日々あんてなのライター募集中!

日々あんてなに記事を投稿してライターとして働きませんか?

日々あんてなは皆さんで記事を投稿して運営しているメディアサイトです。

下記のような記事を作成&投稿して頂けるライター様を募集しております。

ここでは弊社のWEBライター様に寄稿して頂きたいサンプル記事を提示します!

サンプル記事はこちら↓

獣肉って実はすごく美味しい!?噂のジビエ料理って!?

ジビエ料理はフランス料理での用語で「狩猟肉」

要するに鹿や猪、野生の鳥や肉を使う料理のことを言います。

人とは違うグルメを体験したいあなたには

是非そのジビエ料理がおすすめです。

実は美味しくてヘルシーなんです。

食用に育てられている肉より栄養価が高い。

野生の肉のイメージは癖があり匂が苦手で、

あまり良くないかもしれませんが、

魚でいえば養殖ではなく、天然物みたいなもの

ジビエ料理の肉は、きちんと血抜き処理と調理を行うことで

とても美味しく食べられるんです。

隠れ家でまったりジビエが堪能できる!ジビエ料理アンザイ

ジビエ料理専門のダイニング

各回1組のみのプライベート感のある空間で、

こだわりの料理を堪能できるお店です。

店主や他の猟師が仕留めた野生の猪を主に扱っていて

メイン料理は『猪鍋』です。

他の猪鍋を扱うお店は味噌ベース味が多いのですが、

ジビエ料理アンザイではスキヤキ風の醤油ベースを楽しめます。

▼〒161-0033 東京都新宿区 下落合3丁目1−1

▼TEL:090-3305-6595

http://gibier-anzai.com/

自宅で食べる!ジビエレシピ2選

なんとジビエ料理が家で簡単に作れてしまいます。

肉好き女子だけでなく、ご家庭でもぜひ召し上がってほしいジビエ料理。

夜ご飯のメインでも良いし、お酒のお供にも良いし、

幅広い場面で楽しめます。

ジビエ!高タンパク低カロリー鹿ヒレソテー

材料 (2人前)

鹿肉ヒレスライス     400g

にんにく         2片

  • 新玉ねぎすりおろし    1/4
  • にんにくすりおろし   少量
  • みりん        大さじ1
  • ごま油        大さじ1
  • コチュジャン     小さじ1/2
  • 味噌         小さじ1/2
  • ハチミツ       小さじ1
  • いりごま       大さじ1

サラダ油        大さじ1

1. ★を合わせてレンジで10秒加熱しタレを作り、

鹿肉は常温しておきます。

2. 鹿肉をまな板に乗せてミートハンマーで軽く叩きます。

3. フライパンにココナッツオイルを入れ

弱火でにんにくのスライスをきつね色になるまで炒め

にんにくチップを作ります。

4. にんにくチップを別容器に移し、

2を両面をこんがり焼いてお皿に盛りつけ、

タレを掛けにんにくチップを添えて完成。

猪いんげん巻

材 料(2人分)

猪肉        6枚

いんげん      6本

生姜        2片

水       200cc

日本酒      50cc

醤油      大さじ1.5

黒砂糖     小さじ2

1. 猪肉はスライスを使います。

いんげんはへたを切り落とし、3等分します。

いんげんをそれぞれ猪で巻き、爪楊枝で止めます。

鍋に水と酒、生姜を入れ、巻いたものを並べます。

2.  火にかけ、煮立ったら灰汁をとり、醤油、黒砂糖を加えます。
煮汁が1/3量になるまで煮、火を止めます。粗熱がとれたら完成。

少し値段が張ったり、手に入りにくかったり、

調理法が面倒だったりするジビエですが、

そのぶん栄養は満点で、脂肪が少なく引き締まり、いつものお肉料理とは違った楽しみ方できるのも魅力です。

まさに女性からすると”森からの贈り物”です。

こんなに魅力的だと思いませんでしたよね。

いまでは、ジビエレシピも数多くあります。

簡単に出来るので是非挑戦してみてください。

ライター募集中!

 

ライター募集!在宅で好きな時間に仕事ができるので主婦やフリーター歓迎

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

日々あんてなでは、ライターを随時募集中です。

当ブログまたは弊社運営サイトに記事を書いていただけるライターの方を常に募集しております。

弊社オフィスに出勤する必要はなく、完全在宅にてお好きな時間にお仕事をしていただくことが可能です!

日々あんてなでは、遠方のフリーランサー、子育て世代のスタッフが活躍中!

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

ライター未経験でもOK!

職歴や経験を活かしてWebライターとして高収入を稼ぐことも可能です。

スキルに応じて、1記事約300円から5,000円以上も。

当ブログ(日々あんてな)に投稿するための記事作成の他、弊社の別運営サイト用の記事の作成のお仕事です。

すべて自社案件のため、余分な業務も発生せず、記事作成に専念して頂けます。

専門性の高い記事を作成できるのであれば、専門ライターとしても独立も可能です!

日々あんてなのWebライターが長く続く4つのメリット

ライター未経験から、在籍1年で月10万以上稼ぐ方も。

簡単な記事から専門知識が必要な記事まで、多種多様なジャンルの案件がございます。そのため、ライター未経験から徐々に経験を積むことが可能。
在宅のみで月に10万円以上稼ぐ専業主婦の方もたくさんいらっしゃいます。

自社案件だから案件の確定から納品までが簡単!記事作成のみに専念できます。

クラウドソーシングサービスでお仕事を行う場合、案件検索や修正ルールの把握など、記事作成以外の業務が多くて案件数がこなせないのが難点。
SYNCの記事作成は自社案件のため、メールで直接来る内容に答えるだけの簡単受注。
修正ルールも一律で、修正率は1%以下だから、記事作成に集中でき収入UPを実現できます。

25日締め当月末払いで最低支払金額なし!

20日までに納品完了した案件は、当月末締めでお支払い。しかも、最低支払金額が無いので、仕事を始めればすぐに収入になります!

業界の資格や経験が活かせるライター方なら、専門性の高い高単価案件で独立も可能。

Webマーケティングにおいて、コンテンツ記事はますます重要視されてきています。 様々な業種において、専門性の高い記事が求められているため、資格や業務経験がある方であれば、高単価のお仕事を継続的にすることが可能です。

 

在籍Webライターの報酬の例

報酬などの条件は個別にご相談いただく必要がありますが、弊社でライターとして働いてい頂いている方の平均的な実績は下表となっております。

平均作業時間 1日1-2時間程度、週に2,3回程度
平均月収 数万円~
平均時給 個人の作業効率によります

 

依頼から納品までの流れ

1.案件依頼メールに対して返信

登録完了後、随時、案件メールが届きますので、納期日と数量等を返信ください。

2.正式発注

案件調整後、ご依頼数量と納期日の確定をさせていただきます。

3.納品・検品

メールにて納品後、こちらでコピーや盗作チェック等を行い、必要があれば修正依頼をいたします。(修正依頼は1%以下)

4.20日締め当月末払い

最低支払金額等はございません。20日までに検品を確認した案件は当月末にご指定の口座にお振込みします。

ご依頼案件の例

  • 地元のイベントや観光名所に関するWebメディアの記事|1記事x5セット | 1記事 300円(1,500文字x0.2円)
  • 薬剤師の求人に関するWebメディア記事(要資格)| 1記事×5セット | 1記事 3000円(2000文字×2円)
  • 通販に関するブログ記事| 5記事×10セット 1記事 300円(700文字×0.43円)
  • 脱毛サロンに関するWebメディア記事| 1記事×5セット 1記事 6000円(4000文字×1.5円)
  • サプリメントに関するブログ記事| 3記事×50セット 1記事 1000円(2000文字×0.5円)

 

日々あんてなライター募集

弊社のライターとして働くことに興味があるという方は、下記フォームよりお問い合わせください。

弊社で確認後、ご連絡を差し上げます。

下記登録フォームから応募して頂いた方は、弊社のWebライターとして、日々あんてなの他、弊社運営サイトに記事を作成していただきます。

弊社ではWebライター様の記事によって、メディアサイトを運営し収益化しております。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする