アゼライン酸とは。酒さや顔の湿疹に悩んでいる人は絶対にチェック!

スポンサードリンク






酒さや顔の湿疹について調べていると目にする「アゼライン酸」

どうやら効果があるらしいのですが、どんなものなのでしょうか?

アゼライン酸は欧米では数十年も前から

ニキビの治療薬として使われています。

日本では医薬品として承認されておらず、

化粧品の扱いになっています。

薬として使用したい場合は

個人輸入するほかに手がないとのことです。

本当にそんなに効くのでしょうか?

世に出回っているアゼライン酸入りの

クリームにはどんなものがあるのでしょうか?

今回は顔湿疹に効くと評判の

「アゼライン酸」について調べてみましょう。

アゼライン酸は酒さにすごく効果があるって本当?

アゼライン酸とはどういうものなのでしょうか?

アゼライン酸は穀物や酵母に含まれている

物質で我々も日常的に摂取しています。

別名「飽和ジカルボン酸」とも呼ばれます。

アゼライン酸には以下の5つの効能があります。

1.毛穴のつまりを改善する。

2.皮脂の分泌を抑える。

3.抗菌作用によりニキビ菌を殺菌。

4.抗酸化による炎症の改善。

5.メラニン生成の抑制。

これらの効能によって、ニキビや顔湿疹を改善するのです。

アゼライン酸については大体わかってきました。

それでは、「酒さ」とは何でしょうか?

「酒さ」は別名「酒焼け」とも言われていて、

顔の赤み、吹き出物などが特徴です。

見た目はニキビにも似ていて、「大人のニキビ」とも言われます。

しかし、ニキビとは異なる疾患です。

詳細な原因は不明と言われていますが、

女性に多い疾患とも言われています。

初期の症状は日焼けやアレルギーに似ているため、

「酒さ」と気が付かない人も多いです。

この「酒さ」にアゼライン酸が効くらしいのです。

「酒さ」の症状はニキビと似ていて発疹と皮膚の赤みです。

アゼライン酸には毛穴のつまり改善効果や

皮脂の除去効果があります。

また、炎症を抑える効果もありますので、

「酒さ」の改善に良いのです。

アゼライン酸には「酒さ」の原因タンパク

「カリクレイン5」を抑える効果もあります。

唯一の欠点は効果に即効性がなく、

効き目が緩やかということです。

医薬品として認可されていなく、

副作用も低いことを考えるとそれもうなずけます。

しかし、即効性を求める場合にはもう少し

強い医薬品を用いるのが良いでしょう。

アゼライン酸クリームの決定版はこれ!

アゼライン酸は日本では医薬品として

承認されていないので、病院で入手できません。

アゼライン酸が含まれる化粧用のクリームが販売されています。

ただ、多くは含有量が5%未満で、

外国の医薬品の20%に比べるとかなり低く感じます。

でも、その分マイルドに効いて

刺激が少ないと考えれば良いかもしれません。

日本で使用可能なアゼライン酸配合の

クリームの中で最強はDRX AZAクリアでしょう。

これはロート製薬の製品ですが、クリニック限定品のようです。

価格は15グラム入りのチューブで定価1,800円となっています。

アゼライン酸を数%含んでいて、

簡単に購入できるものもあります。

まずは、ETVOSから通信販売しているバランシングVCクリアジェル

アゼライン酸3%に安定型ビタミンC誘導体2%を含有しています。

こちらは20gで2,000円になります。

他にはMediuseからAZセラムという製品も出ています。

ウェブサイトでは同じ会社のACNELクリアローションを

前面に押し出していて、こちらにアゼライン酸が

入っているかのように思いますが、違いました。

ウェブサイトの情報ではアゼライン酸の

含有量までは書いてありませんでした。

AZセラムは20mL入りボトル1本で4,400円と紹介されています。

また、ドクターリセラからも

ナチュリスティーシリーズとして複数販売されています。

ソープやローションがあり、アゼライン酸配合をうたっています。

こちらはアマゾンや楽天などで購入可能で、

80mLのローションが3,000円程度です。

これらの製品はアゼライン酸の含有量が

低いため即効性は期待できません。

でも、その分マイルドなので、日々の

生活の中で長く使い続けることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

顔の湿疹「酒さ」はひどくなると外に

出るのも嫌になるくらい深刻な悩みです。

化粧で目立たなくしても、その化粧品が

症状を悪化させてしまうこともあります。

今、巷で注目のアゼライン酸を試してみたらいかがでしょうか?

効果に個人差はありますが、あなたの肌に合うかもしれません。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク