寿司打が面白い!タイピングの練習を無料でするなら寿司打が超おすすめな理由とは

スポンサードリンク






タイピングがもっと速く、

正確に打てたらいいのに・・・

そうすれば・・・

仕事が迅速に効率よくこなせる→

残業もせず早く帰れる→

もっと好きなことが出来る→

しかも周囲からの評価アップ!!

なんて、想像してしまいます。

でも、思っているだけでは、実現しません

思い立ったら吉日!!行動あるのみ、です!

今日からでも、「夢のブラインドタッチ」に

近づけるチケットを手に出来ます!

「どうやって?」と思いましたね。

それは、ネットで「寿司打(スシダ)」と打ったら、

早速、タイピングゲーム「寿司打」を始めることです。

「寿司打」は、コースが

細やかに分けられていて、

まず「練習」が好きなだけ出来ます。

初心者でも全く臆することなく、

簡単に始められます。

実際のコースは、

「お手軽 3,000円コース」

「おすすめ 5,000円コース」

「高級  10,000円コース」

の3つから成り、さらにそれぞれが

「普通」

「正確重視」

「速度必須」

「一発勝負」の

4つのコースのすべてで選択できます。

「普通」以外は、ミスをしてしまうと、

続けられなくなってしまうこともあるので、

初心者にはハードルが高いです。

まずは、「普通」の、60秒で「2~7」の

文字数の「お手軽 3,000円コース」を

攻略することを

おススメします。

美味しそうな寿司ネタの絵とともに、

とても身近で、実戦の場で使いそうな言葉が

次々と出てきますよ。

そして、最後は、

制限時間内に打ち込んだ文字数などに従って、

食べれた皿の数、皿の値段

(100円~500円まで5種類あります)によって、

合計金額が算出され、

もし3,000円以上であれば「得」、

3,000円未満であれば「損」として、

その額も表示されます。

「得」をした場合は、

ランキング表示もされますので、

これが結構モチベーションアップ

つながります。

寿司打が出来ない?そんなときの設定確認方法とは

寿司打をしたくても、

動作しない等の理由でできないケースもあります。

でも、それなりの手を打つことで

可能になることもあるので諦めないで下さいね。

では、不具合が生じるケースの付いて、

具体的に見て行きましょう。

まず、「寿司打」の動作環境ですが、

WindowsとMacintoshのIEとNNのブラウザで

FlashPlayer 6以上で動作するとされていますので、

これ以外のOS、ブラウザではFlashPlayer が

入っていても動作しない可能性があります。

この場合は、根本的な問題になってしまうので、

PC環境を変えるか、使うPCそのものを

変えて頂くほかありません。

Mac で文字化けすることがありますが、

これは、OSの言語が英語になっているのが

原因ですので、

「日本語」に直してください。

また、入力が全て「Z」になる、

文字化けする場合は、OSのシステムロケールが

「日本語」意外に設定してある場合に起こりうるので、

コントロールパネルからシステムロケールを

「日本語」に変更してから始めてみて下さい。

文字が左上に出て入力できない場合は、

日本語入力モードになっているのが原因です。

「寿司打」をするときは、

必ず「半角英数字の直接入力」でプレイしましょう。

また、「寿司打」には、「入力禁止用語」があります。

もし、お使いのPCでゲーム中に、

一定の暴力的な言葉や卑猥な言葉などが

入力されたと認識された場合は、

「寿司打」のプレイが不可能になります。

寿司打のコツとは。攻略やチャートを使ってランキングに乗る方法

寿司打を上達するコツは、すなわち

タイピングが上達することに等しいわけですから、

「ひたすら練習する」しかありません!!(笑)

でも、どうせやるなら楽しみたいものです。

その方が断然上達も早くなりますから。

そのためのとても良い方法が、

『ランキング』での順位アップを狙うことです。

そのチョットとしたコツというか攻略法をお伝えしましょう。

まず高望みをしないこと。

いきなり、「高級コース」なんて狙ってはダメです。

「おすすめコース」もオ・ス・ス・メ・しません(笑)

「お手軽コース 3000円」で良いのです。

当然「普通」コースで。

ルールとして、3000円以上、食べて「得」をマークしないと、

「損」をしているうちはランキングには乗れません。

60秒という制限時間内に、

まず赤字にならないレベルを目指しましょう

ちなみに、「寿司打」のランキングデータは、

2週間で消えることになっています。

2018年2月10日の時点で、最下位の「5,593位」の人は、

「40円」の黒字。

タイプ数が165回、

平均タイプ2.7回/秒、ミスが「17回」となっています。

基本的に、順位がタイプ数で決まるようです。

このレベルだと、あまりミスの回数は、

気にしないで、それより、一文字でも多く

(当然正解でないといけないのですが)

打つことがポイントです。

打って変わって、1位のスコアを見てみましょう。

なんと「7,200円」

も得をしています。

タイプ数は、541回!!(凄い!!)

6.2回/秒(最下位の倍以上!)

ミス1回(驚異的!)

このレベルまで来ると、

逆にちょっとしたミスで順位が入れ替わります。

また、ミスが少なければ、

制限時間が延長されるシステムなので、

これも活かせると有効でしょう。

これは、凄すぎて論外ですが・・・

まず、最下位レベルの「40円」黒字を目指しましょう

何回もやってみると、同じ単語や言葉が何度も出てきて

だんだん頭の中で馴染みとなって、

打ち慣れてきますので、自ずと速くなります。

タイプ数は165回、2.7回/秒が目安です。

タイピングが早くなるポイントは、

「指をホームポジション」に置くこと。

(Fのキーに左人差し指、Jのキーの右人差し指など)

参照↓

http://happylilac.net/sy-keyboard03.html

キーを強くカタカタと大きな音を立てて

タイピングすると時間のロスが生まれます。

それより、あまり音を立てず、

指を滑らすようタイピングする方が断然早く打てます。

ランキング上位を目指そうと思えば、

キーボードを見ないで打つ

ブラインドタッチ(もどきでもいいので)を

目指すべきでしょう。

まとめ

きっと、始めた当初は、あまり記録も伸びず、

だんだん飽きてくることでしょう。

でも、本当の勝負はそこからです。

一日、10分でいいので、毎日続けて下さい。

きっと、あるときから、グンと成果が出だして、

楽しくなってくるはずです。

ひそかに練習して、

周囲の人をアッと驚かせちゃいましょう!

頑張りましょうね!!応援しています!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク