獣肉って実はすごく美味しい!?噂のジビエ料理って!?

スポンサードリンク






ジビエ料理はフランス料理での用語で「狩猟肉」

要するに鹿や猪、野生の鳥や肉を使う料理のことを言います。

人とは違うグルメを体験したいあなたには

是非そのジビエ料理がおすすめです。

実は美味しくてヘルシーなんです。

食用に育てられている肉より栄養価が高い。

野生の肉のイメージは癖があり匂が苦手で、

あまり良くないかもしれませんが、

魚でいえば養殖ではなく、天然物みたいなもの

ジビエ料理の肉は、きちんと血抜き処理と調理を行うことで

とても美味しく食べられるんです。

隠れ家でまったりジビエが堪能できる!ジビエ料理アンザイ

ジビエ料理専門のダイニング

各回1組のみのプライベート感のある空間で、

こだわりの料理を堪能できるお店です。

店主や他の猟師が仕留めた野生の猪を主に扱っていて

メイン料理は『猪鍋』です。

他の猪鍋を扱うお店は味噌ベース味が多いのですが、

ジビエ料理アンザイではスキヤキ風の醤油ベースを楽しめます。

▼〒161-0033 東京都新宿区 下落合3丁目1−1

▼TEL:090-3305-6595

http://gibier-anzai.com/

自宅で食べる!ジビエレシピ2選

なんとジビエ料理が家で簡単に作れてしまいます。

肉好き女子だけでなく、ご家庭でもぜひ召し上がってほしいジビエ料理。

夜ご飯のメインでも良いし、お酒のお供にも良いし、

幅広い場面で楽しめます。

ジビエ!高タンパク低カロリー鹿ヒレソテー

材料 (2人前)

鹿肉ヒレスライス     400g

にんにく         2片

  • 新玉ねぎすりおろし    1/4
  • にんにくすりおろし   少量
  • みりん        大さじ1
  • ごま油        大さじ1
  • コチュジャン     小さじ1/2
  • 味噌         小さじ1/2
  • ハチミツ       小さじ1
  • いりごま       大さじ1

サラダ油        大さじ1

1. ★を合わせてレンジで10秒加熱しタレを作り、

鹿肉は常温しておきます。

2. 鹿肉をまな板に乗せてミートハンマーで軽く叩きます。

3. フライパンにココナッツオイルを入れ

弱火でにんにくのスライスをきつね色になるまで炒め

にんにくチップを作ります。

4. にんにくチップを別容器に移し、

2を両面をこんがり焼いてお皿に盛りつけ、

タレを掛けにんにくチップを添えて完成。

猪いんげん巻

材 料(2人分)

猪肉        6枚

いんげん      6本

生姜        2片

水       200cc

日本酒      50cc

醤油      大さじ1.5

黒砂糖     小さじ2

1. 猪肉はスライスを使います。

いんげんはへたを切り落とし、3等分します。

いんげんをそれぞれ猪で巻き、爪楊枝で止めます。

鍋に水と酒、生姜を入れ、巻いたものを並べます。

2.  火にかけ、煮立ったら灰汁をとり、醤油、黒砂糖を加えます。
煮汁が1/3量になるまで煮、火を止めます。粗熱がとれたら完成。

少し値段が張ったり、手に入りにくかったり、

調理法が面倒だったりするジビエですが、

そのぶん栄養は満点で、脂肪が少なく引き締まり、いつものお肉料理とは違った楽しみ方できるのも魅力です。

まさに女性からすると”森からの贈り物”です。

こんなに魅力的だと思いませんでしたよね。

いまでは、ジビエレシピも数多くあります。

簡単に出来るので是非挑戦してみてください。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク