運動会の種目で大人向けの定番からユニークなものまで一挙紹介!

スポンサードリンク






子供の運動会では、先生や保護者など、

大人の種目も目玉企画の1つとなります。

大人たちが楽しく競技に参加している姿を見るのも、

子供たちの楽しみの1です。

なので、できるだけ明るく盛り上がれる種目を考えたいですよね。

そこで、運動会の大人向けの種目はどんなものが良いか、

おすすめのものを紹介します。

 

 

大人向けの運動会種目の定番ランキングはこちら!

 

ではまず、大人向けの運動会種目の定番のものを、

ランキング形式で紹介していきます!

■3位 玉入れ

玉入れは、必ずと言って良いほど取り入れられる、

大人向けの運動会種目の1つです。

子供の玉入れとは別に、

大人の玉入れの時間を作ると、盛り上がり方が違います。

大人は子供に比べて身長も高く、玉を投げる力も強いですよね。

なので、子供には出せない迫力と盛り上がり方があります。

大人が本気で玉入れをしている姿を見て、

子供たちも、楽しく応援するのではないでしょうか。

■2位 借り人競争

借り人競争は、子供だけでなく、

その場にいる全員と盛り上がることができます。

「このお題なら、たくさんの人が当てはまるかもしれない」というお題をたくさん考えてみてください。

そうすると、会場全体が盛り上がりやすくなって、

明るく賑やかな雰囲気になりますよ!

例えば、「今日お弁当でおにぎりを持ってきている人」というお題があったとしますね。

おにぎりを持ってきている人は、

運動会の会場にたくさんいると思います。

なので、たくさんの人たちがその瞬間、

ワッと盛り上がるのではないでしょうか。

みんなで笑い合いながら楽しめる、

運動会ならではの素敵な企画です。

■1位 大人の子供の二人三脚

大人向けの運動会種目の定番中の定番と言えば、

やはり二人三脚ではないでしょうか。

2人で息を合わせてゴールを目指す二人三脚は、

子供と保護者の絆を深める種目です。

普段は、子供たちがお父さんやお母さんと

肩を組んで走る機会は少ないですよね。

なので、運動会という特別な日にその機会を作るというのは、

とても素敵ですよ!

子供たちも保護者も、最初は恥ずかしがってしまうかもしれません。

でも、息を合わせて走っているうちに、

2人が自然と1つになっていきます。

最後はほとんどの人たちが一体感を感じ、

気分爽快になるようですよ!

 

 

ユニークな大人向け運動会種目のおすすめは?

 

では次に、ちょっとユニークな、大人向け運動会種目を紹介していきます。

保護者や先生の、普段とは違った一面が見られるので、

子供たちもきっと喜びますよ!

■ユニーク玉入れ

ただの玉入れでは面白くないので、

少し変化をつけた玉入れはいかがでしょうか。

例えば、玉入れのかごを敵チームの人が持って走り周ります。

それを追いかけながら玉を入れる「移動玉入れ」というものがあります。

又、例えば、かごに穴をあけておき、

玉は大小2種類の玉を用意します。

最初に大きな玉を投げて、かごの穴をふさぎます。

その後、通常の玉入れのように小さな球を投げ入れる、

「底抜け玉入れ」というものもあります。

このように、玉入れに少しバリエーションを加えることで、

面白さが倍増しますよ!

なかなか玉を入れられない状況になって焦り始めると、

「素」の性格が出てきます。

なので、大人たちの、

「普段はなかなか見られない素顔」を見せる面白い機会です。

■デカパンリレー

大人と子供が一緒に参加できる種目・二人三脚を、

ユニークにアレンジしたのがデカパンリレーです。

まず、2人の人間が入れる大きなパンツを用意します。

そして、パンツの片方の脚の部分に大人、

もう片方の脚の部分に子供が入ります。

その状態でゴールまで走るのですが、

これが意外に難しいのです!

二人三脚同様、パンツに入っている2人が

息を合わせないと失敗してしまいます。

なので、大人もついつい本気で集中してしまう種目です。

何より、大きなパンツの中に大人が入っているという構図も、

なかなかユニークですよね。

 

 

まとめ

大人向けの運動会の種目は、定番のものだと、

玉入れや借り人競争・二人三脚などがあります。

一方、ユニークなものだと、デカパンリレーなどもあります。

更に、通常の玉入れに、

ちょっとしたバリエーションを加えるのもいいですね。

運動会は、大人と子供が一体になって盛り上がれる楽しい機会です。

大人も、この時だけは子供の気持ちに戻って

夢中になれるような種目を選ぶと楽しいですよ!




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク