幼稚園教諭になるには!憧れの幼稚園の先生に確実になる方法まとめ

スポンサードリンク






小さいお子さんが好きで、子どもに関わる仕事がしたい人は

きっとたくさんいることと思います。

子どもの頃、自分の幼稚園の先生に憧れていたという人や、

自分のご両親がそういった仕事をしていて興味を持った人、

弟や妹のお世話をしていて楽しさを感じた人など、

きっかけはいろいろあるかと思いますが、

そういった方は幼稚園教諭や保育士を目指されるでしょう。

幼稚園教諭のなり方は知っていますか?

実は幼稚園教諭になるには、三種類の資格の取り方があります。

幼稚園教諭は幼稚園教諭免許状が必要で、これは国家資格です。

大学院修士課程修了程度の専修、

大学卒業程度の1種、短大卒業程度の2種の三種類です。

2種免許は、文部科学大臣指定の養成機関を

卒業することでも得ることができます。

このほか保育士としての実務経験が3年以上ある場合は、

教員資格認定試験に合格すると

幼稚園教諭の資格を得ることができます。

就職する際に給与などで差はあるかもしれませんが、

できる仕事に関してはこの三種類に違いはありません。

幼稚園教諭になるためには大学には絶対入らないとだめ?

さきほど挙げたとおり、幼稚園教諭になるために

必ずしも大学に入らないといけないことはありません。

私の周りには専門学校に通って資格を取った人が一番多いです。

大学卒業の1種でも短大や専門学校の2種でも、

できる業務の内容に違いはありませんので、

ご自分が通いやすいところを選ぶのが一番いいでしょう。

学費や交通面、学びたい内容など見比べてみて、

大学でなくても条件に合っている場所があるのであれば

短大でも専門学校でもいいと思います。

幼稚園教諭と保育士ならどっちがおすすめ?

子ども相手のお仕事は、幼稚園教諭の他に

保育士という仕事もありますよね。

実際子どもに接する仕事をしたいと思ったとき、

どちらにしようか悩む方も多いと思います。

同じ子ども相手の仕事ですが、違いはご存知でしょうか。

どちらがいいか決めるには、その違いも

知っておかないと比べられませんよね。

そこで今度は幼稚園教諭と保育士の違いを簡単に比べてみます

まず違うのはもちろん勤め先。

幼稚園教諭は文部科学省が管轄の、幼稚園

子どもの年齢は3歳から6歳の未就学児で、

標準保育時間は4時間です。

保育士は厚生労働省が管轄の、保育園に勤務

子どもの年齢は0歳から6歳の未就学児で、

親の就労や介護など保育に欠けることが条件。

標準保育時間は11時間です。

大きな違いは子どもの年齢と、保育時間でしょうか。

幼稚園でも延長や預かり保育などで

夕方まで預かってくれる場所もあるので、

一概には言えませんが、基本的に幼稚園のほうが

子どもに接する時間の短いところが多いようです。

仕事の内容に関しては務める保育園や幼稚園ごとで違いますので、

完全にここが違う!という明確なポイントはありません。

あとは勤め先の選択肢の違いでしょうか。

幼稚園教諭は基本的に幼稚園の勤務ですが、

保育士の資格だと乳児院・児童養護施設・

託児所など働き口が多くなっています。

働く場所に柔軟性があるのは、保育士ということになりますね。

そういったところを重視される方には

保育士のほうがいいのかもしれません。

ただ、どちらがいいかというのは個人個人で違うかと思います。

資格を取るのに通う学校によっては、

保育士も幼稚園教諭も取得できるところがあって、

そこでは幼稚園や保育園両方に

実習に行くことがあるかと思います。

そういった学校に通われる方は、

実際に行ってみてからどちらがいいか決めるのが

一番いいのかもしれませんね。

まとめ

幼稚園教諭についていろいろご紹介しました。

お子さんがいろいろなことを覚える時期に

関われる幼稚園教諭は、とても素敵な仕事だと思います

ぜひ自分に合った資格の取り方、

勤め先を見つけて、子どもたちに

憧れられるような素敵な先生になってくださいね。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク