ここまで進化したんです!今どきの薬辞典をご紹介!

スポンサードリンク






病気を治すためとはいえ、薬って少し怖い印象もありますよね。

特に、免疫力の低いご高齢の方や小さなお子さんは

色々な病気が重なる場合があり、

そのご家族は薬の飲み合わせについて不安になること

が多いのではないでしょうか。

薬には併用注意と併用禁忌があり、

特に併用禁忌に関しては基本的には

すぐに中止しなければいけません。

ちなみに併用注意とは読んで字のごとく、

飲み合わせ注意のこと。

併用禁忌とは飲み合わせ禁止という意味です。

そのため、「まぁ、大丈夫だろう」といったような素人判断で

薬を併用して服用することは非常に危険なのです。

しかし、あまりにも多岐に渡る薬については

医療従事者の方でも調べないと分からないことがあります。

そこで今回は一般の方含め、看護学生や看護師、

薬剤師など医療従事者の方にもおすすめしたい情報をお届けしたいと思います。

薬辞典が無料!?入手する方法とは?

 

今は、どんどん新薬が開発され世に出る時代です。

新薬が登場するたびに、辞典を買い換えていては金銭的に大変。

本屋さんで買おうものなら数千円から一万円以上はするでしょう。

医療従事者の方以外でも、薬辞典を買おうと本屋さんに足を運んでみたものの、

結局は価格が高くて諦めた、なんてこともあったのではないでしょうか。

一般の方は特に、普段から使うものではないからと買い渋ってしまいますよね。

しかし、最近はそんな高価な薬辞典を無料で、

かつ最新の情報で利用できるサービスがあるとのことで調べてみました。

・ハイパー薬辞典

 

インターネット上で利用できるサービスです。

お薬の名前や記号から検索することができ、

画面左側はインデックス形式になっていて、

実際のファイルのような見た目で視覚的に使いやすいと感じました。

ジェネリック医薬品や薬価の一覧も掲載されています。

・メディカルiタウン

こちらもインターネット上で利用できるサービスです。

ところで、皆さんはお薬のことを調べていると、

病院や薬局の情報も気になってきたりしませんか?

流石、そこは電話番号検索で有名なiタウンページの専門サイト。

メディカルiタウンであれば、病院検索や薬局検索にも素早く移れる、

かゆい所に手が届く便利サイトです。

・QLifeお薬検索

 

お薬の情報はもちろん、メディカルiタウン同様に

相談できる病院の検索もできます。

私が便利だなと思ったのは、性別・年齢別の病気検索

ができるところです。

冒頭で述べたように、ご高齢の方や小さなお子さんを持つご家庭には

大変便利な機能だと感じました。

ご高齢の方やお子さんが罹りやすい病気、

男性・女性で罹りやすい病気を学ぶ機会としても有効なサイトです。

薬をパパっと調べたい!どんな辞典アプリがおすすめ?

 

ただし、ブラウザを立ち上げてサイトにアクセスして

という作業は意外と面倒なもの。

最近は他のサービスでもアプリをスマートフォンに

入れてサクッと使いますよね。

お薬を調べる際も、アプリを利用してパパッと

調べることができるようになりました。

そんな中でも特にお勧めしたいアプリは

『ナースフルお薬辞典』です。

・ナースフルお薬辞典

 

仕事中の看護師さんが使うという触れ込みのアプリです。

もちろん、一般の方も使える無料アプリで、

iOS・Androidともに用意されています。

お薬のイメージ写真も載っているため、

お目当ての薬かどうかを視覚的に素早く確認できます。

また、サイトと違って履歴やお気に入り登録ができるので、

後で見返したい時も便利です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今は常に持ち歩くスマホで、いつでも細かい情報を

調べることが出来るようになりました。

早く薬を飲まなければならない状況のとき、

スマホで調べられるのは非常に有効です。

落ち着いて詳しく調べたい時はパソコンで検索、

緊急性や手軽さを重視する際はスマホで、という使い方をしてみてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク