日々あんてなのライター募集中!

日々あんてなに記事を投稿してライターとして働きませんか?

日々あんてなは皆さんで記事を投稿して運営しているメディアサイトです。

下記のような記事を作成&投稿して頂けるライター様を募集しております。

ここでは弊社のWEBライター様に寄稿して頂きたいサンプル記事を提示します!

サンプル記事はこちら↓

最近スマホの画面が見づらい、、、これってスマホ老眼!?対策はあるの?

電車に乗っていても、バスに乗っていても

スマホの画面から目が離せない人たちをたくさん見かけます。

混雑した車内ですから、かなり目に近づけてスマホを見ている人が多いようです。

スマートフォンは普通の書籍や新聞などと違って

発光していますから、目に対する負担はより大きなものです。

スマホから目が離せない人は圧倒的に若い人が多いので、

本来なら老眼にならないはずです。

老眼は近くにものに焦点が合わなくなる状態ですが、

スマホ老眼は近くのものには焦点が合うけれど、パッと遠くを見たときに

焦点が合うまでに時間がかかるといった症状として表れます。

近くのスマホを凝視し続けることで、

ピントの調整に関係する眼筋が弱くなってしまうことがあります。

その結果、近くのものを見ていて、すぐに遠くに視点を移しても、

焦点が合うのに時間がかかってしまうのです。

そして遠くのものから近くに視点を移動したときにも

焦点が合うまでに時間がかかってしまい、近くのものが見づらい、

つまり一時的な老眼症状が現れるのです。

スマホ老眼をアプリでチェックしよう

 

眼筋のピント調整力が弱ってしまった場合、

スマホの使用を控えることが解決策になりそうですが、

逆にスマホのアプリを使って目の運動をさせることで、

目のピント調整力をチェックして、その機能を高めることもできます。

「アイトレ3D」というアプリが大人気です。

有料アプリなのですが、ダウンロードして使っている人は増え続けています。

このアプリは視力検査モードを備えていますから、

眼筋トレーニングの成果も検査できるという優れものです。

眼筋と言っても色々な種類がありますが、

ピントの調整に関係している毛様体筋と呼ばれる目のレンズを支えている筋肉を

リラックスさせて、調整機能を向上させることを目的としています。

アプリの使用方法はいたって簡単です。

ただアプリの画面を見ているだけなのですが、

3D画像を使用しているために、

普段はあまり使わない筋肉を使うように作られています。

筋肉を使うと言っても疲れさせるのではなく、

筋肉を使ってほぐしてあげることで

本来のピント調整力の回復を促すように工夫されています。

スマホ老眼になったらメガネはかけるべき?

 

スマホの画面が目に悪いと言われる

原因の一つとして、画面から発せられるブルーライトが挙げられます。

スマホ老眼の兆候が現れ始めたら、

まずスマホのブルーライトをカットするメガネを使用して、

目に刺激を与えないようにしましょう。

またスマホの画面に有害なブルーライトをカットするフィルムを貼るのも有効です。

初期段階では、スマホの見つめすぎを控え、

目に適度な運動を与えることで、スマホ老眼は回復させることができます。

通常の老眼の症状がまだ出ていない年代で老眼鏡をかけても逆効果です。

かけるなら有害な光線をカットするためのメガネの使用をお勧めします。

まとめ

スマホなしでは生活ができないほど、

スマホは生活に溶け込んだツールになっています。

しかし、一方でスマホの見つめ過ぎによる視力の低下は、

体調自体の悪化にもつながる深刻な問題なのです。

特にスマホを1日に二時間以上見ている人は要注意です。

スマホアプリなどにより適度な運動を目に与えることも、効果は上がりますが、

根本的な原因はスマホの画面を長時間見続けることにあるのですから、

まずはそこから改善するように努めましょう。

ライター募集中!

 

ライター募集!在宅で好きな時間に仕事ができるので主婦やフリーター歓迎

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

日々あんてなでは、ライターを随時募集中です。

当ブログまたは弊社運営サイトに記事を書いていただけるライターの方を常に募集しております。

弊社オフィスに出勤する必要はなく、完全在宅にてお好きな時間にお仕事をしていただくことが可能です!

日々あんてなでは、遠方のフリーランサー、子育て世代のスタッフが活躍中!

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

ライター未経験でもOK!

職歴や経験を活かしてWebライターとして高収入を稼ぐことも可能です。

スキルに応じて、1記事約300円から5,000円以上も。

当ブログ(日々あんてな)に投稿するための記事作成の他、弊社の別運営サイト用の記事の作成のお仕事です。

すべて自社案件のため、余分な業務も発生せず、記事作成に専念して頂けます。

専門性の高い記事を作成できるのであれば、専門ライターとしても独立も可能です!

日々あんてなのWebライターが長く続く4つのメリット

ライター未経験から、在籍1年で月10万以上稼ぐ方も。

簡単な記事から専門知識が必要な記事まで、多種多様なジャンルの案件がございます。そのため、ライター未経験から徐々に経験を積むことが可能。
在宅のみで月に10万円以上稼ぐ専業主婦の方もたくさんいらっしゃいます。

自社案件だから案件の確定から納品までが簡単!記事作成のみに専念できます。

クラウドソーシングサービスでお仕事を行う場合、案件検索や修正ルールの把握など、記事作成以外の業務が多くて案件数がこなせないのが難点。
SYNCの記事作成は自社案件のため、メールで直接来る内容に答えるだけの簡単受注。
修正ルールも一律で、修正率は1%以下だから、記事作成に集中でき収入UPを実現できます。

25日締め当月末払いで最低支払金額なし!

20日までに納品完了した案件は、当月末締めでお支払い。しかも、最低支払金額が無いので、仕事を始めればすぐに収入になります!

業界の資格や経験が活かせるライター方なら、専門性の高い高単価案件で独立も可能。

Webマーケティングにおいて、コンテンツ記事はますます重要視されてきています。 様々な業種において、専門性の高い記事が求められているため、資格や業務経験がある方であれば、高単価のお仕事を継続的にすることが可能です。

 

在籍Webライターの報酬の例

報酬などの条件は個別にご相談いただく必要がありますが、弊社でライターとして働いてい頂いている方の平均的な実績は下表となっております。

平均作業時間 1日1-2時間程度、週に2,3回程度
平均月収 数万円~
平均時給 個人の作業効率によります

 

依頼から納品までの流れ

1.案件依頼メールに対して返信

登録完了後、随時、案件メールが届きますので、納期日と数量等を返信ください。

2.正式発注

案件調整後、ご依頼数量と納期日の確定をさせていただきます。

3.納品・検品

メールにて納品後、こちらでコピーや盗作チェック等を行い、必要があれば修正依頼をいたします。(修正依頼は1%以下)

4.20日締め当月末払い

最低支払金額等はございません。20日までに検品を確認した案件は当月末にご指定の口座にお振込みします。

ご依頼案件の例

  • 地元のイベントや観光名所に関するWebメディアの記事|1記事x5セット | 1記事 300円(1,500文字x0.2円)
  • 薬剤師の求人に関するWebメディア記事(要資格)| 1記事×5セット | 1記事 3000円(2000文字×2円)
  • 通販に関するブログ記事| 5記事×10セット 1記事 300円(700文字×0.43円)
  • 脱毛サロンに関するWebメディア記事| 1記事×5セット 1記事 6000円(4000文字×1.5円)
  • サプリメントに関するブログ記事| 3記事×50セット 1記事 1000円(2000文字×0.5円)

 

日々あんてなライター募集

弊社のライターとして働くことに興味があるという方は、下記フォームよりお問い合わせください。

弊社で確認後、ご連絡を差し上げます。

下記登録フォームから応募して頂いた方は、弊社のWebライターとして、日々あんてなの他、弊社運営サイトに記事を作成していただきます。

弊社ではWebライター様の記事によって、メディアサイトを運営し収益化しております。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする