喉が痛い!そのくらいなら病院に行かない、なんてのは甘い考え

スポンサードリンク






喉が痛いな、、、

でも病院に行くのは面倒だし、熱も出ていない。

のど飴でも舐めていてれば治るだろう。

そう考えているあなた!

それは甘い考えかもしれませんよ。

本当に一過性のものだと自分で判断できるのでしょうか?

喉が痛いと感じ始めた時は、

仕事を休むほど体調に影響はないことが大半を占めています。

でも症状が悪化してしまったら、

仕事にも影響がでてしまいます。

そうなってから、

病院に行っておけばよかったと思ってももう手遅れです。

治療より予防です。

早めの受診は深刻な病気の予防になるのです。

喉が痛いとき専門の病院ってあるの?それって何科?

病院に行くといっても、

どの病院にいっていいのか迷ってしまう人が多いようです。

喉が痛いのなら、まず耳鼻咽喉科を受診してください。

内科でも構いません。

症状を診察した結果、

口腔外科の受診を勧められることもありますし、

歯科の受診をすすめられることもあります。

意外ですが、眼科の受診となることもあります。

喉が痛いという症状の原因は多岐にわたっているからです。

喉が痛いのを放置して置いたら呼吸困難になってしまい、

救急車で搬送されたというケースもあります。

これは、急性喉頭蓋という病気ですが、

軽い風邪のような症状が一気に悪化して、

命を落とすこともあるという恐ろしい病気です。

喉が痛いという症状は、単なる乾燥が原因のこともある一方で、

破傷風の初期症状としても喉の痛みは生じることもあるのです。

自己診断は禁物です。

喉の痛みを甘くみてはいけません。

最初は何科を受診するのかあまり深刻に迷う必要はありません。

とりあえず病院に行って症状を伝えことです。

病院では何科を受診すればよいのかアドバイスしてくれます。

喉が痛いとき市販の薬でも大丈夫?病院の薬の方が良い理由とは?

喉の痛みに効く市販薬は各種販売されていますが、

症状や自分の体質に合っているかで効果の有無が決まります。

いままで同じような症状を経験したことがあり、

その時に市販薬で効果がみられたのならば、

同じ市販薬を購入してみるのも一つの方法です。

しかし、市販薬の場合は処方箋薬と比較して

有効成分の含有率が低く抑えられているので、

効果もそれなりに低いです。

病院に処方箋を貰いに行く時間がすぐにとれない場合もあります。

そんなときの一時的な応急処置として

市販薬を服用したほうがよいでしょう。

症状が似ていても、違う病気のこともあります。

市販薬は表面的な症状によって分類されているので、

根本的な症状の解決ができないことがあります。

まずは、市販薬よりも、診断を優先して考えてください。

まとめ

喉が痛いというと、

まず風邪の初期症状を思い浮かべる人が大部分です。

しかし喉は空気や食べ物の入り口であり、

常に様々な環境の変化の影響を受けています。

喉が痛い原因は風邪だけではないことを知り、

すみやかに病院を受診することを第一に考えるようにしましょう。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク