日々あんてなの他、弊社運営サイトに記事を作成していただきます。

弊社ではWebライター様の記事によって、メディアサイトを運営し収益化しております。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする