プロポーズで指輪なしだけは絶対にやめておけ、絶対だ。

スポンサードリンク






「彼女の指輪のサイズは何号だろう?」

「彼女が気に入らないデザインだったらどうしよう」

プロポーズすると決めたものの、指輪をどうしようか悩みますよね。

「彼女に指輪のサイズを聞くのも野暮だし、

せっかくのプロポーズだからサプライズで渡したい!」

と悩む男性も多いことでしょう。

プロポーズで指輪が必要かどうか、女性の考えはどうでしょう?

実際のところ、必要だと考える女性と、不要だと考える女性と、

さまざまなのです。

プロポーズに指輪はなくていいと考える女性の意見としては、

「一生ものだから、時間をかけて自分で選びたい」

「普段着けることがないから、他のものがいい」

「指輪代を新婚旅行代や新生活にまわしたい」

などなど、実に堅実で合理的な考えが並びます。

ではプロポーズに指輪はなくてもいいのかというと、

そうではなさそうです。

プロポーズで指輪なしはがっかりどころではなく、婚約破棄レベルだぞまじで。

プロポーズは一生に一度の大切な瞬間で、

婚約指輪も一生に一度の大切な贈り物です。

それを重視する女性はやはり多いと考えるほうが妥当でしょう。

お二人にとって一生に一度の大切なことですから、

疎かにしたくないですよね。

女性がプロポーズでの婚約指輪を重視する理由をまとめてみました。

一生に一度の贈り物

婚約指輪はお二人の婚約の証です。

生涯をともにすると誓い、永遠の愛を表すものなのです。

長い一生の間で、この時にしか贈ることができないものという

特別感がありますよね。

女性が幼いころから抱いていた憧れも大きいのです。

記念のもの

婚約指輪は、結納や両家の顔合わせでお披露目することが多いようです。

婚約の証ですから、やはり形として必要であるという考えですね。

たとえ当人同士がいらないと結論を出したとしても、

土地や年代によって結婚に対する考えはさまざまなので、

ご両親の意向をくむ必要が出てくることもあります。

婚約中であるアピール

「わたしにはパートナーがいて、これから結婚します」

というアピールをする大事なアイテムでもあります。

独身女性からは羨望のまなざしを向けられるものなのです。

男性の「生涯彼女を守りぬく」という

決意の表れでもありますよね。

指輪なしのプロポーズが急増中? 指輪なしのプロポーズされた人の割合は?

最近、婚約指輪なしでプロポーズをするというカップルが増加したと言われています。

そして、「指輪をもらえなくても、別に気にしない」という女性も少なくないようです。

時代と共に、プロポーズの形や、カップルの考え方が変わってきたのでしょうか。

そこで、「プロポーズで指輪なし」というカップルの割合について調査しました。

更に、指輪なしのプロポーズが増えている理由についても触れていきます。

プロポーズで指輪なしというカップルの割合とは

「プロポーズで指輪なし」というカップルはどれくらいいるのでしょうか。

最近は、約3割の男性が、婚約指輪を彼女にプレゼントしていないようです。

ひと昔前は、「指輪をプレゼントして、彼女にプロポーズ」
という形が一般的でした。

そのため、「婚約指輪を彼女にプレゼントしない」という男性は
ごくごく少数だったわけです。

昔は、よほどの事情がない限り、婚約指輪はプロポーズの必需品だったのですね。

これが現代に入ると、「3割のカップルが婚約指輪なし」
に変わってしまったのです。

ちなみに、「婚約指輪なし」という3割の人たちの大半には
実は後日談があります。

「婚約をしてから、記念品として、指輪を一緒に買いに行く」というカップルもいます。

男性が一方的に指輪を選ぶのではなく、「本当に欲しい指輪を彼女に買ってあげたい」
という愛情ですね。

このようなケースは、事前に婚約指輪を買わないカップル中
6割が当てはまると言われています。

なので、「事前に買わなくても、最終的には指輪を買う」という人が多いと言えますね。

又、指輪の代わりに、他のプレゼントをする男性も多いようですよ。

例えば、ちょっと奮発した旅行や食事を
プレゼントする男性もいます。

贅沢な時間を2人で過ごし、婚約の日を
忘れられない思い出に…と考えているのですね。

指輪なしのプロポーズが増えている理由とは

では次に、指輪なしのプロポーズが増えている理由について見ていきましょう。

まず、「わざわざ婚約指輪を買うお金がもったいない」という理由です。

婚約指輪をはめる期間は、結婚して結婚指輪をはめるまでのわずかな期間です。

そのため、「わずかな期間のための指輪を買うのはもったいない」
と考えてしまうのです。

又、最近は、経済的に厳しい状態の中で暮らしている男性も少なくありません。

そして、そのことに対して「現実問題だから、仕方がない」
と理解を示す女性も増えてきました。

「無駄な物は買わない」という発想の人が多くなってきているのかもしれませんね。

又、お金に関係なく「短期間しかはめないものだから、買わない
という人もいます。

元々の性格が「無駄なものを好まない」という男性の場合
ありがちがちなケースです。

女性にとっては、短期間しかはめなくても、婚約指輪は「一生の記念品」です。

ところが、男性側にはその感覚がないので
婚約指輪を無駄なものと考えてしまうのです。

このような感覚の違いも、指輪なしのプロポーズが増えている理由の1つです。

次に挙げられる理由は、「彼女の指輪の好みがわからないから」というものです。

せっかく婚約指輪を買うなら、彼女に喜んでもらいたいというのが
男性の思いです。

男性が買ってきた婚約指輪と、女性の趣味が全く違うということもありますよね。

このことを気にして、「婚約を告げる前には、指輪は買わない」
という男性が増えているのです。

ただ、この場合、婚約成立後に、彼女と一緒に指輪を買いに行くケースが多いようです。

好きな指輪を彼女に自分で選んでもらって
喜んでもらいたいという気持ちの表れですね。

プロポーズで指輪なしと思わせてからの、まさかのサプライズ演出!

最近の婚約指輪事情についておわかりになられたでしょうか。

彼女のために、婚約指輪を贈ろうと決意された方も

いらっしゃるかもしれませんね。

プロポーズで婚約指輪をもらえると本当に嬉しいものです。

さらっと渡すのもスマートでかっこいいのですが、

せっかくですからサプライズ演出を考えてみましょう。

付き合い始めた記念日に渡す

お二人が付き合い始めた記念日は、きっと一緒に過ごされますよね。

いつも通りの記念日のように過ごし、ふとした瞬間に渡しましょう。

彼女に予感させず、さらりと渡せるとよいですね。

彼女の誕生日プレゼントにしのばせる

彼女の誕生日プレゼントに、こっそりしのばせるサプライズです。

プレゼントの片隅にこっそり、がポイントです。

見つけたときの彼女の驚く顔が見たいと思いませんか?

レストランのサービスを利用する

レストランではサプライズ演出のお手伝いをしてくれるところも

ありますので、そういったサービスを利用するのも手です。

事前にお店の方と入念に打ち合わせをしましょう。

なんでもない日に渡す

彼女に予感させないために、前もって会う日を決めず、

突然呼び出して渡せるとよいですね。

何も期待していないときに渡されると喜びもひとしおです。

テーマパークで盛り上がったときに

テーマパークのパレードなどを見て、ワクワクドキドキしているとき、

誰しも気持ちが高ぶっていますよね。

そんな幸せな気持ちのときに渡されると、嬉しさも倍増です。

おわりに

いかがでしたか?

プロポーズに指輪がなくてもいいという女性も少なからず存在しますが、

やはり婚約の証として贈られたいというのが大半でしょう。

一生に一度の大切なプロポーズを、ぜひとも成功させてくださいね。

【追記 2018.5.16】

上に書いた記事が多くの方に共感されたようで
私も婚約指輪がなかったんです」という声が寄せられました。

そこで、こちらで追記という形でご紹介させていただきます!

声から見えたのは、女性の多くは、「プロポーズされるなら、絶対に指輪が必要」
と思っていること。

でも残念ながら、全ての男性が、女性と同じ考えとは限りません。

そのため、指輪を用意せずにプロポーズし、女性をがっかりさせる
男性も多いようです。

そこで、指輪なしでプロポーズされた女性たちの
本音に迫ってみたいと思います。

指輪なしのプロポーズでがっかりした人の体験談

まずは、「ドラマのようなプロポーズに憧れていた」という女性のケースです。

この女性は、「美しい夜景が見える場所で、サプライズ的に婚約指輪をもらう」
というのが夢だったようです。

やはり女性は、ドラマのような夢の世界に憧れており
その感動を味わいたいのです。

でも、実際は婚約指輪をもらえないまま
結婚へと流れていきました。

この時の不満を、今だに相手に言い出せず、モヤモヤした気持ちが残っているようです。

次は、「指輪の代わりに違うプレゼントをもらった
という女性のケースです。

この女性も、「婚約指輪が欲しかったのにもらえなかった」
という人の1人でした。

ところが婚約者は、「婚約の思い出に」と
2人きりの旅行を計画していたのです。

もちろん、「彼からのプレゼント」という形なので
費用は全て彼持ちでした。

指輪よりも、2人の思い出を作る
という彼の愛情に、彼女も大いに感動したようです。

そのため、指輪などなくても、2人の絆を深める
素敵な時間を過ごせたそうですよ。

2つのケースの体験談を見ていきましたが
本当に大切なのは、愛情と誠意です。

婚約指輪は、「結婚に対する、男性の覚悟の印」
とも言えるものです。

そのため、これをもらえないと、女性もこれから先が不安になりますよね。

でも、指輪をくれなくても、結婚に対して誠意と覚悟を
持っている男性は多いものです。

なので、少しがっかりしますが、女性側も
それを理解してあげる必要がありますね。

プロポーズで指輪なしでがっかり・・・。婚約指輪ってやっぱり大事だよ

もちろん、「プロポーズに絶対指輪がなくてはいけない」という決まりはありません。

でも女性は、「プロポーズ=指輪」というイメージを強く持っている人が多いようです。

そのため、プロポーズに指輪がないと
婚約の実感がわかなくなってしまいます。

又、指輪がないと、女性が持っているイメージや憧れを
壊すことになってしまいますね。

その結果、「結婚に希望を抱けなくなってしまった」
という女性も少なくないようです。

実際に、そのことで婚約者と心の距離ができ
ぎくしゃくしてしまうという例もあります。

男性は基本的に、婚約指輪を身に着けないので
「たかが指輪」と思ってしまうようです。

でも、婚約指輪は女性にとって大きな意味を持つものです。

婚約指輪は、未来の結婚生活に対するワクワク感や
婚約者の愛情を感じるための大切なものです。

その思いを男性が理解してあげないと
後々しこりが残ってしまうこともあります。

婚約指輪に対する女性の気持ちは、とても繊細なのですね。

とは言え、現実を生きる社会人である以上
人それぞれ事情があります。

やむを得ない事情で、彼女に婚約指輪を買ってあげられないという男性もいます。

でも、このような時は、誠心誠意、彼女にお詫びの気持ちと
愛情を伝えなくてはなりませんね。

恥ずかしがらずに腹を割って、なぜ買ってあげられないのか
説明する必要があります。

そして女性側も、そんな彼氏の事情や
説明してくれた誠意をきちんと理解しましょう。

婚約指輪は確かに大事なものですが
それ以上に大事なものは、愛情と誠意ですよ。

まとめ

多くの女性は、婚約する際、婚約指輪をもらえることに
大きな夢を抱いています。

又、婚約指輪は、男性が示す「結婚への覚悟と誠意」です。

なので、婚約指輪をもらえないと、がっかりするだけでなく
彼への信頼も揺らぐことがあります。

とても繊細な女性心理ですが、本当に大切なのは指輪ではありません

彼から、結婚への覚悟や誠意が見られるなら
その気持ちを受け止めることの方が大切です。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク