日々あんてなのライター募集中!

日々あんてなに記事を投稿してライターとして働きませんか?

日々あんてなは皆さんで記事を投稿して運営しているメディアサイトです。

下記のような記事を作成&投稿して頂けるライター様を募集しております。

ここでは弊社のWEBライター様に寄稿して頂きたいサンプル記事を提示します!

サンプル記事はこちら↓

嗚咽が止まらない!これって死に至る病気の兆候?

普通に生活していて、

突然「おえっ」となる吐き気に襲われたことはありませんか?

実際なにか吐くわけじゃないのに、

「おえっ」となって胸の辺りに不快感がある……

ちなみに私は歯磨き中にたまになったりします。

周囲の人には「オジサンみたい」と言われますが……

何故か出てしまうんですよね、「おえっ」て。

ただこれがたまにではなく、

よくなってしまう、だと心配になりますよね。

吐き気ということは病気?

内臓がどこか悪いのかな?

そんな心配を解消するべく、

そんな「おえっ」となってしまう症状に関して調べてみました。

嗚咽が止まらないのは何が原因?

原因は色々あります。

単純に、体に入った異物を追い出そうとする

反射的な反応ということもあります。

歯ブラシの時になるのはこれが多いようです。

特に朝は胃が空っぽなせいで、

敏感になっているからだとか。

原因がこれだけなら、

あんまり心配はなさそうです。

あと女性の場合は、

つわりという可能性もあります。

色んな匂いに反応して「おえっ」となったり、むかむかしたり。

妊娠初期から、ひどい人だと後期になっても続きます。

明確な解決方法がない原因なので、これはつらいですよね。

他には喫煙が原因ということも。

タバコの中に含まれるニコチンなどの成分に、

「おえっ」となる作用があるそうです。

もし愛煙家の方で、よく吐き気に襲われるという方は

タバコを控えてみるのもいいかもしれません。

あとは暴飲暴食も原因のひとつ。

あんまり胃に負担をかけすぎると、

消化不良を起こしてしまったり、

それが原因で吐き気をもよおすこともあります。

やっぱり昔から言う腹八分目がいい、

というのは本当のようですね!

そして心配なのが病気の可能性。

流行性の病気……インフルエンザや、ノロウイルスなどにも

吐き気が伴うこともあります。

あとは逆流性食道炎

最近はテレビなどでも、この名前を聞いたことがあるかと思います。

その他に、肝臓や胃腸で不調なところがあると

やはり吐き気をもよおすことがあるそうです。

あんまりにも症状が続く場合は、

きちんと内科を受診した方がいいかもしれませんね。

嗚咽が止まらない原因はストレスも関係ある?

そして原因として意外と多いのが、ストレス

よくストレスで胃が痛い、

なんていう人を見たことがありませんか?

このストレスというのも、

実は胃に負担がかかります。

痛くなるほど症状がひどいと、

病院で何かしら症状が見つかるかもしれません。

ただ吐き気だけ、などの場合内科などで検査してみても、

原因が見つからないことも多くあります。

そんな時は、自分自身で振り返ってみて、

大きなストレスを抱えていないかゆっくり考えてみましょう。

できるかぎり、ストレスの原因を取り除くのも、症状改善に繋がります。

不規則な生活が続いているようであれば、

少しでも改善することも大事です。

たっぷり睡眠をとって、

心も体も休めましょう。

自分にあったストレス発散方法を見つけるのも、

いいかもしれませんね。

ちなみに私はカラオケで大きな声を出すとスッキリします!

スッキリする方法は人それぞれ。

そういったものを見つけるゆったりとした時間を作ることも、

大事なことなんでしょうね。

まとめ

もし「あれ?私、よくおえっとなるな」と気付くことがあったら、

一度ゆっくり考えてみてください。

もしかしたら、自分自身が発している何かのサインなのかもしれません。

心がしんどくなっているのか、

体がしんどくなっているのか、

それを振り返り、改善するきっかけに繋がるいい機会になると思います。

【追記 2018/5/16】

嗚咽について記事を書いたところ、「嗚咽が止まらない

という表現は間違いではないか?という声が当サイトに寄せられたました。

そこで、いろいろと調べてみたところ「嗚咽」とは

本来は「声を押し殺してむせび泣く」という意味なんだとか。

しかし、その意味を捉え違いしているために

使い方も間違えているという人も多いようです。

そこで、「嗚咽が止まらない」という表現について解説したいと思います!

「嗚咽が止まらない」って泣くという意味なの?

嗚咽という言葉は、「号泣」と混同されてしまうことが多いようです。

そのため、「涙が止まらない」という言葉を

「嗚咽が止まらない」と言ってしまう人もいます。

でも、「嗚咽が止まらない」という表現をすると、少し不自然に感じられます。

嗚咽は、「声を押し殺して泣いている最中、時折、声が漏れる」

というニュアンスの言葉です。

なので、「止まらない」という言葉と組み合わせるのは、

ちょっと不自然でしょう。

涙が止まらない状況ではあるので

つい「止まらない」と表現したくなるのかもしれません。

でも、「泣きながら、時折、かすかな声が漏れる」という状態を

「止まらない」とは表現しません。

従って、「嗚咽が止まらない」という表現は

日本語的にかなり不自然です。

でも、もしこれが「嗚咽」ではなく

「涙」であれば、話は別です。

「涙が止まらない」という表現は

よく使う表現ですし、不自然ではありませんよね。

なので、「嗚咽という状態がずっと続いている」といった場合

「涙」という言葉に置き換えてみるのが適切です。

つまり、「涙が止まらない中、時折かすかな声が漏れる

と表現すれば良いのです。

こう表現すれば、嗚咽という言葉が持つニュアンスを

全て盛り込むことができます。

少し面倒な言い回しになるかもしれませんが

こちらの方が自然な表現です。

どうしても、「嗚咽が止まらない」と

一言でシンプルに表現してしまいたくなる気持ちはよくわかります。

でも、日本語の表現としては、「嗚咽が止まらない」は、少し不自然ですね。

「嗚咽が止まらない」は本当は「嗚咽を漏らす」が正解だった?


「嗚咽が止まらない」という表現は不自然なので

「涙」を使った違う表現の方が自然です。

でも、どうしても「嗚咽」という

言葉を使いたい場合もありますよね。

そんな時の表現は、「嗚咽を漏らす」という表現が正解です。

先ほどもお話した通り、嗚咽は

「泣きながら、時折、かすかな声が漏れる」という泣き方です。

つまり、「声を出すつもりはないのに、泣きながら、つい声が漏れてしまった」

というものですね。

そのため、「漏らす」という言葉と組み合わせると

自然な表現になるのです。

使い方としては、「我慢できずに、かすかな嗚咽を漏らした

というような使い方をします。

又、「1人、背を向けて体を震わせながら、嗚咽を漏らす」

という表現もよくあります。

つまり、漏らすつもりはないのに、悲しみのあまり

つい漏れてしまうのが「嗚咽」です。

「声を出さないまま、感情だけが高ぶっている状態が、外に漏れてしまった」

ということです。

ちなみに、号泣した時に起きる「詰まるような喉の違和感」

は、嗚咽ではありません。

又、号泣した時に起きる「吐き気のような症状」

も、同じく、嗚咽ではありません。

嗚咽はあくまで、「泣いている時に漏れてしまう、かすかな声」のことです。

だからこそ、「嗚咽」という言葉には

「漏れる・漏らす」という言葉を組み合わせるのが自然なのですね。

まとめ


嗚咽とは、「泣きながら、時折、かすかに声が漏れる」

という症状です。

嗚咽という言葉では、涙よりも

「時折漏れてしまうかすかな声」が強調されていると言えます。

そのため、この言葉には、「漏れる・漏らす」

という言葉を組み合わせるのが自然です。

「嗚咽が止まらない」と使ってしまいがちですが

その表現は少し不自然です。

「止まらない」という言葉を使いたい場合は

「嗚咽」ではなく、「涙」を使います。

「涙が止まらない」と表現すれば

泣いている人の深い悲しみは十分伝わりますよ。

嗚咽に関する関連記事

嗚咽の原因とは。歯磨きや咳で吐き気が出てしまう理由とは?
歯磨きをしていると、たまに“おえーっ”って 吐き気に似た症状がありませんか? おじさんの歯磨きを見ていると、 “お...
ライター募集中!

 

ライター募集!在宅で好きな時間に仕事ができるので主婦やフリーター歓迎

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

日々あんてなでは、ライターを随時募集中です。

当ブログまたは弊社運営サイトに記事を書いていただけるライターの方を常に募集しております。

弊社オフィスに出勤する必要はなく、完全在宅にてお好きな時間にお仕事をしていただくことが可能です!

日々あんてなでは、遠方のフリーランサー、子育て世代のスタッフが活躍中!

サンプル記事はいかがでしたか?

日々あんてなでは、上記のような記事を作成して頂けるWebライターを随時募集しております。

日々あんてなは、日々の暮らしの中で気になること、知りたいことにアンテナを立てて、情報をどんどん発信していくメディアサイトです。

日々あんてなは、主婦や学生、フリーターの方、あるいは会社員をしながら副業としてWebライターとして働く方に記事を投稿して頂き、運営しています。

つまり、日々あんてなは、一般の読者様が参加型のWebメディアです!

ライター未経験でもOK!

職歴や経験を活かしてWebライターとして高収入を稼ぐことも可能です。

スキルに応じて、1記事約300円から5,000円以上も。

当ブログ(日々あんてな)に投稿するための記事作成の他、弊社の別運営サイト用の記事の作成のお仕事です。

すべて自社案件のため、余分な業務も発生せず、記事作成に専念して頂けます。

専門性の高い記事を作成できるのであれば、専門ライターとしても独立も可能です!

日々あんてなのWebライターが長く続く4つのメリット

ライター未経験から、在籍1年で月10万以上稼ぐ方も。

簡単な記事から専門知識が必要な記事まで、多種多様なジャンルの案件がございます。そのため、ライター未経験から徐々に経験を積むことが可能。
在宅のみで月に10万円以上稼ぐ専業主婦の方もたくさんいらっしゃいます。

自社案件だから案件の確定から納品までが簡単!記事作成のみに専念できます。

クラウドソーシングサービスでお仕事を行う場合、案件検索や修正ルールの把握など、記事作成以外の業務が多くて案件数がこなせないのが難点。
SYNCの記事作成は自社案件のため、メールで直接来る内容に答えるだけの簡単受注。
修正ルールも一律で、修正率は1%以下だから、記事作成に集中でき収入UPを実現できます。

25日締め当月末払いで最低支払金額なし!

20日までに納品完了した案件は、当月末締めでお支払い。しかも、最低支払金額が無いので、仕事を始めればすぐに収入になります!

業界の資格や経験が活かせるライター方なら、専門性の高い高単価案件で独立も可能。

Webマーケティングにおいて、コンテンツ記事はますます重要視されてきています。 様々な業種において、専門性の高い記事が求められているため、資格や業務経験がある方であれば、高単価のお仕事を継続的にすることが可能です。

 

在籍Webライターの報酬の例

報酬などの条件は個別にご相談いただく必要がありますが、弊社でライターとして働いてい頂いている方の平均的な実績は下表となっております。

平均作業時間 1日1-2時間程度、週に2,3回程度
平均月収 数万円~
平均時給 個人の作業効率によります

 

依頼から納品までの流れ

1.案件依頼メールに対して返信

登録完了後、随時、案件メールが届きますので、納期日と数量等を返信ください。

2.正式発注

案件調整後、ご依頼数量と納期日の確定をさせていただきます。

3.納品・検品

メールにて納品後、こちらでコピーや盗作チェック等を行い、必要があれば修正依頼をいたします。(修正依頼は1%以下)

4.20日締め当月末払い

最低支払金額等はございません。20日までに検品を確認した案件は当月末にご指定の口座にお振込みします。

ご依頼案件の例

  • 地元のイベントや観光名所に関するWebメディアの記事|1記事x5セット | 1記事 300円(1,500文字x0.2円)
  • 薬剤師の求人に関するWebメディア記事(要資格)| 1記事×5セット | 1記事 3000円(2000文字×2円)
  • 通販に関するブログ記事| 5記事×10セット 1記事 300円(700文字×0.43円)
  • 脱毛サロンに関するWebメディア記事| 1記事×5セット 1記事 6000円(4000文字×1.5円)
  • サプリメントに関するブログ記事| 3記事×50セット 1記事 1000円(2000文字×0.5円)

 

日々あんてなライター募集

弊社のライターとして働くことに興味があるという方は、下記フォームよりお問い合わせください。

弊社で確認後、ご連絡を差し上げます。

下記登録フォームから応募して頂いた方は、弊社のWebライターとして、日々あんてなの他、弊社運営サイトに記事を作成していただきます。

弊社ではWebライター様の記事によって、メディアサイトを運営し収益化しております。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする