橿原神宮は車の祈祷もできる!料金はクレジットカード払いもOK?

スポンサードリンク







初詣で神社にお参りに行くほか、安全や幸せを願って、神社に行くこともあります。

年齢とともに、神社にお参りに行く頻度も多くなりました。

安産祈願から、厄除け、お宮参り、七五三、合格祈願など、家族が増えるとともに神社への参拝が増えるのは当然であります。

日本全国で神社の数となると80000社以上になるそうです。

たくさんの有名な神社がありますが、今回は奈良県にある橿原神宮(かしはらじんぐう)について調べてみたいと思います。

その橿原神宮で交通安全を願う車の祈祷はできるのか?支払いはクレジットカード払いもO.K.なのか?についても触れてみたいと思います。

橿原神宮のお祓いでどんなご利益があるの?


参考画像:橿原神宮(かしはらじんぐう)公式サイトより(http://www.kashiharajingu.or.jp/)

奈良県の橿原(かしはら)という地名、あまり聞き慣れないですが、じつは歴史的にとても重要な場所なんです。

天照大神の血を引く神倭伊波禮毘古命(かむやまといわれびこのみこと)が平和な国づくりをめざして橿原宮創建され、初代天皇の神武天皇として即位した地としてでも有名な場所であります。

第一代神武天皇と皇后が祀られている神社でもある橿原神宮は、日本の始まりと言ってもいいほどの古く格式高い神社でもあります。

橿原神宮へのアクセスは、電車だと、近鉄電車の”橿原神宮前駅“で下車し、中央出口を出て、徒歩10分の場所にあります。

参拝時間は日の出、日没の間となっていて、季節によって開門閉門時間が変わります。

大体、6時半から17時までと考えておいた方がいいでしょう。

御祈祷などは午前9時から午後4時までとなりますので、この時間内で祈祷の受付をすればいいですね。

車の祈祷について


さて、車の祈祷ですが、もちろん橿原神宮でもお祓いしてもらえます

車の祈祷はいつすればいいのかというと、とくに決まりがないので、いつお祓いに行っても大丈夫です。

交通事故を起こさないように、安全を願って車の祈祷をするのはとてもいいことだと思います。

お祓いすることで、安心感が得られますし、厄除けや合格祈願と同様、祈祷で願いの効果が挙げられるとポジティブに考えられると思っています。

車の祈祷することで、交通安全をより一層気をつけるのではないでしょうか。

橿原神宮の車の祈祷の料金はクレジットカードでも払える?


さて、橿原神宮での車の祈祷は、どのようになっているのかというと、車の祈祷は橿原神宮内の祈祷殿という場所にて行なわれています。

午前9時から午後4時までの受付になっていますので、時間内にて受付を済ませてください。

祈祷の料金は7000円から15000円になっています。

クレジットカードでの支払いは可能かどうかというと、今のところ不可のようです。

しかし、これから国際化に向けて、クレジットカードの支払いも可能になってくるのではないでしょうか。

温泉などの観光地や神社では、なかなかクレジットカードの支払いが今現状難しいようです。

しかし、外国人観光客が多いのも、温泉などの観光地や神社というのも確かですよね。

特に2020年の東京オリンピックにむけて、さらに外国の観光客が増えるのも当然です。

2020年までにクレジットカードの支払いが可能にするような方針が進めているようなので、これから先、神社でのクレジットカードの支払いも可能になるかもしれません。

国際化にむけ、クレジットカードの支払いを進めていくのは、これからもっと外国人の観光客を集めるにはいい方法だと思います。

まとめ


いかがでしたか?

奈良県にある橿原神宮は、日本最初の天皇の即位場所ととても歴史的にも重要なところであるだけでなく、とても景色がよく、広くて神聖な場所に感じます。

車の祈祷はしたことがないのですが、交通安全を願って、車のお祓いはした方がいいなと今回感じました。

祈祷することで安心感が得られますからね。

特にいつすればいいかという決まりもないので、お参りの際にしてもらうのもいいかと思います。

新車購入の際には、車の祈祷するのがいいかもしれませんね。

神社でクレジットカードの支払いをすることを念頭に置いたことがないので、いつも現金をもってお参りに行っていたのですが、外国人観光客にもクレジットカードの支払いができる方がいいですよね。

奈良県に観光に来た際には、ぜひ橿原神宮を訪れてみてください。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク