柏餅の葉っぱって食べる? 食べない? そもそも柏餅の葉っぱって何なの??

スポンサードリンク






柏餅の葉っぱは、「食べる派」と「食べない派」に、

ハッキリ分かれるようです。

でも、食べない派の人から見ると、

「食べても大丈夫だろうか」と心配になりますよね。

世の中には、「柏餅の葉っぱは体に良くない」という噂も出回っているので、

余計に心配です。

そこで、柏餅の葉っぱを食べて良いのか、悪いのかについてお話していきます。

又、柏餅の葉っぱが持つ意味などについても触れていきます。

 

 

柏餅の葉っぱを食べる? 食べない?

結論から言ってしまうと、柏餅の葉っぱは、

食べても問題はないようです。

柏の葉っぱには、体に有害な毒性はないと言われています。

なので、柏餅と一緒に食べても、

体を壊したりする心配はありません。

ただ、柏餅の葉っぱを見てみると、

しっかりした茎がありますよね。

この茎はかなり固いため、消化しづらいと言えます。

なので、柏餅を食べた時、固い茎に、

おいしい食感を邪魔されてしまいます。

又、柏餅の葉っぱは、葉っぱそのもの自体も、

割と固い部類に入ります。

例えば、桜餅の葉っぱなら、柔らかいので、

いっしょに食べても違和感はありませんよね。

でも、柏餅の葉っぱは固いので、

いっしょに食べると違和感が残ります。

これでは、せっかくおいしい柏餅を食べても、

ゆっくり味わえないかもしれません。

このことから考えると、

やはり、柏餅の葉っぱは食べない方が良いでしょう。

食べても問題はありませんが、

柏餅をおいしくいただきたい人は、葉っぱを外した方がいいですね。

又、消化が悪いので、

胃やお腹の調子が悪い人は食べないようにしましょう。

 

そもそも柏餅の葉っぱとは。裏表とかあるの?

では、柏餅には、なぜわざわざ葉っぱを付けるのでしょうか。

柏餅の葉っぱには、3つの意味があり、

1つ目は「縁起が良いから」というものです。

柏の木は、昔から「子孫繁栄の木」として大切にされてきました。

又、柏の木は、「神様が宿る神聖な木」であるとも言われています。

柏餅を食べる端午の節句は、男の子の健やかな成長を祝う日ですよね。

このような祝いの日にふさわしいと考えられ、

柏の葉で餅をくるむようになったと言われています。

2つ目は、「衛生管理と殺菌のため」です。

柏餅を手づかみで食べてしまうと、

餅に手の雑菌が付いてしまうので、不衛生ですよね。

そこで、柏の葉っぱで餅をくるむことで、

餅に雑菌が付くのを防いだことが始まりだと言われています。

又、柏の葉っぱには殺菌効果があり、

餅を傷まないようにする効果もあるそうですよ!

柏餅は、葉っぱが付いているからこそ、

安全に食べることができるのですね。

3つ目は、「香りを楽しみながら味わうため」です。

柏の葉っぱには、独特の良い香りがありますよね。

そのような葉っぱで餅をくるんで食べると、

香りを楽しみながら食べることができます。

なので、柏餅の葉っぱは、「食べるもの」ではなく、

「香りづけのもの」だと言えます。

ちなみに、柏餅の葉っぱは、

葉脈がクッキリしている方が表です。

この表の面が外側に向いている柏餅は、小豆餡の柏餅です。

逆に、裏の面が外側に向いている柏餅は、味噌餡の柏餅です。

これは、昔から、

和菓子屋さんのコミュニティ内では暗黙のルールだったようですよ!

これを知っておくと、

食べる柏餅の餡の味を選ぶ時にわかりやすいですね。

 

 

まとめ

柏餅の葉っぱは、食べても問題はありませんが、

できれば食べない方が良いでしょう。

茎や葉っぱそのものが固くて消化が悪く、

味もついていないからです。

でも、柏餅に葉っぱが付いているのには、

きちんとした意味がいくつもあります。

お祝いの意味や、衛生管理・殺菌の意味や、

香りづけの意味があったりします。

又、柏餅の葉っぱには裏表があり、

葉脈がハッキリ出ている側が表です。

そして、表の面が外側に向いているものが小豆餡、

裏の面が外側に向いているものが味噌餡です。

これは、日本の大半の和菓子屋さんで守られてきた、

昔からの共通ルールだそうです。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク