鼻ニキビの原因とは?何かの内臓の病気が原因!?

スポンサードリンク






突然できた鼻のニキビ。

気になるものですよね。

気になるからつい触ってしまう。

鼻のニキビは目立ちますし、

自分でも気になります。

できればニキビはできる前に予防措置をとっておきたいものです。

放置しておいて自然に治るならよいのですが、

頻繁にニキビが出る場合は要注意です。

内臓に何か問題があるかもしれないからです。

鼻のニキビの原因を知って予防につとめましょう。

鼻ニキビができる原因は?男性に多いのはなぜ?

顔の中で最も皮脂の分泌量が多いのはどこでしょうか?

それは鼻です

この皮脂の分泌が過剰だとニキビは発生します。

特に鼻の表面の皮脂腺は深いです。

それに加えて数も多いので最もニキビが出やすい場所なのです。

皮脂が分泌されても、

出て行く穴が開いていれば問題はないのですが、

ふさがっている時が問題です。

外に出られなくなった皮脂がニキビとなってしまうのです。

防止するには、まず洗顔です

洗顔石鹸の使用がニキビ防止には効果があります。

鼻のニキビは女性よりも男性にできやすいのですが、これは男性ホルモンの影響です。

特に男性ホルモンのアンドロゲンが皮脂の分泌量に関係しています。

もちろん男女ともに、アンドロゲンは体内にあります。

ただ、女性の場合は体内でアンドロゲンがエストロゲンという女性ホルモンに変換されるので、アンドロゲンの影響は少ないのです。

鼻ニキビの原因は内臓の病気のサイン

鼻にできるニキビといっても、

場所によっていくつかに分けられます。

大きくわけると、鼻の上にできるニキビと鼻の下にできるニキビです。

鼻の上のニキビは皮脂の過剰分泌が原因ですが、鼻の下のニキビは内臓機能の不調によるニキビと言われています。

暴飲暴食や過度の飲酒により胃腸や肝臓がダメージを受けていることも考えられます。

また睡眠不足や精神的ストレスの影響も考えられるので、

生活習慣全般にわたってチェックしてみる必要があります。

まとめ

思春期にできるニキビと違って、

大人のニキビは繰り返しできたりするので、

やっかいです。

特に鼻にできたニキビは気になるのでついつい触ってしまいがちですが、触って治るものではありません。

触ると逆に悪化させてしまうことがあります。

鼻にニキビができたら皮膚科を早急に受診すべきです。

処置が早ければ跡が残らずに治療できます。

逆に悪化させてしまうと、

治っても跡が残ってしまうことがあります。

日頃からニキビの予防につとめることが最も有効な治療法なのです。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク