日々あんてなのライター募集中!

日々あんてなに記事を投稿してライターとして働きませんか?

日々あんてなは皆さんで記事を投稿して運営しているメディアサイトです。

下記のような記事を作成&投稿して頂けるライター様を募集しております。

ここでは弊社のWEBライター様に寄稿して頂きたいサンプル記事を提示します!

サンプル記事はこちら↓

小学8年生って一体なに!?どんな雑誌なのか、なぜ「8」年生なのか探ってみた

小学校は1年生から6年生まで、全部で6学年ですよね。

誰もが知っていることです。

小学8年生と聞くと、小学校を6年間卒業できずに、

プラス2年間で合計8年間通ったの?とか、

小学校の延長として、中学2年生のことを小学8年生と呼んでいるの?

などなど、様々な答えが帰ってきます。

小学8年生とは、2017年2月15日に第1号が創刊された新しい雑誌なのです。

出版社は小学館です。

子供向けの新しい雑誌として注目を集めています。

 

 

 

全学年向け!?小学8年生の雑誌の中身とは?

 

小学館が小学生向けの学習雑誌を最初に出版したのは1911年。

つまり、大正11年のことですから、もう百年以上前のことになります。

最初は小学5年生と6年生のみだったのですが、

1925年には1年生から6年生まで小学校全学年が、学年別に出版されていました。

ところが、2010年から2016年にかけて、

小学2年生から6年生までの5冊が休刊となり、小学校1年生が残りました。

そして小学2年生の増刊号として小学8年生が創刊されたのです。

休刊の原因としては、学習用を重視した

『進研ゼミ小学講座』の影響が大きかったのでしょう。

雑誌の編集方針の転換を余儀なくされたのです。

雑誌の中身ですが、学習重視というより学年を問わず楽しみながら

知性を身につけられる幅広い内容となっています。

創刊号には、アメリカ大統領選挙や北方領土問題など、

学年を問わず知っておくべき時事問題について書かれていたり、

当時の人気映画『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』

などの話題が載っていたりと、学年を区別して伝える必要がない話題が満載で、

大人も楽しめる内容となっています。

もちろん子供に人気のゲームや豪華な付録も付いています。

全体的に読み応えのある記事が多いす。

小学8年生はなぜ創刊されたのか。そもそも「8」にどんな意味が?

 

小学8年生の表紙を見ると、

「新感覚!全学年123456年生対応雑誌!!」という表記があり、

1から6までの数字がデジタル文字で印字されています。

これは7セグメントディスプレイと呼ばれる、電子表示器で使用されるものです。

電子表示器を良く見ると、

7個のセグメントと言われる棒状の表示部分があり、

その7個のセグメントの組み合わせで

0から9までの全ての数字を表すことができます。

そして、7個全てのセグメントを使用した数字が8です。

つまり7セグメントディスプレイの8は、

0から9までに使われている全てのセグメントが含まれているのです。

「小学8年生」の8の由来はデジタル数字にあったわけですが、

1年生を除く小学校全学年をまとめて一冊にするメリットは、

学年の枠を越えて楽しめるという点にあります。

小学校6年生が1年生向けの記事を読んでもいいですし、

逆に小学校1年生が6年生向けの記事を読んでもいいのです。

雑誌の中では学年別に記事が分かれているのではありませんが、

総合的な知育教育と言う観点から、

学年の枠にとらわれない非常に優れた発想であると言えます。

 

 

 

まとめ

 

小学8年生という奇抜なタイトルの雑誌ですが、

内容は誰が読んでも楽しめるものになっていて、

もちろん大人が読んでも十分楽しめる内容になっています。

学校の学習に特化した雑誌ではないぶん、扱っている内容は多岐にわたり、

まさにインターネット時代のニーズに対応している進んだ雑誌です。

ぜひ皆さんも手にとって読んで見ると良いでしょう。

思わぬ発見があるはずです。

子供に毎月買ってあげると喜ぶはずです。

ライター募集中!

 

ライター募集!在宅で好きな時間に仕事ができるので主婦やフリーター歓迎

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

日々あんてなでは、ライターを随時募集中です。

当ブログまたは弊社運営サイトに記事を書いていただけるライターの方を常に募集しております。

弊社オフィスに出勤する必要はなく、完全在宅にてお好きな時間にお仕事をしていただくことが可能です!

日々あんてなでは、遠方のフリーランサー、子育て世代のスタッフが活躍中!

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

ライター未経験でもOK!

職歴や経験を活かしてWebライターとして高収入を稼ぐことも可能です。

スキルに応じて、1記事約300円から5,000円以上も。

当ブログ(日々あんてな)に投稿するための記事作成の他、弊社の別運営サイト用の記事の作成のお仕事です。

すべて自社案件のため、余分な業務も発生せず、記事作成に専念して頂けます。

専門性の高い記事を作成できるのであれば、専門ライターとしても独立も可能です!

日々あんてなのWebライターが長く続く4つのメリット

ライター未経験から、在籍1年で月10万以上稼ぐ方も。

簡単な記事から専門知識が必要な記事まで、多種多様なジャンルの案件がございます。そのため、ライター未経験から徐々に経験を積むことが可能。
在宅のみで月に10万円以上稼ぐ専業主婦の方もたくさんいらっしゃいます。

自社案件だから案件の確定から納品までが簡単!記事作成のみに専念できます。

クラウドソーシングサービスでお仕事を行う場合、案件検索や修正ルールの把握など、記事作成以外の業務が多くて案件数がこなせないのが難点。
SYNCの記事作成は自社案件のため、メールで直接来る内容に答えるだけの簡単受注。
修正ルールも一律で、修正率は1%以下だから、記事作成に集中でき収入UPを実現できます。

25日締め当月末払いで最低支払金額なし!

20日までに納品完了した案件は、当月末締めでお支払い。しかも、最低支払金額が無いので、仕事を始めればすぐに収入になります!

業界の資格や経験が活かせるライター方なら、専門性の高い高単価案件で独立も可能。

Webマーケティングにおいて、コンテンツ記事はますます重要視されてきています。 様々な業種において、専門性の高い記事が求められているため、資格や業務経験がある方であれば、高単価のお仕事を継続的にすることが可能です。

 

在籍Webライターの報酬の例

報酬などの条件は個別にご相談いただく必要がありますが、弊社でライターとして働いてい頂いている方の平均的な実績は下表となっております。

平均作業時間 1日1-2時間程度、週に2,3回程度
平均月収 数万円~
平均時給 個人の作業効率によります

 

依頼から納品までの流れ

1.案件依頼メールに対して返信

登録完了後、随時、案件メールが届きますので、納期日と数量等を返信ください。

2.正式発注

案件調整後、ご依頼数量と納期日の確定をさせていただきます。

3.納品・検品

メールにて納品後、こちらでコピーや盗作チェック等を行い、必要があれば修正依頼をいたします。(修正依頼は1%以下)

4.20日締め当月末払い

最低支払金額等はございません。20日までに検品を確認した案件は当月末にご指定の口座にお振込みします。

ご依頼案件の例

  • 地元のイベントや観光名所に関するWebメディアの記事|1記事x5セット | 1記事 300円(1,500文字x0.2円)
  • 薬剤師の求人に関するWebメディア記事(要資格)| 1記事×5セット | 1記事 3000円(2000文字×2円)
  • 通販に関するブログ記事| 5記事×10セット 1記事 300円(700文字×0.43円)
  • 脱毛サロンに関するWebメディア記事| 1記事×5セット 1記事 6000円(4000文字×1.5円)
  • サプリメントに関するブログ記事| 3記事×50セット 1記事 1000円(2000文字×0.5円)

 

日々あんてなライター募集

弊社のライターとして働くことに興味があるという方は、下記フォームよりお問い合わせください。

弊社で確認後、ご連絡を差し上げます。

下記登録フォームから応募して頂いた方は、弊社のWebライターとして、日々あんてなの他、弊社運営サイトに記事を作成していただきます。

弊社ではWebライター様の記事によって、メディアサイトを運営し収益化しております。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする