メガネの度数が上がって仕方がない…視力回復の方法ってないの?!

スポンサードリンク






視力が悪くてメガネをしている人や

コンタクトレンズを使っている人ってけっこういますよね。

お子さんの視力が心配というお母さんも多いと思います。

メガネやコンタクトを使っていれば普段の生活には不便はないかもしれませんが、

このまま度数が上がって悪くなってしまったらどうしよう

という不安もあるかもしれません。

視力は悪くなったら良くなることはないのでしょうか?

また、悪くならないようにする為に何か出来ることはあるのでしょうか?

視力回復の方法について調べてみました。

若い世代の視力回復方法~中学生ならまだ大丈夫!?~

現代の子供はゲームやテレビなどで視力が悪い子が多くなっています。

視力が悪くなると学校での授業に影響があったり、

大人になってからも不便な思いをしてしまうので

早いうちに対策をしておきたいものです。

まずは、生活習慣を見直してみましょう。

ゲームやテレビを長時間見続けていませんか?

部屋は暗すぎませんか?

姿勢にも気をつけましょう。

猫背にならないようにしましょう。

食事も栄養バランスが良いものが理想的です。

青魚、野菜、豆類などを食べるようにしましょう。

具体的な視力回復方法としては、

目の周りの筋肉の緊張をとるトレーニングがあります。

遠くをぼんやりと見たり、近くのものと遠くのものを交互にみたりします。

また、トレーニング用の教材や本も数多く販売しています。

小さい穴がある視力回復用のアイマスクも目の緊張を取る効果があるようです。

まずは、眼科に行って医師に相談してみましょう。

中学生以下の子供なら視力が回復する可能性もあるようです。

視力回復の方法は有る?!0.1以下は果たして手遅れなのか?

大人の視力は回復するのでしょうか?

また0.1以下の視力は回復する見込みはあるのでしょうか?

これは、人によるのでなんとも言えません。

自宅で目のトレーニングをして回復した人もいますし、

トレーニングでは効果を感じなかった人もいます。

大人も、子供と同じように普段の生活に気をつけて

目の緊張をやわらげたりして目をいたわってあげましょう。

時間があれば、遠くをみつめたり目を動かして筋肉を動かしてみましょう。

スマホの見すぎも要注意です!

また、温めたタオルで目の周りにのせるだけでも、

血行がよくなり目の疲れがとれます。

視力を回復したい人にはレーシック手術を行う方法もあります。

レーシック手術には向いてない人もいますので、まずは医師に相談してみましょう。

眼科でも視力回復に効果的なトレーニングを教えてくれます。

目を大切に!たまにはボーっとする時間を作りましょう。

目は毎日朝から寝るまで働きっぱなしです。

パソコンやスマホ、ゲームやテレビで毎日知らない間に疲れているはずです。

忙しい毎日ですが、たまには何もしないでボーっとして目も休めてあげましょう。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク