右胸が痛い!これって何かヤバい病気?症状と病気の可能性について調べてみた

スポンサードリンク






何もしていないけど右胸が痛い…

なんで痛くなるんだろう…。

もしかして何かの病気なんじゃないかなって、

心配になることってありますよね。

痛くなる理由が分からないと、

あれこれ調べて重大な病気かもしれないと思って、

不安になり眠れなくなってしまう…なんてことも。

みなさんは急に右胸が痛くなることってありませんか?

その症状と病気について、ご紹介したいと思います。

右胸が痛い時のチクチクした痛みってどんな症状なの?

運動してしばらくしてから、

筋肉痛胸がチクチクし始めたり

風邪を引いてこじらせてしまい、

咳や痰が止まらず肺炎になって

痛むこともあります。

消化器官その他の内臓の不調などで、

チクチクした痛みがでることがでることも。

その他、身体の病気のほかにも、

精神的にまいってしまい身体に症状が

出てしまうなんてこともあるんです。

右胸が痛いけど、何か病気の可能性ってある?

右胸が痛いけど、

これって何の病気なのかって

気になりますよね。

同じ右胸でも痛みの場所や状況によって、

さまざまな病気が考えられます。

筋肉痛… 筋肉痛ですと肋骨回りわき腹ズキズキした痛みが、

の場合ですとチクチクした痛みがでるのが特徴です。

骨折(ヒビ)…肋骨が折れている場合やヒビが入っていることがあります。

肺炎…胸の痛みに加え咳や痰、高熱が出るのが特徴です。

気胸…知らないうちに、肺に穴が空いて徐々に進行していき、

痛みで気づくという場合が多いです。

肺膜炎…胸膜炎症を起こしてしまっている状態。

胸の痛みはもちろん発熱背中がチクチクするのが特徴です。

胆のうの病気…胆石や胆のう炎の可能性があります。

ひどい場合ですと、胆のうがんなんてことも。

あまり痛みが感じにくいのですが、

右わき腹がチクチクすることがあります。

肋間神経痛…肋骨の神経が圧迫されてチクチクした痛みがでます。

リラックスしている時には痛みはでないですが、

ストレスが溜まった時や、

筋肉が凝った状態で身体を動かした時に痛みが出ます。

まとめ

筋肉痛や風邪など、

胸が痛くなる原因が分かっていれば

まだいいのですが、

何もしていないのに

右胸がチクチク痛みだすと、

もしかして重大な病気なんじゃないかと

心配になってしまいますよね。

ほっといたら治ってしまうなんてこともあるかと思いますが、

後から痛みが強くなる場合などもあります。

なんともない病気だったとしても安心できますし、

もしかしたら重大な病気の早期発見が出来るかもしれません。

痛くないから大丈夫と自己判断するのではなく、

少しでもおかしいなと思ったら

病院に行って診てもらいましょう。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク