ラベンダーアッシュってどんな色?2017年最新のモテ髪スタイルとは

スポンサードリンク






この2017年、最新モテヘアスタイルとして女性を中心に注目されている

「ラベンダーアッシュ」

髪のツヤはそのままに、光が通るとほんのりピンクに輝く上品さがウリで、急激に人気が高まっています。

今回はそんなラベンダーアッシュについて、その魅力、ブリーチ無しでする場合の利点を中心にご紹介したいと思います。

ラベンダーアッシュ!ブリーチなしでお好みの色にしちゃおう。

ダークカラーの上品さがどんな髪型にも似合うと評判のラベンダーアッシュは、髪質によりブリーチ無しでもその効果を発揮します。

ブリーチ無しのメリット

ブリーチしない事による最大のメリットは、何と言っても髪を傷めないこと。

髪の毛のタンパク質を抜いてしまうブリーチは髪の毛のハリ・コシを無くす(パーマの効果も落ちる)他、濡れると乾きにくくなりドライヤーに時間がかかるようになります。

もう1つの大きなメリットは、色持ちが長いこと。ブリーチ有りと無しでは、色を入れて退色するまでの期間が倍以上も違います。髪質にもよりますが、色持ちはだいたい

ブリーチ有り:2週間ほど

ブリーチ無し:1~2カ月

くらいのようです。

ブリーチ有りとの違い

ブリーチしない場合はやはり、より暗めの色となります。ダークカラーで、オシャレをしつつ上品・清楚さを保つことができるのです。

しかし、髪質によってはあまり色が変わらず、明るい場所ではほんのりピンクになるものの、暗い場所ではあんまり違いが分からず黒髪に見える…なんて事が起きてしまう事があります。

ブリーチ無しでラベンダーアッシュを行いたい場合は、一度美容師さんに相談してみる事をオススメします。

またブリーチ無しでの髪型としては、もう少し明るさを出したい場合、髪の毛の量を減らし、パーマをかける・カールさせるのがオススメです。

前述の通りブリーチをかけていては少し難しいパーマも、ブリーチ無しでは簡単になるという利点を活かし、ゆるふわ系に仕上げてみてはいかがでしょうか。

また色抜け後にも違いがみられます。

日本人はもともと人種として、髪の毛に赤みが含まれています

ブリーチを行わない場合、色抜け後はこの赤みが現れてくるため、赤混じりの明るいブラウンになります。

ちなみにブリーチ有りの場合は色抜け後も赤みが現れず、しっとりとしたミルクティ系の色になるようです。

ラベンダーアッシュの髪の色はどんな風にみられるの?

暗めの落ち着いた色合いにほんのりピンク。

ラベンダーアッシュのこういった色は、やはり上品さ・清楚さがあり大人な印象を受けます。

しかし明るさと共に見える淡いピンクで女の子らしさ・優しさが出るのでカタい印象は無く、正にオトナの気品×女の子らしさのハイブリッド効果。更に髪のツヤも失わないため健康的な印象も受け、男性ウケ間違い無しです!

いかがでしたでしょうか?

一度のカラーで沢山の効果があり、更にブリーチ無しで髪も傷まない「ラベンダーアッシュ」。

最新のモテ髪スタイルで、この夏を思いっきり楽しみましょう!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク