スマートフォンサムとは?最近指が痛い原因はこれかも

スポンサードリンク






ほとんどの人が、スマートフォンを

お持ちだと思います。

本当に世の中、便利になりましたよね。

スマートフォンのおかげで、

外出中もネットで調べものができたり、

電車の中でゲームができたり、

すぐに友達と連絡を取れることができたりと、

携帯電話だけでは物足りなくなってきました。

いたるところで、スマートフォンを片手で

操作している人をよく見かけますが、

最近親指の辺りが痛くなったりしている人

いませんか?

手首の辺りがなぜか痛む、

痛みの原因が分からない、

なんて人いませんか?

それはもしかして、

“スマートフォンサム”

かもしれませんよ。

スマートフォンの親指操作が原因で、

手首辺りが痛くなることを

“スマートフォンサム”と呼ぶそうです。

そういえば友達も、手首の辺りが

なぜか痛いと言っていたけど、

これで痛みの原因が判明しました!

では、スマートフォンサムの

原因や対策をご紹介します。

スマートフォンサムの原因とは?どうして指が痛くなるの?

スマートフォン片手に親指で

操作している人が多いと思います。

私は苦手なんですよね、

スマートフォン片手で親指で操作するのが…

片手しか使えない時は、もちろん片手で

親指で操作するんですが、不器用なので、

親指で操作がなかなか難しいのです。

違う所を押したり、文字がうまく

打てなかったりと…それはさておき。

サムとは親指のことですので、

手首が痛い原因は、親指を使い過ぎている

ということ、つまり腱鞘炎なのです。

腱鞘炎っていうほど親指を使っていないけど…

と思いますが、スマートフォンだけでなく、

パソコンを使っていても出る症状らしいのです。

一種の現代病ですね。

手首が痛い原因が、スマートフォンサムかどうかを

見極める方法は、親指を内側に曲げて、

ほかの4本の指で包み込むように握り、

小指側に曲げてみてください。

もし手首に強い痛みが出れば、

スマートフォンサムの可能性があります。

手首が痛くて、マッサージのように

揉んだりしていませんか?

症状が悪化してしまうので、

手首を揉むのはやめておいた方がいいですね。

スマートフォン片手に親指で動かす動作は、

結構手首に負担がかかっているようです。

慣れている人は、なんてことない操作かも

しれませんが、私のような

慣れない手つきの人は、あの片手で

親指を動かす動作は、親指が痛くなるのが

分かるなと思ってしましました。

親指はもともと、物をつかんだり

するようにできているので、

あの片手操作は、身体に負担が

かかっているということなんですね。

まさか手首が痛い原因が、

スマートフォンの片手での親指操作とは

びっくりでしたが、次にスマートフォンサムの

対策をご紹介します。

これで安心!スマートフォンサム対策の決定版

スマートフォンサム対策として

どうしたらいいのかというと、

親指の操作をやめて、人差し指で

操作するということです。

つまり、左手でスマートフォンを持って、

右手の人差し指を使うということです。

なんだ…

私は正しい操作をしていたんだな、

不器用でよかったとつくづく

思ってしまいました。

パソコンなどの場合の対策方法は、

手首の下にタオルを丸めたものを置くと、

痛みが軽減します。

痛みの部分を揉まずに休めてあげましょう。

腱鞘炎と聞くと、手首を酷使する職業の人、

ピアニストや、美容師、

工場の労働者などに多い症状だと

思っていましたが、最近は若者などが

手首を痛めている人が多いのです。

スマートフォンの片手操作ぐらい…

と簡単に思わずに、

体に負担がかかっている操作なので、

痛みが出る場合は、親指を休めましょうね。

また、痛みがひどいときは

整形外科と受診するといいでしょう。

病院で受診する前に、

片手操作は少しお休みするといいですね。

まとめ

いかがでしたか?

手首が痛いのが、まさかスマートフォンの

片手の親指操作とは驚きでした。

電車など、立っている時ついつい片手で

スマートフォンを触ってしまいますよね。

慣れていたら、片手の方が早いし、

両手でスマートフォンを使うと、

電車の中だとつり革を持てずに危ないですしね。

でもあの片手の操作が親指の負担を

重くしていて、手首を痛める原因だと

分かれば、少し休めてみようと

思ったのではないでしょうか?

電車の中の暇つぶしに最適の

スマートフォンですが、少し手首を休めて、

読書などはどうでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク